ブログ
注文住宅で繰り上げローンをするデメリットは?
みなさんこんにちは^^!住宅ローンは、収入と支出のバランスを考えたうえで、無理なく返済できることを想定して計画されます。しかし、繰り上げ返済を行うということは、多少の無理を強いられる可能性もあるということです。無理がそのままデメリットにつながってしまうことも否定できません。繰り上げ返済を積極的に行うと、手元資金がなくなってしまうことがあります。本来、適正な返済計画で組んでいたローンなので、そのまま計画どおりに返済するよりも経済的にきつくなる可能性もあるでしょう。また、人生にはトラブルがつきものです。繰り上げ返済後に、「病気やケガでお金が必要になった」「教育費が予想以上に必要になった」「収入が減ってしまった」という事態に見舞われることがあるかもしれません。そのとき、手元に現金がなければ大変なことになってしまいます。繰り上げ返済には、手数料が発生することもあります。余裕があるときにこまめに返済

» 続きを読む

2021年1月19日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で繰り上げローンをするメリットは?
みなさんこんにちは^^!繰り上げ返済のもっとも大きなメリットは、利息を軽減できるという点にあります。住宅ローンの利息は、それだけでかなりの金額です。仮に、借入金額3000万円、返済期間35年、金利1.2%とした場合、利息だけで約675万円になります。繰り上げ返済はこの利息を大幅に軽減できるため、ローン返済において有効な手段といえるでしょう。そして、利息の軽減という点だけをみれば、返済額軽減型よりも期間短縮型のほうが有利となります。一般的に、住宅ローンの返済方式は「元利均等返済」が使われています。元利均等返済では、月々の返済額は変わりませんが、返済額を占める元金と利息の割合が返済期間の経過に応じて変わっていきます。具体的には、返済開始時は利息の割合が高く、返済期間の経過とともに元金の割合が高くなっていくのです。そのため、繰り上げ返済を行うタイミングが早いほど、利息を軽減できるということになり

» 続きを読む

2021年1月17日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の繰り上げローンの仕組みとは?
みなさんこんにちは^^!繰り上げ返済とは、住宅ローンの返済期間中に毎月の返済額とは別にローンの一部を返済することをいいます。通常の返済では「元金+利息」が返済額となりますが、繰り上げ返済では支払った金額がそのまま元金の返済に充てられます。つまり、繰り上げ返済による最大の効果は、元金を減らすことで本来支払うはずだった利息を軽減することができるということです。繰り上げ返済の方法には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。期間短縮型は、月々の返済金額は変えずに返済期間を短くする返済方法です。たとえば、繰り上げ返済によって支払った金額が1年分の元金に相当すれば、その分の利息を軽減でき、さらに返済期間が1年短縮されることになります。一方、返済額軽減型は、返済期間はそのままで月々の返済金額を減らす返済方法です。この場合は、繰り上げ返済額を月々の返済額に均等に充当することになります。どちらの

» 続きを読む

2021年1月15日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の窓ガラスの種類は?
みなさんこんにちは^^!窓において大きな場所を占めるガラスは目的や用途に合わせて選ぶことがポイントとなります。まず、コストを抑えたい場所での使用に適しているのが「フロートガラス」です。一般的な透明のガラスで、最も流通しているタイプとなります。外部からの視線を抑えたいなら「フロストガラス」がよいでしょう。スリ加工した曇りガラスとなっているため、窓を通して視界に入る内外の様子が見えにくくなります。視線を遮りたいなら「型板ガラス」の使用も効果的です。ガラス片面に型模様がついているため室内の様子が見えにくくなりますが、採光はキープできます。「網入りガラス」はガラス内に網状の金属が入っているもので、防災に有効的な種類です。炎の侵入や、火が燃え広がるのを防ぎます。また、「Low-E複層ガラス」も特殊な加工がしてあるガラスです。特殊金属膜が表面にコーティングされているため断熱効果や遮熱性が高くなっていま

» 続きを読む

2021年1月13日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の窓枠に使われる材質は?
みなさんこんにちは^^!理想の窓にするためには、サッシと呼ばれる窓枠の材質にも注意が必要となります。一般的に最も多く使われている窓枠の材質がアルミです。アルミは軽量な素材なので、軽く開け閉めできるメリットがあります。また、ほかの素材に比べて錆びや腐食が起こりにくく、耐久性に優れている点も魅力です。ただし、結露が生じやすく、断熱性が弱いデメリットもあります。対して、断熱性が高い材質が合成樹脂です。合成樹脂には主に塩化ビニール樹脂を使用しているため、熱伝導が低い特徴があります。また、結露が生じにくいため、カビの発生を抑えることも可能です。さらに、気密性や断熱性が高いため、外気が入りにくくエアコンで温めた室温を維持しやすくなります。一方、デザイン性を求める人に人気なのが木製サッシです。結露しにくく、自然素材である木ならではの温かみのある質感を楽しむことができますが、定期的なメンテナンスが重要とな

» 続きを読む

2021年1月11日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の機能別の窓の種類は?
みなさんこんにちは^^!使いやすさという視点から機能面を考慮して選ぶことも、窓選びでは重要です。まず、子どもや高齢者などがいても簡単に使用できるものをコストを抑えて求めるなら「引き違い窓」が適しています。引き違い窓とは2枚あるガラス戸をスライドして開閉する窓です。強い力を入れなくても簡単に動かせる作りとなっているうえ、ほかのタイプに比べて価格が安い傾向にある点も魅力となっています。同じスライド式でも、横すべり式タイプが「横すべり出し窓」です。左右にある窓枠の溝に沿って窓を動かし、窓の下側を外に押し出すようにして開きます。大きく開くことができるため、ガラスの外面の掃除がしやすい点がメリットです。対して、縦にスライドする「縦すべり出し窓」もあります。片側を固定して回転させるようにして開閉するタイプです。横すべり出し窓と同じく窓の開閉角度が大きいため掃除がしやすくなっています。風通しをよくし、光

» 続きを読む

2021年1月9日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の窓、種類と気になる位置は?
みなさんこんにちは^^!窓をどの位置に設置するかによって、光の入り方や風の通り方などが変わってきます。そこで、まずは、設置位置などから見る窓の種類について紹介しましょう。まず、バルコニーや庭などに続く部屋の窓に多く使用されるのが「掃き出し窓」です。出入口としても利用されるため、床から天井近くまでの高さを持った大きな窓となります。対して、大人が立った際に腰の位置くらいのところにくる窓が「腰高窓」です。住宅では多く取り入れられやすい種類の窓となっています。さらに、座ったときに肘掛けとなるくらいの高さにあるのが「肘掛け窓」です。具体的には床面から窓の下端までの高さが36~45cm程度の窓をいいます。ほかにも、床面に接して設置される窓もあります。「地窓」と呼ばれ、和室で使われることが通常です。地窓は一般的にはだいたい30~50cmの高さがあります。特に採光を考慮したいなら、高い位置に窓を設置すると

» 続きを読む

2021年1月7日12:00|カテゴリー:ブログ

中古の注文住宅のリノベーションはあり?
みなさんこんにちは^^!中古の注文住宅は、購入すればそのまま住めるものであり、すでにできあがっているため価格や間取りも一目でわかります。予算の計算もしやすく、支出スケジュールも立てやすいでしょう。また、中古の住宅を購入してリノベーションを施すことは注文住宅に相当するといえるのです。中古の注文住宅を購入しリノベーションするという購入方法は、まず中古物件を買い、天井、壁、床などを解体します。柱などの構造部分だけを残した状態にしたあと、住宅の内部をオーダーした通りに造っていくという流れです。好みの物件探しから床、天井、壁などのデザインなど、もとの構造部を中心とした形にはなるものの、間取りなども自分たちで考えることになり、非常に手間と時間もかかります。手間と時間を考えてみると、できあがっている物件にすぐ住みはじめるというものではなく、注文住宅と同様の流れだといえるでしょう。注文住宅と異なる部分は、

» 続きを読む

2021年1月5日12:00|カテゴリー:ブログ

中古の注文住宅を購入するデメリットは?
みなさんこんにちは^^!中古の注文住宅が古い場合、住宅が建てられてから何年経つのか、あと何年もつか、購入後すぐに改修しなければならずリフォームや工事費がかかるのではなど、不安要素が多くなることは最大のデメリットだといえます。実際には構造がしっかりしたものあり、正しくメンテナンスをするだけで長期間住むことが可能であっても、住宅や建築に関する知識がない人にとって判断するのは難しいものです。専門家の意見を聞いたとしても、自身で判断することが難しいケースもあります。そのため、心配な点として挙げられることが多くなり、中古の注文住宅を購入することをためらう原因にもなるでしょう。また、売主が住んでいる状態で売却に出すケースも多いことで、荷物や家具が置かれた状態、生活感もある中で内見をしなければなりません。物件を細かくチェックできないこともデメリットです。物件そのものは時間をかけて見学できても、家具を移動

» 続きを読む

2021年1月3日12:00|カテゴリー:ブログ

中古の注文住宅を購入するメリットは?
みなさんこんにちは^^!中古の注文住宅を購入するメリットとして挙げられるのは、新築と比較をして価格そのものが安いため購入しやすいことです。新築住宅と同様の、大きさ・立地などで比較した際、一般的には安くなります。また、中古の注文住宅を買う人の多くは、購入後にリフォームをしていることが特徴です。リフォームでは、設備や内装を変更でき、希望の住宅に変えることも可能です。内装や設備にこだわりがある人は、中古の注文住宅のほうが自分の希望を取り入れやすく、希望通りの内装に仕上げやすいでしょう。また、中古の注文住宅を購入する際には、エリアについてもメリットがあります。中古の注文住宅は、都市近郊など、開発された住宅地で、売り出されることが期待できるのです。住宅地は駅から近いなど条件がよいため人気があり、早くに買い手がつくこともあるため、あらかじめ地域の不動産会社に依頼しておきましょう。中古の注文住宅は、周辺

» 続きを読む

2021年1月1日12:00|カテゴリー:ブログ