ブログ
注文住宅でペットと快適に暮らすには?
みなさんこんにちは^^!ペットと快適に暮らすためには、心がけておくべきいくつかのポイントを押さえておきましょう。まず、浴室のドアは常に閉めておく必要があります。特に、洗濯用に風呂に湯を張ったままにしている場合、ペットが浴槽に落ちて溺れてしまう恐れがあるので非常に危険です。必ずドアを閉めるという心がけに加えて、浴槽にフタをかぶせることも忘れずに行いましょう。次に、キッチンや玄関ホールにペットを入れないようにすることも大切な心がけです。間取りを工夫して出入りを制限する他に、ペットフェンスを各所に設置するのも効果的な方法です。また、バルコニーに隙間がある場合は木製のラティスなどで塞いでおくと落下の心配がなくなり安心できるでしょう。ペットと暮らす家に庭が備わっている場合、ペットが食べると危険な植物は庭で栽培しないようにすることが重要です。身近な植物の中にも、ペットが口にすれば危険な植物は多くありま

» 続きを読む

2020年9月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関タイル。お手入れのしやすさは?
みなさんこんにちは^^!汚れが目立ちにくいこと、使いやすいことだけではなく、手入れがしやすいかどうかも玄関のタイルを選ぶ際にチェックしてみてください。サンプルを実際に見たり、触ったりしないことにはなかなかわかりにくい問題ですし、新築住宅ですから実際に住みながら使ってみないとわからないことも少なくありません。しかし、実物をチェックして使用感を確かめてみるのはとても重要です。表面の質感1つで掃除がしやすいか、汚れを取りやすいかどうかは大きく変わるでしょう。また、タイル一つひとつのサイズも大切です。見映えにも影響がありますが、それ以上に重要な問題は、小さくて目地が多いと汚れがつきやすいことです。タイルそのものの表面は汚れが落ちやすかったとしても、目地の汚れを落とすとなるとまた話は変わってきます。目地が多ければ多いほど、その分だけタイルの隙間を掃除する手間がかかるでしょう。汚れの落としやすさを考え

» 続きを読む

2020年9月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関タイルの加工は?
みなさんこんにちは^^!新築住宅のタイルにどのような加工を施すのかによって、見える印象や滑りやすさに差があります。タイルは大きく分けて、表面がつるつるしたものと凸凹したものの2つの種類があります。表面がつるつるしているものは歩きやすいメリットがあります。ただ、つるつるしているがために、雨の日には滑りやすいという特徴があるのも確かです。凸凹しているタイプであれば、滑りやすいという心配は要りませんが、つるつるのタイルとは逆に歩きにくいです。スニーカーや革靴ではあまり気にならないかもしれませんが、ヒールのある靴の場合はその歩きやすさに雲泥の差があります。タイルの表面に光沢があるか、マット調か、凸凹しているかなどによって見映えの印象も大きく変わるでしょう。また、表面保護加工が施されているかも重要です。きちんと保護されていれば、長年の摩耗にも耐えられますし、ひび割れも防げます。加工面は、タイルの見映

» 続きを読む

2020年9月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関はタイルの色も重要?
みなさんこんにちは^^!玄関のタイル選びでまず考えるべきなのは、タイルの色合いです。一般的に玄関向けとされているタイルの色のバリエーションには限りがありますが、それでもグレー系やブラウン系、ベージュ系など選択できる色は豊富に揃っています。それらの色合いの中から、まずは好みのものを選んでみましょう。このとき、他の内装の雰囲気に合っているか、色の濃さはどのくらいかも合わせて考えていくことを忘れないようにしてください。 タイルの色合い次第で新築住宅の中の雰囲気は大きく変わります。暖かくて柔らかな雰囲気にしたいなら淡いクリーム色、クールな印象にしたいなら濃いグレー色といった具合に決めていきましょう。多色使いもできないことはありませんが、その分だけ内装のバランスを整えるのが難しくなるため、満足のいくものにするためのハードルは高いです。できる限りは一色のみの統一をおすすめします。また、色合いによっては

» 続きを読む

2020年9月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の対面キッチンのカウンターは何に使う?
みなさんこんにちは^^!対面キッチンにすると、通常よりも奥行が広くなるだけではなく、リビング側にはカウンターが付いてきます。しかし、目的によってどれくらいの高さのカウンターにすべきかが異なってくることも忘れないようにしましょう。このカウンター部分はどのようにして活用できるものなのか、そもそも本来はどのように使うものなのかを知ってこそ、対面キッチンをフル活用できます。対面キッチンのカウンター部分はさまざまな用途で活用できます。1つは作業スペースの目隠しとしての役割、もう1つは収納スペースとしての役割、そして食事をするテーブルとしての役割です。キッチン作業は水や油を多く使います。カウンターがあることによって水や油が跳ねてしまったときに壁の役割を果たしてくれるという一面もあるので重宝します。また、カウンター側に収納スペースとして活用できる棚やボックスを設置できます。調理するのとは反対側なので、キ

» 続きを読む

2020年9月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の対面キッチンの高さの基準は?
みなさんこんにちは^^!対面キッチンのカウンターの高さは一定しているわけではなく、用途によって大きく左右されます。収納としてなら極端に低いということでもなければ特に気にする必要はありませんが、一定の高さがあったほうがカウンター下の収納スペースは確保できます。もちろん、サイズの規格はメーカー毎に決められているので、細かい部分まで自分好みにカスタマイズをするのは容易ではありませんが、ある程度高ければまずは問題ないでしょう。こだわるべきなのはあくまでも目隠しやテーブルとして使う場合です。キッチンそのものの高さによって左右されてはきますが、一般的な高さとしては目隠しなら1mくらいが使いやすいです。作業台部分の高さとの落差がきちんとあれば、それでも十分にリビングで過ごしている人からの目には入りにくくなります。あまり高過ぎると、もしカウンターの上に何か物を置きたいときに手が届きにくいですし、掃除もしづ

» 続きを読む

2020年9月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のL型キッチンで対面を選ぶメリットは?
みなさんこんにちは^^!L型の対面キッチンを選ぶ際は、動線について考えることが必要不可欠です。コンロとシンク自体の性能も大切ではありますが、毎日の使用感の良さに直結する大きな問題ですから、特にコンロとシンクの距離について考えるようにしましょう。コンロとシンクが遠過ぎると動線が長くなってしまうため、I型キッチンを使うのとそれほど変わらなくなってしまう可能性があります。だからといって、距離が近過ぎるようだと動き回りにくいという問題があります。冷蔵庫と合わせたワークトライアングルが上手に作れるような距離感を考えたものを選びましょう。どれくらいの距離がちょうど良いと感じるのかは人によって異なります。自分自身に合うかどうかを考えながら選んでいきましょう。慣れの問題もありますが、相性次第では他のタイプのキッチンのほうが良いと思う可能性もないとは限りません。住宅のスペースの問題と照らし合わせつつ、本当に

» 続きを読む

2020年9月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のL型キッチンは対面が便利?
みなさんこんにちは^^!L型キッチンは2辺を壁に接した配置にすることも、1辺だけを壁付にし、もう1辺はオープンキッチンにすることも可能です。壁付よりもオープンな対面キッチンにしたほうが良いのには多くの理由があります。まず、対面キッチンにすることで、リビングにいる家族やお客様との円滑なコミュニケーションを図れることです。それだけでも対面キッチンにする意義は大いにあると言えます。シンクと作業台をオープンにしている側、コンロを壁側にすることで、換気がしやすくなるというのも大きな特徴です。油汚れや臭いなどがリビングまで伝わらないようにシャットアウトすることもできるでしょう。壁付の部分があれば、そのうえに吊戸棚を設けて、十分な収納スペースを確保することも可能です。L型の対面キッチンであれば、リビングからは収納スペースやコンロは見えにくいので、視覚的にも良いと言えるでしょう。L型の対面キッチンは、言わ

» 続きを読む

2020年9月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のキッチン。I型とL型の違いは?
みなさんこんにちは^^!I型とL型は単純に台の形が異なるというだけではありません。I型は直線的でシンクとコンロ、作業台は一列に並んでいます。それに対してL型はシンクとコンロが対立するような位置に設置されているのが特徴です。たとえば、I型キッチンでシンクからコンロの前に移動する際、横にスライドするように移動する必要があります。つまり、キッチンの長さの分だけ、動線は長くなるということです。それに比べて、L型キッチンの場合は動線が短くなります。想像だけではなかなかピンと来ないかもしれませんし、L型キッチンのほうがI型よりも全長が長いことを考えると逆なのではないかと思うかもしれません。しかし、実際の動線の長さを比べて見たとき、その差は明らかです。調理作業の動線の長さを確認するためには、ワークトライアングルの長さを知ると容易に比較できるでしょう。調理をするとき、一般的にはシンクとコンロ、冷蔵庫の3点

» 続きを読む

2020年9月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でアイランドキッチンは使いやすい?
みなさんこんにちは^^!アイランドキッチンで考慮しなければならない大きなデメリットは騒音と臭いです。しかし、工夫さえすればある程度の解消を見込めるので、アイランドキッチンにしたいと考えているのであれば、最初から諦めることはおすすめしません。まず騒音の問題ですが、音が静かな工夫を施されている換気扇やシンクを選べば抑えることができます。換気扇は単純に稼働音が静かなタイプなら必要以上に不快な音をさせなくて済みます。サイレントシンクの場合は水音が静かになる工夫がされているので食材や食器を躊躇することなく洗えるでしょう。キッチン選びをする際にそういった実用性があるかどうかをチェックしてみるといいでしょう。臭いの問題はこまめな換気で解消できます。調理中から調理後まで換気扇を回し続ければ臭いを十分軽減できるでしょう。香りの強い料理を作った場合は、部屋中に臭いが充満してしまいがちですが、その場合は窓を開け

» 続きを読む

2020年9月12日12:00|カテゴリー:ブログ