ブログ
旗竿地の土地購入!メリットとデメリットは?
みなさんこんにちは^^!形状の悪い土地の代表格に旗竿地があります。旗竿地の一番のメリットは、形の悪さゆえに安く購入できるという点です。建物の建つ部分が道路よりも奥に入っているため多くの場合は静かです。また、評価額が低いということもあって、固定資産税も安くなります。一方デメリットは、竿の部分の幅に使い勝手が左右されやすい点です。竿が細いと通路にしか使えないのに、その部分の固定資産税も納めなければなりません。竿の部分の幅が十分にあるときは駐車スペースとして使うことができますが、ギリギリ車が停まるくらいの幅の場合には注意が必要です。外構に道幅を取られてしまって、結局購入後に車を停められないことがわかったということもあります。竿部分の奥行きがあると、通路にしか使えないのに、固定資産税がかかってくる部分が多くなります。プライバシーも保たれにくく、風通しも悪くなる傾向が見られるため、よほど立地など他の

» 続きを読む

2019年10月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる土地の形状は?
みなさんこんにちは^^!土地の形状にはいろいろな種類があります。代表的な土地の形状を挙げると次のような種類があります。・正方形や長方形正方形や長方形の土地はほとんどが宅地用に整形されている土地です。ハウスメーカーが造成した分譲地などに多い形です。正方形に近いほど建物を建てやすく人気があります。逆に長方形でも間口が狭すぎたり、奥行きが短すぎたりすると使い勝手が悪いため敬遠されます。・三角地道路などの関係で三角形になってしまった土地です。頂点の部分の使い勝手が悪く、デッドスペースになりやすいため、敬遠されがちな土地です。土地の形に合わせることで個性的な建物になりますが、狭い土地に建てたときには、建物内の部屋の配置や家具の置き場所に苦労することが少なくありません。・旗竿地名前の通り旗竿の形に似ているL字型の土地です。道路に接している部分男間口が狭いと、竿部分を通路にしか使えません。周囲を隣接する

» 続きを読む

2019年10月12日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる土地探しに大切なことは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる土地選びをする際には、その場所で自分や家族がどのような生活をするのかを、明確にイメージできるようにしておく必要があります。どんな注文住宅を建てるかということだけでなく、どんな生活をしたいのか、どんな目的を持ってそこに住むのかということも含めて考えておかないと、住み始めてから不満が出てきてしまいます。例えば、老後の生活がしやすいように、バリアフリーで新築しようと考えているのに、そのための土地を高台に購入してしまったのでは、外に出かけるときに苦労するかもしれません。特に、傾斜地を購入してしまった場合には、駐車スペースから入口まで、急な階段を上がるような設計になることもあります。そうなると目的とずれてしまいますから注意しましょう。普段通勤にも買い物にも車を利用している場合、購入しようと考えている土地に出向くときも車を利用することが多く、土地のある場所を周囲

» 続きを読む

2019年10月10日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅は建ぺい率と容積率の割合が重要?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際には、建ぺい率と容積率のどちらか一方だけの規制を守ればよいというわけではありません。どちらの割合も順守しなければ意味はなく、両方の組み合わせによって、どのような建物が建てられるか、どのように土地を利用できるかが決まります。たとえば、建ぺい率が50%、容積率が200%、と定められている100坪の土地に家を建てるとします。この場合、建ぺい率は100坪×50%=50坪となり、50坪が建築面積の上限です。また、容積率では100坪×200%=200坪となり、200坪が延べ床面積の上限となります。このため、建築面積を上限いっぱい使用して家を建てたいという場合であれば200坪÷50坪=4となり、1つのフロアに50坪の広さを取ると4階までなら家を建てることが可能となるのです。一方で、建ぺい率が50%、容積率が50%という規制がある、100坪の土地に家を建てたいと考

» 続きを読む

2019年10月8日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる際に知っておきたい建ぺい率と容積率とは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅は、土地選びから家の間取りまで、自分の要望を取り入れて決めることができる、自由度の高い住宅の取得方法です。ただし何の規制もなく、すべて自由に家を建てることができるわけではありません。周囲に住む人たちも安心して生活することができるように、家を建てる際には土地に対してどのくらいの規模の建物を建ててよいかという決まりが、建ぺい率と容積率という数字で定められているのです。そこで、住宅を建てるうえで欠かせない、建ぺい率と容積率について基本的な知識を紹介します。建築基準法により、土地ごとに定められている数字に、「建ぺい率」と「容積率」があります。どちらも「建物を建てる土地の広さ」に対する「建物の大きさ」を規制している決まりですが、具体的にどこが違うのかということも理解しておかないと、どんな建物を建てることができるのかをイメージできないものです。建ぺい率とは、土地の面積の

» 続きを読む

2019年10月6日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でスタディコーナーを作る注意点は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅にスタディコーナーは必要なのか、と考えることもあるでしょう。親の教育に対する考え方によっては意見がわかれるところです。また、子どもがある程度大きくなってくると、ひとりで勉強したほうがより集中できる場合もあるでしょう。さらに、リビングが狭く、設計上スタディコーナーを設けると、部屋全体に圧迫感を感じてしまう可能性があります。そのため、せっかくスタディコーナーを設置したのに、子どもがあまり使いたがらないということも考えられます。このようにスタディコーナーを設置したとしても、必ずしも勉強に集中できるとは限りません。それでも、子どもがまだ小学生以下で小さいうちは、親はスタディコーナーを設置して使ってもらいたいと考えるでしょう。そのため、できる限り子どもが居心地よく利用できる環境づくりが大切です。たとえば、間仕切りをつくって勉強に集中しやすいように工夫したり、床に少し段

» 続きを読む

2019年10月4日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でスタディコーナーを作るメリットは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅でスタディコーナーを設けることで、さまざまなメリットが期待できます。まず、リビングにデスクと椅子があれば、子どもが宿題をしなければならないとき、途中で分からないことや、知りたいことがあればすぐに親に声をかけることができます。また、子どもが学校からの連絡などをふと思い出したときに、すぐに親と会話ができるでしょう。このように、リビングに子どものスタディーコーナーがあると、家族の間でコミュニケーションが活発になります。親は子どもがしっかり勉強しているのか見守ることもできますし、子どもの勉強で分からないことがあるときは、すぐに教えてあげることも可能です。子どももリビングにスタディコーナーがあることで、毎日デスクに向かう習慣がつきやすくなるでしょう。仮に子どもが勉強しなければ、と自分の部屋に入っても、完全な個室で誰も見ていないと他のことに興味が移ってしまい、すぐに勉強

» 続きを読む

2019年10月2日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でスタディコーナーは作るべき?
みなさんこんにちは^^!スタディコーナーという言葉になじみがない人は、一体どのようなものなのか知りたいでしょう。スタディコーナーは一般的にリビングのスペースに設置されます。特に小さな子どものいる家庭で設置を希望する人が多い傾向にあります。なぜなら、小学生になる前の小さな子どもに対しては、子ども部屋に勉強するためのデスクをあえて設置せず、親の目が行き届くリビングで勉強をさせたいと考えることもあるからです。小さな子どもがいつも目に届く距離にいる安心感だけでなく、ときには親が勉強を教えてあげやすくなるというメリットがあります。また、適度に生活音のある中で勉強をすると集中力がアップするといわれていることもあり、子どものために、リビングにスタディコーナーが欲しいと考える人もいるようです。スタディコーナーには明確な規定はありません。そのため、工夫をすればリビングのイメージにあったテーブルと椅子を別途購

» 続きを読む

2019年9月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で平屋を建てる際の費用は?
みなさんこんにちは^^!家を建てる際に気になるのが費用です。2階建てや3階建てと比べて、平屋の建築にかかる費用は安くなるのか、高くなるのかという点が気になる人も多いことでしょう。平屋と2階以上の家を建てるときの費用の違いについては、一概にどちらのほうが安いとは言えません。同じ床面積の家を建てる場合、平屋であれば、縦に広さを取れない分、横に広さを取らなければいけなくなるからです。横に広い家を建てるということは、基礎部分の建築費用が高くなります。また、屋根も広く設置することが必要です。特に、基礎部分は耐震や家の強度を高めるために重要となる部分となるため、費用が上がりやすくなります。このため、平屋だから費用を抑えられるということは必ずしもなく、家の造りなどによっても実際にかかる費用は異なってきます。ただし、ローコスト系メーカーなら、平屋の3ldkでだいたい1000万程度からになるケースが一般的で

» 続きを読む

2019年9月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で平屋を建てる時の、広さの目安は?
みなさんこんにちは^^!平屋で3ldkの間取りを作ると、各部屋の広さはどれくらいになるのか目安を知っておくと、家づくりの際にイメージがつかみやすく便利です。生活を送るためには、玄関やお風呂、トイレ、洗面室などを作ることも必須となるため、それらを除いたスペースのなかで、各部屋を設けることを想定し広さの目安を考えます。たとえば、22坪の広さに、夫婦の寝室と子ども部屋2室を用意するために洋室を3室作るなら、洋室それぞれを6畳とし、ldk部分は10畳程度の広さを取ることが可能です。一般的に、子ども部屋であれば最低4畳半あれば、ベッドと学習机、ちょっとしたチェストを置くことができます。寝るときと勉強するときに使用する部屋であれば十分な広さです。6畳あれば、さらに余裕な空間ができ、友達と一緒にでも過ごせるようなゆとりを持った部屋になります。また、ldkについては10畳だと、コンパクトなサイズのダイニン

» 続きを読む

2019年9月26日12:00|カテゴリー:ブログ