完工事例

地域別|すべて

W様邸リノベーション工事

兵庫県尼崎市

建築中レポート

1.2022年03月07日
打合せ中
打合せ中

昨年の5月頃から打ち合わせを重ねていたリノベーション案件です。
築25年の重量鉄骨鋼造。
息子さん夫婦とご両親の2世帯住宅になる予定です。
大まかな工事内容が決定しましたので、いよいよ解体工事からの着工となります。
打ち合わせで決定された工事内容が実現できるかは、現場にて内部造作材を撤去して調査しないと不明な点が多くあります。
そのため本日は現場にて建築士、現場監督、営業が図面にて解体前の打ち合わせを行いました。
現場に行くとより図面の決定事項がイメージできるので、より打ち合わせが円滑に進みます。
これから、内部造作解体後に現場にて新たに追加変更部分が出てこなければ幸運ですが、そんなことはまずないので…^^;
そういったことも想定しながら、打ち合わせを進めていきます。

2.2022年03月12日
着工前の現場打合せ
着工前の現場打合せ

いよいよ着工を迎えます。

ご要望を沢山いただいているので、現場での設計士、現場監督、業者さんの着工前の現場打合せを綿密に行っていきます。
また、リノベーションでは解体工事後に躯体の問題箇所が出てくる可能性が十分にあるので、細かなチェックが必要となります。

気を抜かず、施主様に喜んでもらえるリノベーションを目指していきます!

3.2022年03月15日
解体工事
解体工事

解体工事で内部造作を撤去したら、構造材や基礎が露わになり、躯体の現状がよく確認できる状態になります。
本日はその際に、今後メンテナンス等の上で補修が必要な個所をいくつか発見することができました。
躯体は重量鉄骨造にて全く問題はありませんでしたが、木造増築部分の土台柱を支える基礎立ち上がりの欠損がありました。
また、キッチンの横の外壁ALCからと思われる雨漏れ跡などがみつかりました。
今後長く住み続ける大切なお家、このままの状態ではよろしくないので、補修工事の提案を施主様にお伝えしました。

4.2022年04月04日
設備(電気、給水、排水)工事
設備(電気、給水、排水)工事

解体工事も終わり、内部造作工事にかかっていきますが、大幅な間取りの変更があったため、UB、キッチン、トイレの場所も移動することになったので、電気、給排水設備工事を行いました。配管、配線の場所も床下、天井などのスペースで限界がありますので、解体後の現場にて慎重に進めていきます。大規模のリフォームやリノベーションは解体工事をしないと不明な点が多々ありますので、しつこいですが、慎重さが必要だと感じました。

5.2022年04月04日
断熱工事
断熱工事

設備工事(電気、給排水)と同時に2階の床組みにかかっています。プランニングの段階から施主様より室内の暑さ、寒さ対策の要望がありましたので、断熱改修も計画に入れており、無断熱であった壁、床に断熱材(高性能グラスウール、フェノバボード)敷き詰めていきます。これで室内での過ごしやすさが、変わっててくると思います。リノベーションやリフォームは表面上に綺麗になるところが注目されがちですが、これからも何十年と住むマイホームになりますので快適性も重要な点だと捉えて断熱改修工事を計画にいれていく事をぜひ進めます。

6.2022年04月21日
断熱工事②
断熱工事②

先日の断熱工事に続き1階部分の無断熱であった床、壁にも断熱材を充填していきます。壁の断熱材は高性能グラスウール、床の断熱は高性能フェノールフォーム断熱材など、使用箇所、性能、予算に併せて断熱改修を実施しました。また、今回、断熱性能を上げることで、床下の湿気が気になったので、床下の換気を考えて床にガラリをつけるように致しました。断熱改修は予算をかけて断熱、気密を高めて、第1種換気(全熱交換型)で換気計画を立てると、かなり快適性は上がると思いますが、そのぶん制約はふえてきますので、全体のバランスを考えて計画を立てるべきだと思います。

7.2022年05月21日
住宅設備機器の設置
住宅設備機器の設置

プラスターボード、アキレスHCパネル(断熱複合パネル)の施工が終了して住宅設備設置となりました。キッチンは施主様のこだわりのLIXIL製のアレスタが設置され、トイレや洗面化粧台なども順次、据えていきます。コロナ禍により世界各国の都市でのロックダウンの影響にて住宅設備の部品の生産がストップして納期に見通しがつかない状態が続いていましたが、ストックしてあった設備にて対応することができ施主様にご迷惑をおかけすることなく完了することができました。

8.2022年06月16日
お引き渡し
お引き渡し

ご縁をいただいてから、約一年綿密に打ち合わせを重ねて、いよいよW様邸のリノベーションがお引き渡しを迎える事ができました。
打合せ当初から、施主様のリノベーション計画対するイメージがはっきりとされていたこともありプランニングや工事も円滑進める事ができ、施主様には本当に感謝しております。また、改めて、完成したリノベーションを見ると施主様が選ばれた内装材、住宅設備、照明器具などがバランスよく室内を調和させて、意匠的にも施主様のセンスが光る内容となりました。お引き渡し後のメンテナンスも含めてこれからも長いお付き合いよろしくお願いします。

ページトップへ