ブログ
注文住宅の一部屋。窓はいくつ?

みなさんこんにちは^^!

住居の風通しを良くして室内の空気を入れ替えるには、
1つの部屋に2つの窓が必要です。
窓が1つしかないと風が入ってきたとしても、うまく循環しません。
室内に風の通り道を作るには、
2つの窓を向かい合う形で設置するのがセオリーです。

2015-12-19 11.53.12-1

ただし、立地条件や周囲の環境によっては、
対角線上に窓をつくるのが難しいケースもあるでしょう。
特に住宅密集地では、
大きな窓を設置することでプライバシーの確保が難しくなることがありますし、
防犯の面でも心配が出てきます。

そのような場合は、通風用の小さい窓を取り付けてみましょう。
たとえば細長いタイプの片開き窓であれば、
外からの目が気にならず、
人も入ってこられないので防犯面でも効果的です。
この片開き窓を上下に2ヶ所に取り付け、
窓の開く方向を交互にすれば、
さらに風が通りやすくなります。
室内に空気の流れができれば、
いつでも新鮮な空気を取り込むことができるでしょう。

asjskst-Atei-S-17

また、夏や冬は暑さ寒さが厳しく窓を閉めっぱなしにしてしまうことが多いもの。
対して湿度がちょうどよく過ごしやすい気候の春や秋の風は、
とても気持ちのいいものです。
風通りの良い部屋は空調費も節約できますので、ぜひ実践してみてください。

 

2022年1月19日12:00|カテゴリー:ブログ