ブログ
注文住宅の完了検査とは?
みなさんこんにちは^^!完了検査とは、建築基準法第7条第1項に定められた、新たに建てられた建物が受けることを義務付けられている検査のことです。建築確認申請によって建物が法令を遵守して設計されていることを確認した後で、完了検査によって実際に図面に基づいて建築が行われたかどうかを確認するという流れになります。建築工事が完了したら、自然災害などのやむを得ない事情がない限りは4日以内に完了検査の申請を行わなければなりません。申請先は各地方自治体の特定行政庁、あるいは民間の指定確認検査機関となりますが、一般的には建築を請け負った工務店やハウスメーカーが代理として申請を行うケースが多いです。完了検査は申請を受けた日から7日以内に実施しなければならないと建築基準法で定められています。事前に相談して実施する日時を指定できることもあるので、検査を希望する日時が決まっている場合は相談してみるとよいでしょう。ま

» 続きを読む

2021年3月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるデメリットは?
みなさんこんにちは^^!メリットが豊富な注文住宅にも、いくつかのデメリットがあります。まず、入居までの期間が長いことです。建売住宅は、契約してから即入居することが可能です。対して、相談事項が多い注文住宅は、初期面談から契約まで、1~2カ月もの期間がかかることもよくあります。そのため、当然完成までにも時間がかかるのです。工法にもよりますが、上棟から45~90日程度かかるのが一般的です。加えて、土地探しから始めるような場合であれば、なかなか気に入った土地が見つからず、半年経ってもまだ家づくりに取り掛かれない。というケースも見受けられます。また、土地の取得やそれに伴う費用の支払いなど、契約までの工程が複雑で手間がかかる点も、注文住宅のデメリットです。資金計画でやることが多過ぎると、それをわずらわしいと感じてしまう人もいるでしょう。さらに、実際に完成した住宅を見てから契約ができる建売住宅とは異なり

» 続きを読む

2021年3月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるメリットは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の最大のメリットは、自由度が高い点にあります。建売住宅はすでに完成してしまっているため、家族の好みを住宅に反映することは難しいでしょう。一方、注文住宅は希望を形にすることができるため、間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高いといえるでしょう。部屋の間取りや広さ、キッチンの設備、高い耐震性など、住宅を新築するときにはたくさんの希望があるものです。これらの希望に関しては、よほどの無茶をいわなければ予算が許す限り実現可能といえます。また、注文住宅ではそのほとんどを依頼者自身で決めるため、まったく同じ家ができるということはまずありません。そのため、オンリーワンの住宅になるというメリットもあります。間取りや外観、仕様を自分や家族の好みに仕上げた家は、まさしく自分たちだけの住宅といえるでしょう。注文住宅では、建築現場の確認作業ができる点もメリットのひと

» 続きを読む

2021年3月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の工事から完成までの流れは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の工事開始から完成までの流れや期間について解説します。まず、土地の所有権を施主に移転します。具体的には、土地の所有権移転登記を施主に変更登記するのです。次は、法的な面での処理が必要になります。主なものは建築確認申請ですが、申請から認可が下りるまで建築工法により多少の変動がありますが、2~6週間程度が必要です。これと並行して、建築現場では地鎮祭、地盤調査・地盤改良を行います。確認申請が下りた段階で、基礎工事(1カ月程度)を行い、さらに建物の工事を進められるのです。構造によりますが、建物がある程度出来上がったところで、上棟式を行って施主から関係者への感謝を伝えます。続いて、建物工事・付帯工事を経て、完成に至ります。上棟から完成までは、木造在来工法であれば45~150日程度が目安です。ただし、規模や工法によって大きく工期は変わります。契約した建築会社に事前に工期を

» 続きを読む

2021年3月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅購入の、住宅ローン審査にかかる期間は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を購入する際の最も重要なプロセスとなる、住宅ローンの審査にかかる期間について解説します。住宅ローンの審査は、事前審査と本審査の2回が基本です。このとき、事前審査から大きく金額が変更になると、本審査で落とされてしまう可能性があります。事前審査は、購入する物件の金額や、ローン契約する人物の職業や年収などが調べられます。この内容は基本的に自己申告です。給与所得者であれば、金融機関によって源泉徴収票などの収入を証明する資料の提出が必要なこともあります。事前審査は、スムーズにいけば1週間程度で結果が出ます。インターネットで申し込む場合には、4営業日程度で結果がわかることもあるようです。本審査にかかる期間は、追加の書類や質問事項などがなく、スムーズに進んだ場合で1~2週間程度となっています。本審査は書類審査です。物件が申請されたローンの融資枠組みに合っているかどうか、ま

» 続きを読む

2021年3月22日12:00|カテゴリー:ブログ

いい注文住宅を建てるポイントは?
みなさんこんにちは^^!心が安らぐいい家を完成させるためには、家族で話し合うことがなによりも大切です。家族の中でだれか1人でもストレスを感じる人がいれば、それはいい家とはいえません。家族1人ひとりの希望条件をまとめておきましょう。それと同時に、予算もしっかりと決めておかなければなりません。見積もりの結果、予算内に収まりきらなかったときのために、希望条件には優先順位も決めておくと安心できます。希望条件と予算を決めたら、いい家のイメージを設計士にすべて伝えましょう。どのようなこだわりがあるのか、どのような設備が必要なのかなど、具体的に伝えることでお互いのイメージを擦り合わせていきます。このときにイメージの擦り合わせが不十分だと、想像と異なる家ができてしまう可能性があるので、注意が必要です。話し合いを進める中で、定期的に確認をとるようにすると、そのような事態を防げます。注文住宅を希望する場合は、

» 続きを読む

2021年3月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のありがちな失敗するケースは?
みなさんこんにちは^^!家づくりを成功させるためには、まずよくある失敗パターンを知っておくことが大切です。特にありがちなのが、住宅への希望やこだわりが多くて見積もり額が膨らんでしまうケース。リビングはもっと広くしたい、階段のあたりは開放的でおしゃれな空間にしたい、屋根は瓦がいい、などなど、あらゆる希望を伝えた結果、出てきた見積もりの高額さに驚いてしまった、という人はたくさんいます。また、それとは逆に、費用を抑えるために妥協した点で失敗してしまうというケースもあります。たとえば、リビングをおしゃれな空間にすることにお金を使い、その分キッチンやトイレのグレードを下げる、あるいは水回りを最新のものにして、床や壁などの素材にはこだわらない、などのパターンです。これらの場合、あとになってキッチンやトイレの不便さを感じたり、もう少しおしゃれな家にすればよかったと後悔したりすることがあります。さらに、計

» 続きを読む

2021年3月18日12:00|カテゴリー:ブログ

3階建ての注文住宅を建てるポイントは?
みなさんこんにちは^^!3階建の家を建てるとなると、どうしても強度面が問題になってきます。実際、そういった問題をクリアするために鉄骨造や鉄筋コンクリート造の住宅が増加しています。しかし、それらの家は木造住宅に比べると割高です。したがって、なるべく安い費用で強度面も安心な家を建てようと思えば、3階建住宅の建築実績が多い業者に依頼するのが賢明です。実績が多ければ、3階建住宅に関するノウハウが蓄積されているため、より安全でリーズナブルな家づくりが期待できるでしょう。また、土地購入の前には地盤調査は必須です。なぜなら、購入したあとに地盤が軟弱なことが判明すると、地盤改良工事にかなりの費用がかかってしまうからです。事前に調査を行い、地盤が良好な土地を購入することで、余計な費用を使わなくてすむようになります。ちなみに、プロの調査会社に地盤調査を依頼した場合の費用相場は5~10万円程度です。もし、すでに

» 続きを読む

2021年3月16日12:00|カテゴリー:ブログ

3階建ての注文住宅は割高?
みなさんこんにちは^^!3階建の家は2階建よりも重量面で大きな負担がかかっているため、より強固な構造にしなければいけません。しかも、単に丈夫にすればよいというわけではなく、建築法規によって構造計算書の提出が義務付けられており、審査に合格する必要があります。そのためには、柱や梁、壁面などの量を2階建のそれよりも増やさなくてはならなくなるケースもあり、建設コストが高くなる場合があるのです。それに、建物の安全性や資産価値などを考えると、耐震等級も3を取得しておきたいところです。耐震等級とはどの程度の地震なら耐えられるかを示したランクであり、等級3の場合は想定される1.5倍程度の地震に耐えられるといわれています。ただ、それを取得しようと思えば、当然、建築コストもよりアップしていくというわけです。また、建物の重量が大きくなれば、構造強化だけでなく地盤改良工事も必要になります。どの程度の工事になるかは

» 続きを読む

2021年3月14日12:00|カテゴリー:ブログ

3階建ての注文住宅を建てるデメリットは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を3階にすると総床面積が増えるのはいいのですが、階段も1つ多くなることになります。そうなると、そのスペースが無駄に感じてしまいますし、視覚的にも邪魔になる場合があります。また、若い人はともかく、年齢を重ねてくると、3階まで登るのがつらくなるのもデメリットだといえるでしょう。ちなみに、家族で暮らしている場合、子どもが独立したら家を売って利便性の高いマンションを購入するといったケースもあります。あるいは、老後は田舎で暮らしたいと考えている人もいるでしょう。ただ、3階建ての家はあまり一般的でないため、どちらかといえば売れにくく、資産価値も下がりがちです。そのため、家を建てる際には、いかにして資産価値の高い建物にするかといった視点が重要になってきます。そして、忘れてはならないのが耐震性の問題です。3階建の家とは単純にいえば、2階建の家にもう1階分の建物が乗っている形

» 続きを読む

2021年3月12日12:00|カテゴリー:ブログ