永く安心して住んでいただくために

SE構法は

優れた耐震性能を持ちながら

自由度の高い空間を可能にした

最先端の木構造技術です。

創建は「SE構法登録施工店」の資格を持っており、SE構法の施工が可能です。

 

従来の工法では、お家の耐震性を高めるためには

「壁をたくさん作る」

「鉄骨造にする」

という方法が一般的でした。

しかし壁をたくさん作ると間取りの自由度が下がり、鉄骨造にするとコストが上がります。

間取りに自由がきき、耐震性も高い『木造ラーメン構法』を可能にしたのがSE構法です。

SE構法は地震で倒壊する家がゼロになるよう開発された

『非常に優れた耐震性能を持ちながら、自由度の高い空間を可能にした最先端の木構造技術』なのです。

 

SE構法で実現できること 

大開口・大空間・吹き抜けなど自由度の高い設計

通常、柱や壁、床面が少ないと建物の強度が下がり、耐震性が下がります。

SE構法は、フレームが強い構造(ラーメン構造)のため、柱や壁が少ない空間でも耐震性の高さを保証できるのが大きな特徴です。

 

・30畳以上のリビング

・3台の駐車スペースがあるビルトインガレージ

・仕切りのないワンルーム空間

・中庭

・吹き抜け

・スキップフロア

・屋上

など自由度の高い設計デザインが可能です。

開口部が多く取れるため、店舗や事務所と併用されるような住宅にも威力を発揮します。

 

スケルトン&インフィル

家族構成やライフスタイルの変化などでリフォームを考えたとしても、SE構法で建てた家は比較的簡単にリフォーム出来ます。

マンションと同じようにフレーム構造のため、最低限の構造壁で基本の設計をしておけば、部屋と部屋の区分けを「構造上動かせない壁」で仕切る必要がなくなるからです。

たとえばその区分けを建具で仕切ったり、家具で仕切ったりというようなことも可能となります。

つまり表面上は壁にしておいたとしても構造的に必要のない壁ですので、リフォームしやすいということになります。

この考え方は「スケルトン&インフィル」という設計手法で、長期的に家づくりを考える際にとても重要な考え方になります。

 

3階建て・狭小地とも相性が良い 

3階建ては敷地の有効利用が出来ますが、2階建てと比べて1階にかかる重さがぐんと上がります。

建物が重くなるとその分柱や壁に負担がかかりますので、更に丈夫な構造が必要となります。

そうすると1Fの柱や壁を増やすことになり、間取りに制限がかかります。

SE構法であれば3階建て・狭小地でも問題なく、ビルトインガレージや大空間なども安全に設計可能です。

 

 

 SE構法強さの理由

全棟必ず構造計算をする

SE構法は、鉄骨造や鉄筋コンクリートと同じ手法で緻密な構造計算をしています。

ほとんどの木造住宅ではされていない基礎の構造計算もしており、地盤の強度まで加味した基礎設計が可能です。

 

構造用集成材

SE構法の構造計算を確実なものにしているのが、構造用集成材。

含水率や強度を管理し科学的に計算され張り合わせているため、各部材の強度表示が可能です。

これにより正確な構造計算が出来るのがSE構法の大きな特徴です。

 

SE専用金物・構造躯体

ラーメン構法は、柱と梁を剛接合して強固なフレームを作る構法です。

SE構法では高剛性の専用の金物を開発し、それを実現させました。

金物の肉厚は6mm、通常在来工法で使用される金物の2倍の厚みがあります。

耐用年数は実験値で168年。長期間に渡り安心して頂けます。

 

また、従来の木造では柱にほぞという穴を開け部材同士を接合していましたが、柱に大きな穴を開けるので、その部分は強度が下がります。

SE金物は木材の断面欠損をなるべく抑えながら剛接合するので、連続した揺れにも強さを発揮します。

 

 

SE専用金物・基礎

大きな地震が発生した際、建物の柱に大きな「引抜き力」が加わります。

基礎と柱の連結が弱いと、この引抜き力によって建物が大きく損傷を受けます。

在来木造では、基礎と連結した土台を介して柱が取り付いているので、いくら金物で補強しても強度に限界があります。

SE構法では、「柱脚金物」という特殊な金物で、基礎と柱が直接連結させ、在来木造のホールダウン金物の5倍以上もの引き抜き耐力を実現させました。

 

 

指定業者でプレカットや施工を行う

例え科学的に「構造計算」をして耐震性の高い設計図を作成したとしても、実際に使うその部材や加工精度が低品質なものであれば意味をなしません。

SE構法では、構造計算によって部材の種類や大きさのデータを出し、そのデータは指定のプレカット業者にそのまま送られ、計算された通りに加工されます。

また、施工についても専用の資格を持った建築会社による施工、現場検査が行われます。

厳しい品質基準を持った業者により、高品質が保たれます。

 

 

 

 

ページトップへ