ブログ
注文住宅の外壁を塗り壁にするメリットとデメリットは?
みなさんこんにちは^^!塗り壁の魅力はシンプルでありながらも独特の風合いを味わえる点です。左官職人のコテさばきや刷毛の使い方で、何通りにも仕上げ方を変えることができるうえに、カラーバリエーションも豊富。壁材にガラスや天然石を混ぜたり、タイルやレンガを組み合わせたりすることも可能です。凝った形の家でも塗り壁なら形状に合わせやすく、継ぎ目ができないのもメリットです。デメリットは、壁材が乾いて硬くなるまで時間がかかるため工期が長いという点と、汚れが目立ちやすく、ひび割れもできやすいという点です。塗り壁の素材には伸縮性がないものが多いため、密着している下地部分が伸縮するとひびが入りやすいのです。ただし、ひびが入りにくい伸縮性のある素材が塗り壁に使用されるようになり、デメリットは軽減されてきています。タイルやサイディングと塗り壁の大きな違いは、工場で作られた壁材を並べるものか、手作業で仕上げられる唯

» 続きを読む

2019年10月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で無垢材を使うとお手入れは大変?
みなさんこんにちは^^!一般的に無垢材は傷がつきやすくお手入れが大変、集成材のほうは傷がつきにくくお手入れがしやすいといわれています。実は一概にそうとも言い切れません。たとえば、無垢材でもケヤキやウォールナットのような硬度の高い木材が存在します。材質が硬いのであれば傷はつきにくいため、一般的にいわれている無垢材のデメリットをカバーすることができます。集成材も使っている接着剤の種類や加工の仕方によっては、質が悪く壊れやすいケースが出てきます。どちらを選ぶにしても、大切なのは質の良い木材であるかどうかです。また、いくら良い木材を使っても施工する職人の腕が良くなければ、木材のデメリットを強調してしまう可能性があります。無垢材は家の一部になっても常に呼吸をしています。そのため、湿気の多い夏には膨張し、乾燥している冬には収縮する性質があります。その特徴を理解して施工しないと、フローリングにすき間がで

» 続きを読む

2019年10月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の木材選びは?
みなさんこんにちは^^!木材を選ぶうえで、新しい家での暮らしを考えることはとても重要です。家族構成、ライフスタイルなどを考慮にいれて、どのように木材を選べばいいか考えていきましょう。まず家族構成についてです。もし小さな子どもやお年寄りがいる家庭なら、動きやすく安全であることが第一。天然の木をそのまま活かした無垢材は肌触りが柔らかく、フローリングにおすすめです。集成材だとどうしても材質が硬く、歩いたときの衝撃がそのまま足に伝わるためお年寄りにはあまり優しくありません。逆に遊び盛りの小学生がいる場合は、ヒビや割れが入りにくい集成材はおすすめです。次に家族のライフスタイルについて考えます。木のぬくもりを感じてリラックスしたいなら、無垢材が良いでしょう。木が持つ風合いや木目の美しさ、芳香の良さなどは無垢材ならではの長所です。夏は涼しく冬は温かいのもメリットのひとつ。自然の風を取り入れたナチュラルな

» 続きを読む

2019年10月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の延床面積が小さいと坪単価は高くなる?
みなさんこんにちは^^!延べ床面積が小さければ、かかってくる費用も安くなると勘違いをしやすいのですが、坪単価は、建物の延べ床面積が小さくなるにつれて、割高になっていく傾向があります。というのも、延べ床面積を小さくしてもバスルームやキッチン、トイレなどの住宅設備を取り除くわけにはいきません。これらの設備は通常のフロアなどと比べると、面積当たりにかかる費用が高いので、延べ床面積が小さいほうが、坪単価は高くなってしまうというわけです。延べ床面積の縮小にともなって、坪単価も安くしたいのであれば、トイレやキッチンなどの設備のグレードを、下げる必要がでてきてしまいます。また、延べ床面積を小さくしたからといって、建材の運搬費用や人件費が抑えられるとは限りません。流通業界において、一度にたくさんの商品を運んだほうが経済効率はよいように、家を建てる際にも、小さい家よりも大きい家を建てるときのほうが、効率的に

» 続きを読む

2019年10月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅の住宅ローン。頭金がなくても大丈夫?
みなさんこんにちは^^!フラット35にかぎらず、まとまった頭金があれば金利が安くなって、同じ借入額でも総返済額が下がる可能性があります。では、頭金なしで4000万円の借り入れをする場合と、500万円の頭金を用意したうえで4000万円の借り入れをする場合の2パターンで、1カ月あたりの返済額を計算してみましょう。ここでは、頭金なしの場合の金利を1.790パーセント、頭金500万円の場合の金利を1.350パーセントとして、金利は全期間固定金利、返済期間は35年、30年、25年それぞれのパターン別に概算します。頭金なしのケースでは、返済期間35年とすると月々の返済額は約12万9000円です。返済期間が30年なら月14万4000円、そして25年なら16万6000円となります。つづいて、頭金500万円ありのパターンでは、返済期間が35年なら毎月の返済額は12万円です。そして、返済期間が30年なら13万

» 続きを読む

2019年10月22日12:00|カテゴリー:ブログ

フラット35で住宅ローンを組んで注文住宅を建てるには?
みなさんこんにちは^^!フラット35は、長期間固定金利の安心感を売りにした住宅ローン商品です。フラット35を提供する「住宅金融支援機構」は、「独立行政法人」という国の政策を実行するために設立された特殊法人であるため、公的な機関であるといってもよいでしょう。その事業の公共性によって、フラット35の審査基準は比較的ゆるめだということもあり、人気の住宅ローン商品の1つです。フラット35で頭金なしならいくらの住宅ローンが組めるかは、公式ホームページでシミュレーションすることができます。その際に必要な情報は、年収、融資金利、他のローンで支払っている金額、返済期間、返済方法です。ちなみに、フラット35の返済期間は最長35年とされています。ここでは、月々の返済額をベースとして、フラット35なら頭金なしでいくらの住宅ローンが組めるかを見ていきましょう。月々14万5000円の支払い(ボーナス月の増額なし)で

» 続きを読む

2019年10月20日12:00|カテゴリー:ブログ

年収700万の世帯収入!住宅ローンの返済基準は?
みなさんこんにちは^^!住宅ローンを組むときに注意したいのが、「融資限度額」です。融資限度額とは、金融機関が個人にお金を貸す際の上限として定める金額で、個人の年収、職業や資産状況などによって差が生じます。では、融資限度額はどのように決定されるのでしょうか。一般的に、住宅ローンにおける融資限度額は、「1年間の返済負担率が年収の25パーセントまで」におさまる額とされています。つまり、年収が700万円の個人であれば、1年間の住宅ローン返済額が175万円を超えてはいけないということです。たとえば、年収700万円の人が返済期間30年として、3000万円を1.5パーセントの固定金利で借り入れる場合を考えてみましょう。元利均等返済方式で、ボーナス払いなしとしてシミュレーションすると、月々約10万3000円を返済していくことになります。そうすると、1年間の総支払額は約124万円となり、返済負担率の上限であ

» 続きを読む

2019年10月18日12:00|カテゴリー:ブログ

狭小地はあり?特殊形状の土地を購入するメリットとデメリット
みなさんこんにちは^^!狭小地をはじめとする特殊形状の土地には次のようなものがあります。いずれもメリットはきれいな形の土地よりも安いという点ですが、それぞれデメリットがあります。・狭小地面積が極めて狭い20坪以下の土地です。狭小地は形状にも問題があることが多く、建物を建てにくい点が一番のデメリットです。建ぺい率や容積率が低く抑えられている地域にある場合、建物を建てる場所がほとんどなくなってしまう可能性もあります。よほどのよい条件が他にない限り、家を建てるための土地としてはおすすめできません。・傾斜地斜めになっている土地です。そのままでは建物を建てられない部分が多く、設計によって傾斜を活かした建物を建てるか、削ったり土を盛ったりして土地の形を整えるかする必要があります。・高低差のある土地土地の中に高低差がある場合には、高低差を活かした設計にするか、土地を整形して高低差を無くしてから家を建てる

» 続きを読む

2019年10月16日12:00|カテゴリー:ブログ

旗竿地の土地購入!メリットとデメリットは?
みなさんこんにちは^^!形状の悪い土地の代表格に旗竿地があります。旗竿地の一番のメリットは、形の悪さゆえに安く購入できるという点です。建物の建つ部分が道路よりも奥に入っているため多くの場合は静かです。また、評価額が低いということもあって、固定資産税も安くなります。一方デメリットは、竿の部分の幅に使い勝手が左右されやすい点です。竿が細いと通路にしか使えないのに、その部分の固定資産税も納めなければなりません。竿の部分の幅が十分にあるときは駐車スペースとして使うことができますが、ギリギリ車が停まるくらいの幅の場合には注意が必要です。外構に道幅を取られてしまって、結局購入後に車を停められないことがわかったということもあります。竿部分の奥行きがあると、通路にしか使えないのに、固定資産税がかかってくる部分が多くなります。プライバシーも保たれにくく、風通しも悪くなる傾向が見られるため、よほど立地など他の

» 続きを読む

2019年10月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる土地の形状は?
みなさんこんにちは^^!土地の形状にはいろいろな種類があります。代表的な土地の形状を挙げると次のような種類があります。・正方形や長方形正方形や長方形の土地はほとんどが宅地用に整形されている土地です。ハウスメーカーが造成した分譲地などに多い形です。正方形に近いほど建物を建てやすく人気があります。逆に長方形でも間口が狭すぎたり、奥行きが短すぎたりすると使い勝手が悪いため敬遠されます。・三角地道路などの関係で三角形になってしまった土地です。頂点の部分の使い勝手が悪く、デッドスペースになりやすいため、敬遠されがちな土地です。土地の形に合わせることで個性的な建物になりますが、狭い土地に建てたときには、建物内の部屋の配置や家具の置き場所に苦労することが少なくありません。・旗竿地名前の通り旗竿の形に似ているL字型の土地です。道路に接している部分男間口が狭いと、竿部分を通路にしか使えません。周囲を隣接する

» 続きを読む

2019年10月12日12:00|カテゴリー:ブログ