ブログ
注文住宅で使われる木材の種類は?
みなさんこんにちは^^!ヒノキは日本を代表する建築木材です。耐水性があり虫や菌などに強いのが特徴で、古くから構造材として使われてきました。生育期間がスギなどと比べて非常に長いことから高級木材となっています。ヒバもヒノキ同様、水やシロアリ、菌などに強いのが大きなメリットです。ヒノキチオールという精油成分が入っているため殺菌力が高く、浴槽や高級まな板の材料になることもあります。構造材としては柱や土台などに使われています。昔からある高級木材といえばケヤキも忘れてはいけません。材質が硬く耐久性に優れているため大黒柱にも用いられます。ただし、その硬質さから扱いが難しく、職人の腕が試される木材と言っても良いでしょう。日本でなじみ深いもうひとつの木材といえばスギです。成長が比較的早いことなどから全国各地に杉林があり、材質が柔らかく扱いやすいことも手伝って安い値段で出回っています。構造材のみならず、和室の

» 続きを読む

2019年11月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の制震と免震の違いは?
みなさんこんにちは^^!揺れを分散させ建物を地震の被害から守るという制震装置の仕組みは、免震装置の仕組みと類似する点もあります。制震と免震にはどのような違いがあるのでしょうか。まず、制震と免震の大きな違いとして挙げられるのが「建物に揺れが伝わるか否か」です。免震装置は、建物の下にある地盤に設置します。地震が発生した際には、建物と装置の間にある空間で揺れを吸収するため建物に揺れは伝わりません。制震装置の場合は、建物の柱や梁に装置を取り付けるため、揺れは建物に伝わります。揺れの力を吸収するプロセスに大きな違いがあるのです。また、工法や費用にも明確な違いがあります。免震装置は建物の下、地盤に設置されるのに対し、制震装置は建物内の柱などに埋め込まれます。免震装置は建物の地盤に設置をするため、後付けができず設置費用も350万円から550万円程度になります。一方、制震装置は後付けもでき、設置費用は30

» 続きを読む

2019年11月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で制震住宅を選ぶメリットとデメリットは?
みなさんこんにちは^^!制震とは、建物に伝わる揺れを別のエネルギーに変換してダメージを軽減する性能のことです。制震住宅を選ぶメリットは、「2階以上の上階の揺れが軽減される」、「強風や台風の影響を受けにくくなる」、「建物損傷のリスクが少ない」などが挙げられます。2階以上の階に伝わる揺れが大幅に軽減される制震住宅は、家具転倒を予防することに効果的です。また、制震住宅は地震の揺れが直接建物に伝わることを軽減する働きを持ちます。耐震住宅は建物の基礎や壁を強固に固め、地震の揺れに耐える仕組みですが、ダメージが建物に蓄積しやすいです。制震住宅ならば、建物の柱などの間に揺れを吸収する装置を設置することで建物を地震の被害から守ります。揺れ自体が吸収される作りになっているため、住宅にダメージが蓄積せず劣化を防止します。制震住宅を選ぶデメリットには、「制震装置を設置する位置や数によって効果に差が出やすい」点が

» 続きを読む

2019年11月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の基礎を長持ちさせる方法は?
みなさんこんにちは^^!住宅の基礎は、一度劣化が進んでしまうと立て直しが難しい部分です。住宅の基礎を長持ちさせ、住まいに長く住み続けるためには、どのようなメンテナンスを行うのが良いのでしょうか。まず、木造建築の場合は、シロアリや湿気、水回りの対策をしっかりと行うことが大切です。風呂やキッチンなどからの水漏れや、水滴が漏れやすいなどの問題がある場合、そこからカビが発生するケースもあります。住宅の寿命を縮めてしまう可能性もあるため、注意が必要です。住宅に鉄筋を使っている場合は、耐水性を高める機能を設置するのが望ましいでしょう。住宅のメンテナンスを行う際には、自身の住宅環境がどのような状態なのかを見極める必要があります。新築の場合は、施工業者が無料点検を行うケースが多く、1年、5年、10年など経年に合った調査を行います。しかし、その後の点検は自身で業者に依頼するか、自分の手で行わなくてはいけませ

» 続きを読む

2019年11月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の基礎の寿命はどれぐらい?
みなさんこんにちは^^!日本は、住宅が寿命を迎える前に新しい住居を建てる傾向があります。それでは、経年の劣化による住宅の寿命は何年程度なのでしょうか。住宅基礎の寿命は、30年から60年程度といわれています。これは、住宅の基礎を作るために用いられる鉄とコンクリートの寿命を表しています。住宅基礎に用いられるコンクリートは、半永久的に持つ材ですが、鉄筋は錆びると強度が落ちてしまいます。コンクリートが中性化され、中の鉄骨が約20%錆びついてしまったときに、基礎は寿命を迎えるといわれています。それでは、基礎の上に立つ住居はどの程度持つものなのでしょうか。税法(税金に関する法規の総称)上で定められた耐久年数は、木造が22年、鉄骨が34年、鉄筋が47年です。しかし、材に合ったメンテナンスを行えば、木造の場合は30年から80年程度、鉄骨は30年から60年程度、鉄筋は50年から90年程度持つといわれています

» 続きを読む

2019年11月22日12:00|カテゴリー:ブログ

基礎が高い注文住宅を建てるデメリットは?
みなさんこんにちは^^!住宅の基礎が高いと起こるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、基礎の高さがある住宅は、出入り口に高低差ができるため、お年寄り、子供、身体的なハンディキャップを持つ方は利用しにくくなります。バリアフリーに反する住宅になってしまいやすいため、リフォームやリノベーションが必要になりやすいです。また、「耐震性が低下してしまう点」もデメリットといえるでしょう。基礎の高い家は、重心が高くなってしまいやすいため、耐震性が低下しがちです。木造で建築する場合などには、金物の材を使用し、耐震性を高める必要があります。ある程度の耐震性を確保しつつ、基礎の高い住宅を作ることは難しいため、工事の費用も高くなってしまいがちです。土地によっては地盤改良が必要になるケースもあり、施工期間も長くなります。住宅基礎を高くするメリットを得ながらも、デメリットを回避するには「住宅にとって最

» 続きを読む

2019年11月20日12:00|カテゴリー:ブログ

基礎が高い注文住宅を建てるメリットは?
みなさんこんにちは^^!住宅基礎とは、住宅自体を支える土台のような役割を持ちます。日本の住宅は、基礎が高いものが多いです。高床式と呼ばれるこれらの住宅が多く用いられるのは、なぜなのでしょうか。それは、日本の気候風土と関係があります。世界的な水準で見ると日本は湿度が高い国です。湿気が高い地域は基礎を高くし、基礎や床下に湿気がこもることを避けてきました。日本も例外ではなく、昔から高床式の倉庫や住居が発達してきたのです。日本は、木材を使用し住居を立てるケースが多かったため、湿気対策は必要不可欠です。床下に湿気が溜まると、木材の劣化を早め住宅の寿命が短くなります。高床式の住宅の中には、地面から住宅までの基礎高が1mを超えるものもあります。ちなみに、日本でも洪水が多い地域では高床式の建築が避けられていました。一段高く土を盛った箇所に石垣を積んで地盤を作り、避難後の生活場所として別棟を作っていたのです

» 続きを読む

2019年11月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅購入で登記簿謄本を取得!注意点は?
みなさんこんにちは^^!不動産登記簿の登記簿謄本は、登記事項証明書交付申請書に必要事項を記入して提出するだけで取得できます。交付申請書は、法務局の不動産登記部門に備え付けられているので、まずは最寄りの法務局の窓口まで行ってみましょう。直接法務局に行って交付手続きができない場合は、郵送で請求が可能です。登記簿謄本を取りたい不動産の管轄法務局へ、申請書と収入印紙、返信用の切手を郵送しましょう。収入印紙は郵便局でも購入できます。費用は窓口で請求する場合と同様、不動産1個につき600円ですが、返信用切手の代金が必要です。切手の金額は1通で80円、2通で90円が目安ですが、3通以上請求する場合は返信用切手の金額を管轄法務局へ問い合わせてみましょう。また、1通あたりの枚数が50枚を超える場合には,超過した枚数50枚ごとに100円が加算されます。登記簿謄本を取得するあたり、印鑑や身分証明書、委任状などは

» 続きを読む

2019年11月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で分離発注するデメリットは?
みなさんこんにちは^^!分離発注をした場合のデメリットは、一括発注で受けられる瑕疵担保履行法による10年保証を受けられなくなることです。瑕疵担保履行法とは、2009年に開始された新築住宅に対してかけられる保険で、工事を請け負う工務店など業者を介して加入できます。この保険に加入すれば住宅が損傷を負った場合、最大10年間は補償を受けることができるのです。しかし、分離発注は工務店を介さないで自身で建築業務をすすめます。そのため、一括発注の際は義務付けられている瑕疵担保履行法の加入ができなくなるのです。また、工事は各専門業者にそれぞれ依頼して行うので、一括でない分離発注は責任者を依頼主がやります。工務店などの専門的な業務が本業でない依頼主は、常に建築現場にいられるとは限りません。そのため、現場を管理する責任者が不在になる場合があり、現場がまとまらないケースがあるのもデメリットです。そのため、瑕疵が

» 続きを読む

2019年11月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を分離発注するメリットは?
みなさんこんにちは^^!分離発注は、依頼主が現場監督的な役割を果たすために、各専門業者と直にコミュニケーションを取る必要があります。そのため、誰かが仲介に入ることがないので自分の要望を伝えやすくなり、直に顔を合わせて話をすることで依頼主と業者の意思疎通がスムーズに行うことが可能です。その結果、要望が間違って業者に伝わるというトラブルも避けられます。また、各専門業者はそれぞれの分野のプロなので、プロの意見やアドバイスを現場で活かせることが可能です。高い専門知識やスキルを活かして住宅建築をすすめられることができます。また、各業者は依頼主へ直接見積もりを提出するため、各工事にかかる費用がどれくらいになるのかを常に把握できることもメリットです。間違った見積もりが出ていてもすぐに修正することができ、明確にコストを検証することができます。どの工事に具体的にどれくらいの費用がかかり、どの工事のコストを抑

» 続きを読む

2019年11月12日12:00|カテゴリー:ブログ