ブログ
注文住宅のオプションを洗い出す方法は?
みなさんこんにちは^^!無駄に費用をかけることなく、暮らしやすい注文住宅を建てるには、はじめに欲しいオプションを洗い出しておきましょう。すべての設備をオプションに変更したり追加したりすると、その分無駄が大きくなるためです。必要な機能は何か、譲れないデザインや材質はどの部分かを絞って、オプションを利用することで無駄の削減につながります。そうはいっても、オプション仕様が多いモデルハウスなどを見てしまうと、自分にとっての優先順位がわからなくなってしまうかもしれません。必要な設備に迷ったり欲しい機能が漏れたりすることを防ぐには、事前に欲しいものを書き出しておくことです。そうすることで、必要な設備を漏らすことなく組み込むことができます。まず欲しいものを並べていき、優先順位をつけていくと、もっとも欲しい設備が何か洗い出せます。洗い出しができたら、住宅メーカーの標準仕様をチェックしてみましょう。メーカー

» 続きを読む

2021年11月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のオプションとは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅には、通常、機能や設備ごとに標準仕様が設定されています。標準仕様とは、あらかじめ住宅メーカーごとで決められている標準的な仕様のことです。例えば、玄関ドアや窓などの建具、外装や床材、内装などの仕上げ、水回りなどの設備機器、断熱材や断熱方法などがあげられます。特に要望を出すことがなければ、標準使用で提案されるのが一般的です。そして、標準仕様にはない設備をオーダーすると、通常はオプションとして扱われることになります。つまり、オプション仕様とは、標準仕様のものから変更して組み込める設備のことです。または、標準には組み込まれないものの、追加できる設備のことをいいます。オプション仕様を例にあげると、手すりや床暖房、蓄電池、タンクレストイレなどがあります。ただ、住宅メーカーによって何を標準仕様として扱うかは異なります。例えば、A社ではオプション扱いになるものでも、B社では

» 続きを読む

2021年11月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋に最適な照明は?
みなさんこんにちは^^!おしゃれな子供部屋の照明を考えてみると、まずシーリングライトはそのままにして、補助的な照明をかわいい物に変えてみましょう。机に置くスタンドライトをおしゃれなデザインの物に変えてみる、ペンダントライトやシャンデリアを子供の手の届かない高さに吊るすなどがおすすめです。その際、シェードは地震があっても落ちないように軽いタイプのものを選びます。かわいいシーリングライトでおすすめなのが、灯りを消すと天井に星や月が浮かぶタイプ。毎日がプラネタリウムのようで寝るのが楽しみになるのではないでしょうか。照明を選ぶ際のポイントは、あまり複雑なデザインの照明は選ばないことです。もし子供が掃除をしない、お母さんも忙しくてそこまで手が回らないなどの状況になってしまったとき、照明はホコリをかぶることになります。そうなると不衛生になってしまいます。特にアレルギーを持っている子供であれば、なおさら

» 続きを読む

2021年11月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋は明るい方がいい?
みなさんこんにちは^^!子供部屋の照明をかわいくアレンジする前に、まずは明るい部屋を作ることが大前提です。子供部屋は何のための部屋でしょうか?子供が宿題をしたり本を読んだり、着替えをしたりする部屋です。勉強する部屋が暗ければ目が悪くなります。まだ小学1年生で1人での着替えに不安がある子供であれば、洋服の色やデザイン、ボタンの位置などがハッキリと見える明るさでなければいけません。おしゃれを優先して間接照明や小さなペンダントライトだけにすると、部屋全体の明るさが足りなくなってしまいます。また、安全面でも考慮が必要です。子供が小さいうちは部屋の中で走ったり飛んだりと、かなりダイナミックに遊ぶことがあります。もし物を投げたりジャンプをしたりなどしてペンダントライトに引っかかってしまったらどうでしょう?手や足を取られて転倒してしまうかもしれません。無用なケガを避けるためにも、おしゃれでかわいい照明器

» 続きを読む

2021年11月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋の便利な仕切り方は?
みなさんこんにちは^^!子供が何人かいるのに子供部屋が1つしかない場合、仕切り方を工夫することでそれぞれのプライベート空間を持つことができます。一番簡単なのはカーテンやブラインドなどを仕切りにすることです。設置するコストや時間がかからず、もし子供が増えても簡単に仕切りを増やすことができます。デメリットは仕切りが薄いので完全なプライベート空間にはならないことです。音は筒抜けになるので、兄弟喧嘩にならないように、音楽を聞くときや電話をするときのルールをきちんと決めておくと良いでしょう。ベッドや机を境界線代わりにする方法もおすすめです。この方法は、わざわざ仕切り用のパーテーションなどを用意しなくても良いことです。必要な家具だけを置けるので、家具のレイアウトを工夫することでいかようにも区切ることができます。デメリットは家具には厚みがあるので、その分だけ子供部屋のスペースが狭くなること。子供が増えた

» 続きを読む

2021年11月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋の適切な広さは?
みなさんこんにちは^^!広さが十分な子供部屋を与えたいと思っても、住居スペースには限りがありますし、兄妹が多ければ多いほど、独自の子供部屋を用意するのは難しくなります。狭い子供部屋の場合、親によっては満足なスペースをあげられずにかわいそうだと思う人もいるでしょう。しかし、意外と子供は狭い空間が好きなことが多く、たとえ押入れ1個分のスペースだけしかなかったとしても、秘密基地で遊ぶような感覚で楽しむものです。狭い子供部屋だと逆にリビングにいる時間帯が増える可能性もあり、親子のコミュニケーションに役立ちます。逆に広い子供部屋の場合、たくさんの友だちを呼ぶことができます。スペースが広いので遊びの幅も広がります。反面一人っ子の場合は寂しく感じる可能性もあるでしょう。整理整頓が苦手な子供だと広い部屋の片付けは少々荷が重いケースもあります。子供部屋は広ければ良いというわけではありません。一般的には6畳ひ

» 続きを読む

2021年11月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋の照明は?
みなさんこんにちは^^!子供が生まれると子供部屋の照明はかわいくしてあげたいと思う親御さんもいるようで、雑誌やインターネットではたくさんの子供部屋向け照明のアレンジが載っています。しかし、子供部屋で一番大切なのは、明るくかつ安全であることです。たとえば、まだ小学校低学年の子供の場合、着替えや自分自身の身支度などは1人でできない場合があります。その際、ボタンやファスナーの位置がしっかり見える照明でないと、上手に着替えをすることができなくなります。勉強や宿題をする際も十分な光量がないと視力が悪くなるおそれがあります。まずはシーリングライトで明るさを確保することが大切。夜もしっかり机に向かえるように、プラスチックやアクリルなど、落ちても壊れない素材のスタンドライトを設置してあげましょう。電球は熱を持たないLEDであれば、触っても火傷の心配がありません。子供部屋の照明をかわいくアレンジするのはこの

» 続きを読む

2021年11月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で子供部屋を作る目的は?
みなさんこんにちは^^!子供部屋を作るにあたり、最初にしておきたいのは子供部屋の目的を考えることです。子供は年代によって性質やライフスタイルが大きく変わるため、その年代にあった子供部屋を作る必要があります。まず、小学校入学前は着替えや睡眠など親と一緒に行うことが多く、1人の部屋を持つケースは少ないでしょう。小学校に入学するとランドセルを背負って学校に通うようになり、教科書や勉強道具など荷物が多くなります。子供部屋はその荷物をしまう役割を担うようになり、同時に勉強や宿題をしたり着替えをしたりするようになります。早い子供はこの頃から1人で寝るようになるでしょう。この頃の子供にはまだ親の手助けが必要です。子供部屋を与えたからといって放置するのではなく、子供が1人で身の回りのことができているかを確認することが大切です。もし子供が困っていれば、やさしくフォローしてあげましょう。小学校高学年になると、

» 続きを読む

2021年11月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋はどれぐらいの広さがいい?
みなさんこんにちは^^!親にとって子供に願うことは何でしょうか?まずは集団生活に慣れて欲しい、人と会話ができるようになって欲しいという願いから、子供部屋に閉じこもってほしくないと考える両親が増えているようです。また、成人してからも家に残る子供は増えてはいますが、進学したり就職したりの事情で将来家を離れる可能性も十分あります。この2つを考えると、子供部屋のスペースはそこまで広くなくても大丈夫ではないでしょうか。子供部屋の広さは、実は4.5畳といわれています。4.5畳というのは、ベッドや勉強机、クローゼットなどを置いて、あまったスペースのことです。そうなると部屋の広さ自体は、6畳が妥当になります。もし6畳以下の狭い部屋だけしか確保できない場合は、家具の配置を工夫することで部屋を広く見せる工夫をしてみましょう。簡単なのは家具のレイアウトで空間を正方形に近づけること。長方形の空間より圧迫感を減少さ

» 続きを読む

2021年11月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の子供部屋は狭い方がいい?
みなさんこんにちは^^!狭い子供部屋にメリットはあるのでしょうか?まず、子供にとって狭い部屋は意外と楽しいということがあります。子供はどんなことでも遊びにするのが得意です。たとえ押入れ1個分や机のスペース分しかプライベート空間がなかったとしても、子供は秘密基地にいるような感覚で楽しみます。また、子供部屋が狭いとリビングにいる時間のほうが長くなるケースがあります。子供部屋は就寝や着替え、学校の準備をするためだけの部屋になり、宿題や勉強などをリビングで行うようになります。そのため親は子供の様子を見やすく、勉強を教えたりおしゃべりしたりなどのコミュニケーションを図ることができるでしょう。さらに狭い部屋はお片付けがしやすいというメリットも。物を置くスペースに限りがありますから、自分の手の届く範囲で管理しやすいのです。デメリットは、狭い部屋特有の圧迫感です。ただでさえ狭い部屋に必要な家具を置きますの

» 続きを読む

2021年11月12日12:00|カテゴリー:ブログ