ブログ
注文住宅で設置する窓の方角は?

みなさんこんにちは^^!

風の通りを良くするために、
窓を設置する方角を気にされる方は多いのではないでしょうか?
実は、同じ日本でも風の流れには地域差があり、
一概にどの方角が最適ということは言えません。
土地の高低差や周囲の住宅環境によっても大きく変わります。
そのため、実際に窓の設置場所を考えるときは、
専門家に土地の状況を見極めてもらったうえで、
窓の間取りを考える必要があります。

41_img_list06_2

ここでは実際の間取り決めの参考にしてもらうため、
一般的に言われている南北に向いている窓について考えてみましょう。

日本の夏は南寄りの風、冬は北寄りの風が吹くと言われています。
そのため、南と北で向かい合うように窓を設置すると、上手に風を取り入れることができます。
南北に窓を取り付けるのが難しい場合は、東西に窓を取り付けます。
東に大きい窓を設置して、西には小さめの窓を取り付けるようにします。
東の窓は朝の光とともに涼しい風が入りやすいのがメリットです。

ただし、夏は窓辺が熱くなりやすいので、
日射熱を遮る機能のあるガラスを設置すると良いでしょう。

03_img_list06_2

逆に西の窓は高度の低い西日が差すため、
細長い窓を取り付けるなどして西日をカットする工夫も必要です。
ここでは一般的な方角の特徴を解説しましたが、
くれぐれも実際の住環境などを考慮に入れるようにしてくださいね。

 

2022年1月21日12:00|カテゴリー:ブログ