ブログ
注文住宅の一般的なトイレの広さはどれぐらい?
みなさんこんにちは^^!植物が好きな人は中庭を広めにしたり、読書が好きな人は壁一面を本棚にした書斎を作ったりと、自分好みの家を作ることができるのが注文住宅の良いところであり、住む人の楽しみともなるところです。趣味や家族の団らんに使う空間と同じように、キッチンやバスルーム、トイレなどの生活空間もどのくらいのスペースを割くか自由に選ぶことができます。トイレのサイズには一般的に大きく分けて3つのタイプがあります。基本的な広さのトイレである0.75〜1畳タイプは、奥行きは120〜160cm、幅は半間ほどになります。この広さでは手洗い器が付いた便器が設置されていることが多いですが、小型のものを選べば手洗い器だけ別に取り付けることもできます。次に、少し広めの1.5畳タイプは1畳タイプより間口を広くとることができ、スペースに余裕があることから手洗い器もカウンターや収納棚が付いたものを設置できます。便器側

» 続きを読む

2020年2月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるには計画性が大切?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際には、建売住宅を購入する場合とは違った流れがあり、建物の引き渡しの前に、段階的な費用の支払いも必要です。土地や建築会社を選択したり、土地代金や建築費用を支払ったりと、いくつかの流れがあります。土地を選ぶ際には、利便性や環境、将来性など、さまざまな要因を考慮しつつ、優先順位を設けて土地を選ぶと良いでしょう。建築条件付きの土地を購入すると、建築会社の選択や、住宅の建築期間に制限が生じます。また、エリアによって、建ぺい率や容積率といった、法的制限がある場合もあるので、注意が必要です。費用の支払い方も、建売住宅を購入する場合とは異なり、土地代金、着工金、手付金など、段階的に支払う必要があります。そのため、住宅ローンを組んでも、ローンが実行される前に、ある程度の費用を支払わなければならないこともあり、自己資金が無い場合には、つなぎ融資を受ける。という選択肢も

» 続きを読む

2020年2月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる時、住宅ローンで払えない費用は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際には、住宅ローンでは払えない費用が発生することがあるので注意が必要です。一般的に住宅ローンで借り入れたお金が下りるのは、工事が終わって建物を引き渡す際です。そのため、土地購入代や着工金、手付金、中間金など、住宅ローンの実行前に支払う必要がある費用はつなぎ融資を借りたり、自分たちで別にお金を用意したりする必要があるかもしれません。ただし、金融機関によっては、土地の購入と住宅の建設の具体的なプランが決まっている場合、土地購入代金を先行して融資してくれるところもあります。また、建築会社が提携している金融機関を利用することで、土地代だけではなく着工金や手付金も先行融資してくれる場合もあるでしょう。自分たちで資金を準備できない場合、土地代と建築費用をまとめて住宅ローンとして借り入れることができれば、金利が割高なつなぎ融資を利用しなくて済むだけでなく、土地代も

» 続きを読む

2020年2月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる際に必要な費用は?
みなさんこんにちは^^!土地を購入する際には、契約時に物件価格の中から手付金を支払います。手付金は物件価格の10%程度のことが多く、手付金を支払った後で買主側の都合で契約解除する場合には、手付金が戻ってこないことがあるため注意が必要です。また、物件価格から手付金を差し引いた残代金を、土地の引き渡し前に支払わなければならないことがあります。ほかにも、不動産売買の仲介手数料や登記費用などの諸費用として、土地代の6~10%程度が必要になるでしょう。また、家の建築に際しては見積もり作成時に地盤調査費用、工事請負契約時に工事契約金として工事費の約10%、着工事には着工金として工事費の約30%が必要になります。着工後にも、上棟時には中間金として工事費の約30%を支払う必要があり、引き渡し前には、建築費の残代金や建築の登記費用が必要です。注文住宅を建築する際には、このように段階的に費用を支払う点が建売住

» 続きを読む

2020年2月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の平均の広さはどれぐらい?
みなさんこんにちは^^!家を建てる際には予算によって購入できる土地の広さが違ってきますが、家を建てるエリアによってもどのくらいの大きさの家が建てられるかが異なります。それは、都市計画などによってエリアごとの建ぺい率や容積率の上限が異なるためです。建ぺい率とは、土地の広さに対する建築面積の割合のことで、建物を上から投影した際の面積です。一方、容積率とは土地の広さに対する延べ床面積の割合です。ですから、建てたい家の大きさが決まっている場合、家の大きさから必要な土地の大きさを計算することもできます。たとえば、延べ床面積30坪のコンパクトハウスを建てると仮定し、建ぺい率の上限が50%の土地に1階部分と2階部分の面積が同じ箱型の家を建てるとします。建築面積は延べ床面積の半分になるため15坪です。土地の広さは「建築面積×100÷建ぺい率」で計算できるため、この場合15坪×100÷50で最低でも30坪の

» 続きを読む

2020年2月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるには土地と建築会社、どちらを先に決める?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際には土地探しと建築会社探しのどちらを先にするのかで、家を建てる際の条件が変わる場合があります。たとえば、建築条件付きの土地を購入すると建設会社を自由に選べなくなります。建築条件付きの土地とは、土地の売主が指定した建築会社で、一定期間内に家を建てなければいけないという条件付きの土地です。建築会社は1社の場合もありますし、複数の会社から選べる場合もあります。プランもいくつかのプランから選択する場合やフリープランまでさまざまです。それ以外の場合には、土地も建築会社も自由に選べます。しかし、エリアによっては購入した土地に法的制限や、道路や隣地による規制、低層住宅地の高さ規制などいろいろな制約があるため、その土地に自分が想像している家が建てられるか事前に確認することは重要です。理想的には、土地を購入する前に建築会社にも相談をして、この土地ならばどのような家が

» 続きを読む

2020年2月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる土地はどこで買う?
みなさんこんにちは^^!家を建てるための土地を探すには、いくつかの方法があります。たとえば、不動産屋を通して探したり、建設会社を通して探したり、直接土地の持ち主と交渉したりすることができます。そして、実際どの方法を選べば良いのかは、どこにどのような家を建てたいかによるでしょう。土地に関しての条件は面積や利便性、周囲の環境などが挙げられます。また、家は長期に渡って所有するものですから、将来性や地盤などの条件もクリアしている土地を見つけられれば理想的です。また、不動産会社や建設会社には地元系とネットワーク系があります。地元や勤務先への通勤可能範囲内に家を建てたいなどの希望がある場合には地元系の会社が、広い範囲でより良い条件の土地を探したい場合にはネットワーク系の会社に相談することで、より条件にマッチした土地を探すことができるでしょう。ここで注意したいのが、不動産会社の中には土地購入の際に仲介手

» 続きを読む

2020年2月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を二世帯住宅にしたら税金は安くなる?
みなさんこんにちは^^!税金の節約という面でも二世帯住宅は役立ちます。まず、相続税対策になる場合があります。二世帯住宅の場合には「小規模宅地等の特例」が適用されるのです。 この特例は、相続する居住用、事業用の土地などに対して、一定の面積まで相続税の評価額を減額するものになります。これは、親と同居していた人、二世帯住宅に住む人に適用されるもので、80%も減額されるのです。 ケースによっては相続税がかからない場合もあるので、税金の節約になるでしょう。この特例を適用してもらうためには、相続税申請書の提出が必須になるので忘れないように気を付けましょう。 また、二世帯住宅の優遇措置を受けられる可能性もあります。二世帯住宅にすることによって、不動産取得税、土地や建物の固定資産税の軽減といった優遇措置が受けられるのです。この優遇措置を受けるためには、建物の構造が二世帯に分かれていることが条件になります。

» 続きを読む

2020年2月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を二世帯にするメリットは?
みなさんこんにちは^^!二世帯住宅は、経済面でのメリットも大きいでしょう。土地や資金をお互いに出し合えるので、それぞれの負担が少なくて済みます。二世帯住宅の場合には一般的に、親世帯の持っている土地に子世帯がローンを組んで家を建て替えるといったケースが多いです。子世帯は土地購入の資金が浮くことになりますし、親世帯は少ない自己資金で家を建て替えることができるので、双方にとってメリットがあります。親世帯は、交通の便や環境の良い場所に土地を持っているケースも多いです。条件のいい土地はそれだけ土地代が高くなりますが、親世帯が持っている土地を提供してもらうことによって土地代という問題を解決できます。資金的にも余裕ができますから、暮らしやすい住宅を作ることができるのもメリットです。生活費の面でもお互いに助け合うことができるでしょう。一緒に暮らしていることによって、建物のメンテナンス費用を分担することがで

» 続きを読む

2020年2月12日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でペアローンを活用するデメリットは?
みなさんこんにちは^^!ペアローンは確かに夫婦それぞれ団信に加入できるという点がメリットになっています。ただ、万一どちらかが死亡した場合、加入していた団信から残債に充当されるのは、死亡した方の住宅ローン分だけであるため、団信の効果が薄まっています。 つまり、ペアローンではない場合、夫1人の債務で団信に加入していれば、夫が死亡すると団信が残債に充当され、それ以後の住宅ローンは支払う必要がなくなります。しかし、ペアローンの場合は、夫が死亡して団信が適用されても妻の分の債務は残り、妻は自分の住宅ローンを払い続けなければなりません。 ペアローンのデメリットとしては、ほかにも諸費用が増えるという点があります。住宅ローンを2つ組むことになるため、手続きに必要な登記費用や司法書士報酬、印紙代などがすべて2倍になってしまうのです。 また、ペアローンにして借入額そのものが膨らんでしまうということは、デメリッ

» 続きを読む

2020年2月10日12:00|カテゴリー:ブログ