ブログ
注文住宅で太陽光発電を設置して地球にも貢献!?
みなさんこんにちは^^!太陽光発電はエコでクリーンな発電方法として国も積極的に推進しています。所在の地域によっては、太陽光パネルだけでなく、蓄電池や燃料電池に対する補助金を利用できる場合もあります。高額と思われがちな太陽光発電ですが、こうした補助金制度を利用すればコストを大きく抑えることも可能です。太陽光発電があれば、もし停電することがあっても、昼間であれば電気を使うことができます。いざというときの備えとしても、太陽光発電は大きく貢献してくれるでしょう。また、安全な環境づくりや、もしもの備えだけでなく、自宅の電気をまかないつつ余った電気を売却できる点も魅力です。電気代を節約できるだけでなく、売電すれば利益を生み出すこともできるでしょう。太陽光発電が普及していけば、売電価格は下がっていくともいわれていますが、太陽光発電の売電価格は契約してから10年間は保証され、年度ごとに決められる固定価格で

» 続きを読む

2021年7月10日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で太陽光発電を取り入れるメリットは?
みなさんこんにちは^^!太陽光発電には、さまざまなメリットがあります。まず、エネルギー源が無尽蔵で、枯渇しないエネルギーであるという点です。他の発電方法は、たとえば石油を燃やして電気を起こす火力発電のように、発電する際にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがあります。しかし、太陽光発電には、こういった心配がありません。環境に配慮した発電をすることができ、社会貢献や環境貢献ができる点は太陽光発電の最大のメリットだといえるでしょう。また、太陽光パネルや発電システムそのものは、寿命が長く故障しにくいという点も見逃せません。長い期間にわたって発電することができ、そういった点も地球や環境にやさしいシステムだといえます。ちなみに、太陽光発電協会の「表示ガイドライン」によれば、結晶系シリコンの太陽電池によるCO2削減効果は、1kWシステム当

» 続きを読む

2021年7月8日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で断熱材を入れる際の注意点は?
みなさんこんにちは^^!業者によって提案する断熱方法に差が出ることがあります。業者それぞれに違う考え方があるのはもちろんですが、建物の構造や工法が断熱材の選択に影響することもあるからです。また、地域の気候によっても、適した断熱材は変わります。断熱材を選ぶ際は、オーバースペックになっていないかチェックしましょう。住む土地の気候によっては、あまり高い断熱性能を必要としない場合もあります。そのためには、複数の業者に見積もりを依頼して、相見積もりをするのが有効です。同じ断熱材の場合は費用を比較できますし、他の業者と違ったオーバースペックの断熱材を薦められていないかも確認できます。また、一度施工すると、やり直しが難しいのが断熱材です。正しい施工方法できちんと工事がされているかチェックしましょう。ただ、一般の人が正しい施工方法をしているか見極めるのは難しいこともあります。そのため、業者を選ぶ際は、施工

» 続きを読む

2021年7月6日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材の選び方は?
みなさんこんにちは^^!断熱材選びで重要なのは、土地の気候に合わせた断熱材を選ぶことです。そのためには、素材の性質・厚みを比較して選ぶことがポイントとなります。断熱性能は性質と厚みで決まるからです。断熱材には種類によって性質の違いがありますが、断熱性能を比較するときに役立つのが、「熱伝導率(λ(ラムダ)値)」および「熱抵抗値(R(アール)値)」です。熱伝導率は、材質の熱の伝わりやすさを表した値であるので、値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。熱抵抗値とは、ある厚みの材料における熱の伝わりにくさを表す値です。「厚み÷熱伝導率」で計算でき、値が大きいほど断熱性能が高いことを示します。熱伝導率が小さい断熱材を選んでも、断熱材の厚みが薄いと十分な断熱性能にならない場合があります。そのため、断熱性能は熱抵抗値で比較することが重要なのです。一方で、費用の面も考慮しなければなりません。「グラスウー

» 続きを読む

2021年7月4日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材、その種類は?
みなさんこんにちは^^!断熱材にはたくさんの種類があります。どの断熱材が適しているのか判断するには、専門的な知識も必要となるので、業者に任せる人もいるでしょう。しかし、快適な住宅のためには断熱材が重要なので、住居にこだわりを持つ人なら代表的な断熱材の種類を知っておきたいところです。「グラスウール」は、リサイクルガラスなどを繊維状に加工した断熱材です。繊維糸が細いほど優れた断熱性能があります。「ロックウール」は、鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工して繊維状にして作られています。断熱性だけでなく、耐熱性・撥水性・耐久性・防音性にも優れているため、床・壁・天井など広範囲に使われる断熱材です。「ビーズ法ポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、ビーズ状にしたものを蒸気で発泡させた断熱材です。ビーズという名のとおり、1つ1つの粒に気泡を持ち、水を通しにくい性質を持ちます。また

» 続きを読む

2021年7月2日12:00|カテゴリー:ブログ