ブログ
注文住宅の基礎を作る際の注意点は?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の基礎を作る際は、荷重を十分に支えられるかだけではなく、湿気対策も考慮しなければいけません。床下に湿気がこもると、カビが生えたりシロアリやムカデなどの害虫が増えやすくなったりします。基礎には湿害を防ぐ役割もあるので、基礎の種類や建物の構造に合わせて湿気対策を行いましょう。たとえば、基礎を高くすれば、土台となる木材が地面から離れるので、土壌から立ち上る水蒸気の影響を受けにくくなります。さらに、通気性も良くなるため、床下換気の促進にも効果的です。他にも、厚さ6cmほどのコンクリートで床下全体を覆うという対処法もあります。土壌からの湿気を完全にシャットアウトしながら、床面の断熱効果も期待できる方法です。布基礎のように土が露出している部分がある場合は、防湿シートを使って床下を覆う方法もあります。布基礎での施工を検討しているのであれば、防湿シートの導入を考えたほうが良

» 続きを読む

2019年8月2日12:00|カテゴリー:ブログ