ブログ
注文住宅の玄関アプローチ、奥行きが大事?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の玄関アプローチ作りをするのなら、まずはその動線から考えていきましょう。道路や駐車場から玄関に入るまでの動きを予測して、どのような形ならアプローチしやすいのかを考慮しないと、使い心地が悪くなってしまう可能性があります。どれくらいの広さを玄関アプローチに用いるのかによっても異なりますが、同じ敷地面積であったとしても、動線によって歩く距離や見映えも全く違うものになるのは確かです。工夫次第で奥行きを感じさせることもできるでしょう。階段やスロープの方向は玄関に対して直線的であるのが一般的ではありますが、敢えて斜めに角度を付けたり、横向きにしたりする方法もあります。斜めにすれば狭い敷地でも広く見せることができますし、横向きなら正面をすっきりと見せられるでしょう。ほかにも、敷石をジグザグに敷くという方法もあります。こうすることで視覚的に広く見える効果があるので、アプロー

» 続きを読む

2020年12月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関の屋根、素材は?
みなさんこんにちは^^!素材を考えることも注文住宅の玄関の屋根においては大切です。瓦やガルバリウム鋼板、化粧スレートなど、新築住宅全体の屋根と同じように素材を選ぶことができます。ただ、極端な例ですが、家自体の屋根がモダン風なのに玄関の屋根には日本瓦を使うとなると、デザインのバランスは大きく崩れてしまいます。通常であれば、デザインの統一感を出すために住宅全体の屋根と同じものにしたほうが良いでしょう。どんな屋根にするのかによって印象は大きく異なりますが、家全体のテーマや系統を考えたものにするのがベストです。さらに深く考えるべき点としては、屋根の機能性が挙げられるでしょう。屋根の素材によって寿命は異なりますし、耐久性やメンテナンスの必要性も差が出てきます。化粧スレートの場合は色合いが豊富な代わりに寿命が20年程度と短いですが、日本瓦は強度が高く50年以上は持つと考えられています。このように、素材

» 続きを読む

2020年12月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関の屋根、建ぺい率は見落としがち?
みなさんこんにちは^^!注文住宅で玄関ポーチの屋根をカスタマイズするのなら、そのサイズについて考えましょう。奥行きがないと雨や雪の日に傘を差したり、たたんだりする際に身体が濡れてしまう可能性が高いです。奥行きがあれば、それだけ雨風をしのぎやすいですが、屋根が大きければ大きいほど良いというものでもありません。家全体のバランスを始め、玄関ポーチ自体の広さの問題もありますから、ちょうど良いと感じられる大きさにするのが望ましいでしょう。ただ、玄関の屋根のサイズを考えるときに考慮すべき問題に建ぺい率があります。玄関の屋根部分は本来、建物面積には含まれない部分なので、あまり考えることではありません。しかし、玄関の屋根サイズが1mを超えてしまう場合、建築面積に算入することになります。1mを超えていなかったとしても壁で囲われている、柱で支えている場合も算入されますので注意してください。建ぺい率を超えると違

» 続きを読む

2020年12月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関の屋根、その役割は?
みなさんこんにちは^^!玄関の屋根には大きく分けて4つの役割があります。1つは雨や雪が降り込むのを防いでくれる役割です。屋根がないと雨や雪で玄関ポーチは濡れてしまいますし、傘を差していた場合、玄関の前でたたむと身体も濡れてしまいます。だからといって、玄関の中に入ってからだと、家の中がびしょ濡れになってしまう可能性もありますから、住みやすさを考えるのならとても重要なポイントです。次に、直射日光を避ける役割もあります。直射日光があると強い日差しが玄関ポーチや玄関の中まで入り込むので、熱を通して暑さを感じやすくなるため、屋根で防がなければなりません。3点目は玄関ポーチの汚れを防止することです。1つ目と似ていますが、雨や雪によって濡れるとそれだけ汚れやすいというデメリットがあります。外で風や雨にさらされる部分ではあるので屋根があってもどうしても汚れはするものですが、掃除すべき頻度は大きく変わるでし

» 続きを読む

2020年12月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のポストはサイズも重要?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の玄関のポストを単に好みのデザインだけで選んでしまうと、大きな郵便物では入らない可能性が考えられます。きちんと入らなければ配達する側に迷惑がかかってしまいますし、盗難リスクの面でも良くはありません。大きな郵便物でもきちんと納まるようなポスト選びをしましょう。家に届く郵便物の種類を把握したうえで選ぶことも大切ですが、長年使うとなると時間とともに郵便の状況は変わる可能性もあります。どんな荷物でも対応できるように、大型配達物も問題なく入るような大型のポストも検討してみると良いでしょう。また、外出している時間が長い人も、ポストの容量に気を配る必要があります。こまめにきちんとチェックしているのならあまり問題視しなくても大丈夫な部分ではありますが、一度に多くの配達物が届くこともないとは限りません。そんなときでも問題なくポストに入れられるように、余裕のある大きさにするのが

» 続きを読む

2020年12月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のポストは豊富な種類の中から選ぼう!
みなさんこんにちは^^!ポストらしいデザインを強調したいのであれば、独立したタイプのものがおすすめです。個性的なデザインが豊富にあるので、好みのものを見つけやすいでしょう。また、独立したポストは設置場所を自由にカスタマイズできるというメリットがあります。この場合、一般的には道路側に面した所に置くものですが、希望によっては玄関ドアのすぐそばや階段の横など、好きな所を選ぶことも可能です。玄関のドアや門に設置するタイプの場合、表側はできる限りシンプルでわかりやすいデザインのものがおすすめです。もし、デザインや設置場所を変えたいと思った場合、簡単な施工で変更もできます。門やドア、壁に設置する場合にはできる限りシンプルなデザインのものを選んだほうが良いでしょう。独立したポストのように気軽な変更はなかなか難しいですから、数十年経っても飽きが来ないようなものにするのが無難です。また、シンプルでポストだと

» 続きを読む

2020年12月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅のポストのおすすめの設置場所は?
みなさんこんにちは^^!ポスト自体のデザインは豊富にありますが、設置場所に関しては主に3つに分けられます。1つは道路に面したところ、もう1つはアプローチやポーチなどといった玄関から近いところ、そして最後は玄関の扉や壁です。道路に面していると、郵便物を配達する側がポストに入れやすいという面があります。ただ、誰でも触りやすい場所であるため、盗難のリスクがありますし、玄関からは一番遠いので取りに行くのが面倒でもあるのが特徴です。アプローチやポーチへの設置は道路よりも奥になるため、防犯性は少し高まります。しかし、それでも同じように盗難リスクは避けにくいでしょう。玄関の扉や壁に埋め込んでおくタイプの場合、家の内側から郵便物をチェックできる、盗難されないというメリットがあります。ただし、デザインにもよりますが、郵便物を届ける側にとってはポストを見つけにくくなってしまいます。町の回覧板や大型の封筒など、

» 続きを読む

2020年12月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関に必要なポストの選び方は?
みなさんこんにちは^^!玄関に設置するポストというとどのようなものをイメージしますか?実際のところ、ポストのデザインや設置場所のバリエーションはさまざまです。設置場所によってどんなタイプのポストが置けるのかも異なります。郵便物や新聞が届く大切なスペースですから、毎日の使い心地の良さを考えたポスト選びをしましょう。新築の玄関を建てるためのポスト選びでまず考えるべきなのは、ポストの設置場所です。設置場所には主に、道路沿い、玄関ポーチ内、玄関の壁の3ヶ所あります。道路沿いなら投函してもらいやすいし、住宅の敷地内には入ってこないのが魅力です。玄関の壁なら郵便物が盗難されない、自宅から出ないで確認できるといったメリットがあります。このように、場所によって特長が大きく異なりますから、優先させたい要素を考慮しつつ、最適なポストを選びましょう。また、新築で住宅を建てるなら、ポストそのものの種類やサイズにつ

» 続きを読む

2020年12月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関の屋根の選び方は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てるとき、図面をチェックさせてもらえますが、このときに見落としてしまいがちな項目があります。図面には具体的なデザインについて表示しにくい屋根の部分です。雨さえ防いでくれるのならそれで良いと思うかもしれませんが、せっかくの新築ですからきちんとこだわりを持ちましょう。玄関の屋根というと雨や雪などの悪天候から身を守ってくれるというイメージが強いかもしれません。しかし、実は玄関の屋根には数多くの役割があります。直射日光を避けるため、玄関ポーチの汚れやすくしないため、デザインを強調するためなどです。新築で玄関についてカスタマイズするのであれば、これらの役割を活かせるような玄関の屋根を考えていきましょう。特に新築の場合はまず注意しなければならないのが建ぺい率です。1mを超える玄関の屋根の場合、建築面積に算入されてしまい、違法建築となります。限界の大きさとしては1m以

» 続きを読む

2020年12月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の玄関アプローチをおしゃれにするポイントは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際、内装や外装へのこだわりを持たれる方は多くいらっしゃいます。たしかに新しく家を建てるときに住みやすさを考える上で内装や外装はとても重要なポイントです。しかし、外にある玄関やその周りにも気を配ることをおすすめします。玄関は毎日外出する時や帰宅するときに通り、目にする場所ですし、家の顔とも言えるスペースです。玄関アプローチとは、道路や駐車場から玄関に向かうまでのスペース、あるいはその行き方を指します。いわゆる玄関というよりは、玄関周りに該当するスペースではありますが、デザインや使いやすさを考える上では欠かせない部分になります。新築で住宅を建てるときには細かく設計したほうが、玄関への入りやすさや出やすさは格段に異なります。玄関へのアプローチの動線によって、階段とスロープの設置箇所やスタイルは大きく変える必要があるでしょう。新築の玄関を設計する際、まず考え

» 続きを読む

2020年12月12日12:00|カテゴリー:ブログ