ブログ
注文住宅を購入する際の住宅ローン。審査が通りにくいのは?
みなさんこんにちは^^!住宅ローンの審査項目は多岐に渡ります。審査項目を大きくわけると、申込者本人に関する項目と、購入する土地や建物などの担保評価の2つになります。実はこれが住宅ローンの審査が通りにくいと言われている理由にもなっています。申込者本人の審査で重視されるのは、借り入れした時と完済した時の年齢、年収、勤続年数、返済負担率、健康状態などです。担保評価とは住宅ローンの融資後、もし債務者が返済できなくなった時に住宅を押さえるためで、金融会社は物件を売却してお金を回収することになります。もし物件の評価が低い場合、審査に通る確率は低くなります。なるべく住宅ローンの審査に通るためには、普段から地道に生活していくことが重要です。住宅ローンの審査では、金融機関から信用情報センターへ問い合わせが入ります。この信用情報に傷がついている場合、審査に通らない可能性が出てきます。たとえば、クレジットカード

» 続きを読む

2019年12月6日12:00|カテゴリー:ブログ