ブログ
注文住宅の玄関ドアでリスクが高いのは?

みなさんこんにちは^^!

新築住宅の機能性や外見的な印象を考えるうえで、
欠かせないもののひとつが玄関のドアです。
色合いはどんなものにするか、どのようなデザインにするかでイメージはがらりと変わります。
鍵の種類だけを取り上げても多彩にあるので、検討すべき項目が豊富にあるのは確かです。

43_img_list01_2

何より毎日外出時と帰宅時には通る場所ですし、
お客様を迎えるときにも最初に見せる大切なパーツと言えますが、
まず、悪目立ちしてしまうような玄関ドアは避けるのが無難と言えます。
新築で注文住宅を建てる際、つい色やデザインにはこだわりがちなものです。
そこで周囲から見て思いきり目立ってしまうようなタイプのものを選ぶと、
住宅全体とのバランスが取れず、玄関ドアだけが浮いてしまうリスクが付きまといます。
特に、赤や黄色、ピンクといった原色である派手な色合いのものは視覚的に良いとは言えません。
派手な原色は見ていると目を疲れさせてしまいますし、近所の話題になる可能性もあります。
絶対に止めたほうが良いとまでは言いませんが、玄関のドアに使いたいほど好きな色であるとか、
どうしてもほかの家と差をつけたいからといった特別な理由がない限りは避けたほうが無難でしょう。

pic_top_housing01

また、目立ち過ぎてしまう玄関ドアは犯罪リスクも高める可能性があります。
ほかの住宅より目立っている、あるいは高級そうに見えるとそれだけで目を惹くものです。
注目されると必然的に空き巣にも狙われやすくなりますから十分に気を付けましょう。

 

2022年5月7日12:00|カテゴリー:ブログ