建築事例
  • Sky terraceの家(F様邸)
  • 大阪府松原市
  • 2018/1

concept

松原市は、大阪府のほぼ中心に位置し、政令指定都市である大阪市と堺市に
隣接しており、ベッドタウンとして発達してきた。
計画地は、私鉄の最寄り駅から徒歩1分の好立地にある歯科医院の2階、
住宅部分の全面改修工事である。


仕事や子育てで忙しいクライアントに、少しでも心と体を癒せるような
住環境づくりをと考え、当初の一番の要望であった暑さ寒さ対策として、
サッシをペアガラスに入れ替え、吹付断熱材の厚みを増し改善させた。

家族が集まるLDKは空間の広がりを作る為、小屋裏空間の一部を
吹き抜けに変えたがその対策として、天井付サーキュレーターと温水床煖房の
併用により、暖房時の効きを考慮した。

その吹き抜けにはタイルで巻いた壁柱とオープンな鉄骨階段で印象的なシーンを作り、
LDK廻りでは、間接照明を使った光の使い方、仕上の素材感の出し方等により、
日常生活を落ち着いたゆとりある住空間で過ごしてもらえるようにと考えた。
    
実用面でも適所に充分かつ、ジャストサイズの製作収納を設ける事で
それぞれの収納場所を明確にし、機能性も充実させた。

また、6寸勾配の屋根形状を活かし、全く使用されていなかった大きな小屋裏空間を
利用して家族がそれぞれの趣味で利用できる約15帖の多目的スタジオを設けた。

身体を動かす事が大好きな二人の子供達が共に使用する子供室には、
ターコイズブルーの雲梯やスタジオとつながるロフトスペースを
設けて遊び心を忘れずに、楽しめる空間造りを心がけつつ、
将来間仕切る事も考慮した間取りとしている。

LDK南側の大きな開口は、建物形状の関係で
人の背丈くらいの壁に囲まれたバルコニーに面していた。
そこをプライバシーは保ちつつ、開放感のある屋外空間(Sky Terrace)
として使える場所と考え、一部は坪庭に、一部はデッキ敷きとすることで
内部からの広がりとゆとりを生む空間に生まれ変わった。
天気の良い日には、窓を全開にしてテラスから心地よい風を取り入れたり、
デッキで子供達と遊んだりと、さまざまな用途で楽しめる。
夜空を眺めたり、真昼とはまた違う夜のスカイテラスも満喫してもらえればと思う。


ゆとりある落ち着いた空間に、家族がそろい、
少しの時間でも、ほっとできる心地よい住空間となればと願う。

用途 :
住宅
敷地面積 :
265.99㎡
延床面積 :
203.62㎡
竣工 :
2018/1
構造 :
鉄骨2階建て
設計 :
rivet design office
森垣 知晃
写真家 :
笹倉 洋平
  • 資料請求はこちら。
  • 無料相談ご予約はこちら。
  • 展示会・見学会はこちら。

tel:0120-17-2004

pagetop