ブログ
注文住宅で無垢材を使うとお手入れは大変?
みなさんこんにちは^^!一般的に無垢材は傷がつきやすくお手入れが大変、集成材のほうは傷がつきにくくお手入れがしやすいといわれています。実は一概にそうとも言い切れません。たとえば、無垢材でもケヤキやウォールナットのような硬度の高い木材が存在します。材質が硬いのであれば傷はつきにくいため、一般的にいわれている無垢材のデメリットをカバーすることができます。集成材も使っている接着剤の種類や加工の仕方によっては、質が悪く壊れやすいケースが出てきます。どちらを選ぶにしても、大切なのは質の良い木材であるかどうかです。また、いくら良い木材を使っても施工する職人の腕が良くなければ、木材のデメリットを強調してしまう可能性があります。無垢材は家の一部になっても常に呼吸をしています。そのため、湿気の多い夏には膨張し、乾燥している冬には収縮する性質があります。その特徴を理解して施工しないと、フローリングにすき間がで

» 続きを読む

2019年10月28日12:00|カテゴリー:ブログ