ブログ
ブログ
注文住宅で平屋を建てる際の気になる費用は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際に気になるのが費用です。2階建てや3階建てと比べて、平屋の建築にかかる費用は安くなるのか、高くなるのかという点が気になる人も多いことでしょう。平屋と2階以上の家を建てるときの費用の違いについては、一概にどちらのほうが安いとは言えません。同じ床面積の家を建てる場合、平屋であれば、縦に広さを取れない分、横に広さを取らなければいけなくなるからです。横に広い家を建てるということは、基礎部分の建築費用が高くなります。また、屋根も広く設置することが必要です。特に、基礎部分は耐震や家の強度を高めるために重要となる部分となるため、費用が上がりやすくなります。このため、平屋だから費用を抑えられるということは必ずしもなく、家の造りなどによっても実際にかかる費用は異なってきます。ただし、ローコスト系メーカーなら平屋の3ldkでだいたい1000万程度からになるケースが一般

» 続きを読む

2021年3月8日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で平屋を建てる時、部屋の広さの目安は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の平屋で3ldkの間取りを作ると、各部屋の広さはどれくらいになるのか目安を知っておくと、家づくりの際にイメージがつかみやすく便利です。生活を送るためには、玄関やお風呂、トイレ、洗面室などを作ることも必須となるため、それらを除いたスペースのなかで各部屋を設けることを想定し広さの目安を考えます。たとえば、22坪の広さに、夫婦の寝室と子ども部屋2室を用意するために洋室を3室作るなら、洋室それぞれを6畳とし、ldk部分は10畳程度の広さを取ることが可能です。一般的に、子ども部屋であれば最低4畳半あれば、ベッドと学習机、ちょっとしたチェストを置くことができます。寝るときと勉強するときに使用する部屋であれば十分な広さです。6畳あれば、さらに余裕な空間ができ、友達と一緒にでも過ごせるようなゆとりを持った部屋になります。また、ldkについては10畳だとコンパクトなサイズのダ

» 続きを読む

2021年3月6日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で平屋を建てるメリットは?
みなさんこんにちは^^!核家族化が進み、ひと家族の人数が少なくなっているなか、不要な広さは省きシンプルな暮らしを求める人も増えています。そこで、注目されるのが平屋です。フロア数が少ないことから平屋に対して狭いイメージを持っている人も少なくありませんが、ある程度の面積を持った土地に建てた平屋の3ldkなら家族で住むのにちょうど良い広さとなります。たとえば、夫婦2人と子ども2人の家族構成であれば、3ldkの間取りで十分です。3ldkあれば夫婦の寝室と子ども2人がそれぞれ1部屋ずつ自分の部屋を持つことができます。そもそも上層階のない平屋では階段が不要なため、非居住空間がなく、土地を有効的に広々と使用できるのです。さらに、階段を上り下りする必要がなく、動線が短くなるため、家のなかでの移動や家事の負担が軽くなります。また、上下の移動が少なくなるということは、高齢になったときにも住みやすい暮らしになる

» 続きを読む

2021年3月4日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で平屋が人気?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てるときは、目先の生活スタイルを重要視しがちになります。しかし、人間の生活スタイルは生涯変化しないわけではありません。今は子供部屋が複数ある家が理想だけれど、数十年後にはワンフロアで、夫婦穏やかに暮らせる家が欲しくなることも考えられるでしょう。家はそう何度も建てられるものではないため、将来の生活スタイルも見据えた計画が必要になります。従来、日本の住宅は部屋ごとに用途を限定せず、フレキシブルに空間を活用していました。これは、長きに渡り同じ住まいで暮らしていくための工夫といえるでしょう。一方、現代の生活は共働き世帯の増加や家族構成の多様化が進み、効率化が求められることも少なくありません。それは家においても同じことがいえるでしょう。昨今のモダンな平屋には、伝統の住まい方と現代の生活様式を融合させた魅力があります。大人も子供も、世代を超えて自分と家族の生活を楽し

» 続きを読む

2021年3月2日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の窓の選び方は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を購入するときには、つい目に入りやすい間取りやデザイン、設備などに重点を置いてしまう人は少なくありません。しかし、毎日の生活を快適に過ごすためには、光や風、温度など外からの影響を受けやすい窓も重要なポイントとなります。そして、自分の住まいに適した窓を上手に導入するためには、窓の種類とそれぞれの特徴について把握しておくことが必要です。注文住宅に設置する窓を決める際には、部屋の機能と窓自体の性能面の2つの視点から選ぶと失敗のない窓選びができるようになります。部屋の機能に合わせて選ぶ場合、たとえば、服を脱いで利用するお風呂なら寒さ対策として断熱性の高い窓にするといった工夫が必要です。また、リビングであれば、解放感を出すために大きな窓を設置しておくと快適に過ごせるようになります。一方、性能面では、断熱性や遮音性、気密性、水密性など自分たちの住まいでどのようなポイント

» 続きを読む

2021年2月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材、注意点は?
みなさんこんにちは^^!業者によって提案する断熱方法に差が出ることがあります。業者それぞれに違う考え方があるのはもちろんですが、建物の構造や工法が断熱材の選択に影響することもあるからです。また、地域の気候によっても、適した断熱材は変わります。断熱材を選ぶ際は、オーバースペックになっていないかチェックしましょう。住む土地の気候によっては、あまり高い断熱性能を必要としない場合もあります。そのためには、複数の業者に見積もりを依頼して、相見積もりをするのが有効です。同じ断熱材の場合は費用を比較できますし、他の業者と違ったオーバースペックの断熱材を薦められていないかも確認できます。また、一度施工すると、やり直しが難しいのが断熱材です。正しい施工方法できちんと工事がされているかチェックしましょう。ただ、一般の人が正しい施工方法をしているか見極めるのは難しいこともあります。そのため、業者を選ぶ際は、施工

» 続きを読む

2021年2月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材、選ぶポイントは?
みなさんこんにちは^^!断熱材選びで重要なのは、土地の気候に合わせた断熱材を選ぶことです。そのためには、素材の性質・厚みを比較して選ぶことがポイントとなります。断熱性能は性質と厚みで決まるからです。断熱材には種類によって性質の違いがありますが、断熱性能を比較するときに役立つのが、「熱伝導率(λ(ラムダ)値)」および「熱抵抗値(R(アール)値)」です。熱伝導率は、材質の熱の伝わりやすさを表した値であるので、値が小さいほど断熱性能が高いことを示します。熱抵抗値とは、ある厚みの材料における熱の伝わりにくさを表す値です。「厚み÷熱伝導率」で計算でき、値が大きいほど断熱性能が高いことを示します。熱伝導率が小さい断熱材を選んでも、断熱材の厚みが薄いと十分な断熱性能にならない場合があります。そのため、断熱性能は熱抵抗値で比較することが重要なのです。一方で、費用の面も考慮しなければなりません。「グラスウー

» 続きを読む

2021年2月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材、その種類は?
みなさんこんにちは^^!断熱材にはたくさんの種類があります。どの断熱材が適しているのか判断するには、専門的な知識も必要となるので、業者に任せる人もいるでしょう。しかし、快適な住宅のためには断熱材が重要なので、住居にこだわりを持つ人なら代表的な断熱材の種類を知っておきたいところです。「グラスウール」は、リサイクルガラスなどを繊維状に加工した断熱材です。繊維糸が細いほど優れた断熱性能があります。「ロックウール」は、鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工して繊維状にして作られています。断熱性だけでなく、耐熱性・撥水性・耐久性・防音性にも優れているため、床・壁・天井など広範囲に使われる断熱材です。「ビーズ法ポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、ビーズ状にしたものを蒸気で発泡させた断熱材です。ビーズという名のとおり、1つ1つの粒に気泡を持ち、水を通しにくい性質を持ちます。また

» 続きを読む

2021年2月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材、断熱工法とは?
みなさんこんにちは^^!断熱工法には内断熱と外断熱があります。内断熱は施工しやすいポピュラーな工法で、98%以上の住宅が内断熱工法を採用しています。そのため、どの住宅会社でも施工できるといえ、価格も安いのが特徴です。一方、外断熱は施工の手間がかかります。壁の外や屋根で断熱する特殊な施工性があるため、施工に慣れている業者を選んだほうがよいでしょう。施工費用も内断熱に比べて高額です。しかし、性能面では外断熱が優れています。内断熱は気密・通気がしっかりとしていないと壁の内部で結露が発生してしまうのに対し、外断熱は躯体部分の結露の防止ができます。また、壁の外や屋根で断熱しているので、小屋裏や床下も室内と同じように利用できるメリットもあります。光熱費は内断熱工法のほうが少ない場合があります。外断熱の場合、壁の内部や小屋裏まで暖めたり、冷やしたりしなければなりません。断熱性が高い外断熱工法は一度適温に

» 続きを読む

2021年2月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の断熱材の役割とは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅に断熱材を設けるのであれば、より断熱効果の高いものを選ぶべきです。そうすることで、室内を適温にコントロールしやすくなるとともに、光熱費も抑えられます。やや専門的な知識が必要となる断熱材ですが、業者任せにしないで選ぶことで、理想のマイホーム作りに役立てられるでしょう。住まいを快適にするのに、断熱材の選択はとても重要といえるでしょう。断熱材の役割は、家の中の快適さを保つことです。つまり、外の寒さ・暑さを、家の中に伝わらないようにする役割が断熱材にはあります。より具体的には、エアコンなどの冷暖房機器や、石油ファンヒーターなどの暖房機器が、効きやすくなるということです。しかしながら、優れた断熱材を多く用いれば、快適な住宅となるのかといえば、必ずしもそうではありません。解放感がある住宅を望む人は、断熱効果がある壁より広い窓を選ぶこともあります。また、省エネを重視するな

» 続きを読む

2021年2月18日12:00|カテゴリー:ブログ