ブログ
注文住宅で輸入住宅は建てられる?

みなさんこんにちは^^! 「輸入住宅」という言葉はよく聞きますが、実は輸入住宅のはっきりとした定義はなく、漠然としたイメージで捉えられているようです。 テレビや映画で見た重厚感のある造りや、ゆったりとした空間などに憧れている人も多いのではないでしょうか。輸入住宅産業協会においては、「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。 海外から輸入された部材が大部分に使用されていれば、輸入住宅と呼ぶことができるでしょう。また、海外の設計思想と一言でいってもその基準は広く、一般的に高い断熱性や気密性、広々とした空間、インテリアや外観デザイン、素材の質感などを重視して設計することとされています。 昨今、日本でも重視されている耐震性についても高い基準が求められており、これらの要素を考慮することで輸入住宅らしい魅力ある家を建てることができます。

» 続きを読む

2018年12月12日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で太陽光発電は必要?

みなさんこんにちは^^! 太陽光発電はエコでクリーンな発電方法として、国も積極的に推進しています。所在の地域によっては、太陽光パネルだけでなく、蓄電池や燃料電池に対する補助金を利用できる場合もあります。 高額と思われがちな太陽光発電ですが、こうした補助金制度を利用すれば、コストを大きく抑えることも可能です。 太陽光発電があれば、もし停電することがあっても、昼間であれば電気を使うことができます。いざというときの備えとしても、太陽光発電は大きく貢献してくれるでしょう。  また、安全な環境づくりや、もしもの備えだけでなく、自宅の電気をまかないつつ余った電気を売却できる点も魅力です。電気代を節約できるだけでなく、売電すれば利益を生み出すこともできるでしょう。 太陽光発電が普及していけば、売電価格は下がっていくともいわれていますが、太陽光発電の売電価格は契約してから10年間は保証され、年度ごとに決め

» 続きを読む

2018年12月10日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる際に知っておきたい住宅完成保証制度とは?

みなさんこんにちは^^! 注文住宅を建設中に施工会社の倒産などで工事が継続できなくなってしまうと、建て主は大きな損失を被ることになります。そうならないために、最小限の追加予算を払うことで、住宅の完成を保証してくれるのが「住宅完成保証制度」です。 ちなみに、施工会社が破産して事業停止状態になった際に、この制度を活用できないと以下のような事態が生じます。  まず、すでに支払った着手金などのお金が倒産した施工会社から返ってくることはありません。たとえ、それまでにかかった工事費用よりも支払ったお金の方が多かったとしても同様です。仮に、着手金として500万円を支払っていた場合、工事に使われた費用が200万円だったとしても差額の300万円は返金されないというわけです。 逆に、支払ったお金が500万円で工事に使われた費用が1000万円の場合は、破産管財人から差額の500万円を請求されることがあります。「

» 続きを読む

2018年12月8日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で必要な構造計算書とその費用は?

みなさんこんにちは^^! 一般的な住宅であっても、構造計算書が必要なケースもあります。 木造3階建てや、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅では、構造計算書が必要です。 これらの建物は、構造計算適合性判定を受ける必要があり、確認申請の際に構造計算書の提出が求められます。 構造計算書の作成にあたっては、許容応力度等計算、保有水平耐力計算、限界耐力計算、時刻歴応答解析などの、精密な構造計算が必要です。  構造計算は、構造設計一級建築士の有資格者のみが行うことができ、その数も多くはありません。 住宅をメインにしている設計事務所や工務店などが、社内に構造設計一級建築士を置くことは、ほとんどないのが実情です。 そのため、構造計算書が必要な場合には、構造設計を専門に行う外部の、構造設計事務所に委託するのが、一般的になっています。 構造計算書はA4用紙で、100枚以上になることも珍しくありません。 構造計算

» 続きを読む

2018年12月6日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のキッチンで多い失敗例とは?

みなさんこんにちは^^! 新築のキッチンで失敗したと感じやすいのは、収納とシステムキッチンの高さ、そしてキッチンスペースの狭さです。 収納はスペースが少ないという以外に、使い勝手が悪いという不満があります。 具体的に言うと、しまえるけれど取り出しにくい収納です。重ねれば入るけれど一番上の物しか取り出せないとか、高い位置に収納がたくさんあるけれど、踏み台に乗っても奥まで手が届かないなどというパターンです。 また、床下収納を設ける位置を失敗して扉の上に冷蔵庫や食器棚が乗ってしまうケースや、パントリーを作ったものの換気が悪くて使えなかったというケースもあります。 システムキッチンに関しては、作業台の高さを使う人の背の高さに合わせられるということを知らない人が少なくないようです。標準の高さの物を選んで失敗したという声が多いので、背が高い人や低い人は要注意です。 キッチンが狭くなる原因が、リビングを

» 続きを読む

2018年12月4日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅にデメリットはある?

みなさんこんにちは^^! メリットが豊富な注文住宅にも、いくつかのデメリットがあります。 まず、入居までの期間が長いことです。建売住宅は、契約してから即入居することが可能です。対して、相談事項が多い注文住宅は、初期面談から契約まで1~2カ月もの期間がかかることもよくあります。そのため、当然完成までにも時間がかかるのです。工法にもよりますが、上棟から45~90日程度かかるのが一般的です。加えて、土地探しから始めるような場合であれば、なかなか気に入った土地が見つからず、半年経ってもまだ家づくりに取り掛かれないというケースも見受けられます。  また、土地の取得やそれに伴う費用の支払いなど、契約までの工程が複雑で手間がかかる点も、注文住宅のデメリットです。資金計画でやることが多過ぎると、それをわずらわしいと感じてしまう人もいるでしょう。さらに、実際に完成した住宅を見てから契約ができる建売住宅とは異

» 続きを読む

2018年12月2日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の種類とは?

みなさんこんにちは^^! ひと口に注文住宅といっても、種類があることは意外と知られていません。 注文住宅は、「フルオーダー住宅」と、「セミオーダー住宅」の2つの種類に分類できます。  まず、フルオーダー住宅は、使用する木材や断熱材、窓の種類といった仕様から、新築に関わるすべての項目について、依頼者が指定して計画する住宅のことをいいます。この場合、自由度は高い反面、かなりの建築知識が必要です。加えて、フルオーダー住宅の場合は、圧倒的に手間がかかります。しかし、完全に自分好みの、世界にひとつだけの住宅になるという点は最大のメリットといえます。 また、フルオーダー住宅は完成までにある程度の時間を要するため、資金も時間も豊富にある、最高品質を求める人向けの建築方法といえるでしょう。  一方、セミオーダー住宅は基本的な仕様があらかじめ決まっています。すべてを依頼者が決定するフルオーダー住宅に対し、セ

» 続きを読む

2018年11月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で使った住宅ローン。繰り上げ返済はした方がいい?

みなさんこんにちは^^! 少しでも利息の負担を減らしたいなら、住宅ローンを早く返済するのが効果的です。 返済期間が長いほど、利息の支払い回数も増え、トータルの返済額が高くなってしまいます。 早期返済には繰り上げ返済が有効なので、無理のない範囲で検討してみましょう。  繰り上げ返済とは、まとまった現金が用意できたときに、それを住宅ローンの返済に充当することです。 借入金額のすべて、もしくは一部だけでも充当が可能で、本来の返済には含まれている利息がかかりません。 繰り上げ返済した金額すべてが元金の返済に充てられ、返済期間を短縮化することができるのです。 元金が減ればそれに比例して利息も減るため、トータルの返済額も節約できます。  住宅ローンを早く返済するために、毎月の返済額を多めに設定する人も多いですが、これでは急な出費があったときに、余裕がなくなってしまいます。 毎月の返済額は無理をしない範

» 続きを読む

2018年11月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で返済しやすいローンの金額はどれぐらい?

みなさんこんにちは^^! その人の年収や年齢によっても大きく変わりますが、毎月無理なく返済できると考えられている金額は、「5~10万円」が一般的です。この範囲内であれば、生活費や予備費を十分に確保しつつ返済を続けていけるでしょう。 ただ、実際の返済可能額は人それぞれなので、自分が無理なく毎月返済していける金額をもとに決めると安心です。 たとえば、賃貸物件に住んでいる場合、住宅ローンの毎月の返済額が家賃と同じくらいなら、マイホームを購入しても無理なく支払いができるでしょう。 現在マイホーム購入に向けて毎月貯金をしているなら、購入後にそれを返済に回すこともできます。この場合、家賃に毎月の貯金額を足した金額が、毎月の返済可能額となります。  ただし、マンションを購入した場合は、毎月の返済額以外にも駐車場代や管理費、修繕積立費などの出費が必要です。これらの出費だけで数万円かかるケースが多いため、家

» 続きを読む

2018年11月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を購入する際に活用する住宅ローンのつなぎ融資って?

みなさんこんにちは^^! 分割融資と似たような融資方法に「つなぎ融資」というものがあります。つなぎ融資とは、金融機関が住宅ローンとは別に行う短期融資のことです。 住宅ローンの総額を分けて実行する分割実行とは異なり、別途、審査を行い短期的に融資を行う方法になります。 注文住宅の建築には、状況に応じて追加の資金が必要になる場合があります。そこで、建築会社に途中で支払う額の、不足分をつなぎ融資を使って補うのです。 他にも、土地の代金はつなぎ融資で支払い、建物の代金は分割融資を組むといった形で組み合わせることもできます。 つなぎ融資のメリットは「担保が必要ない」という点です。一方、分割融資の契約には抵当権が必要で、登記費用などの手数料が別途必要になります。  非常に便利なつなぎ融資ですが、1点だけ注意する必要があります。それは、適用金利や手数料が割高という点です。分割融資では住宅ローンの一部として

» 続きを読む

2018年11月24日12:00|カテゴリー:ブログ