ブログ
注文住宅の基礎、フーチングって?
みなさんこんにちは^^!フーチングとは、建物の基礎を構成する一部分で、荷重を分散させる役割があります。床の下には地中梁という、荷重を支える部分があり、フーチングは、地中梁の基部に当たります。地中梁よりも、幅が広くなっているのが特徴です。たとえば、直接基礎の1種である布基礎の場合、T字を逆さにしたような、形状になっています。フーチングが、繋がるような形で、基礎を帯状に、設置するのが布基礎です。住宅基礎としては、代表的な形状の基礎として採用されています。フーチングは、基礎そのものを指すわけではなく、あくまでも地中梁の幅より、広くなっている部分のことです。建物には建物自体の重さだけではなく、家具の重さや住人の重さなど、さまざまな負荷がかかります。幅の狭い基礎よりも広い基礎のほうが、これらの重量を安定して支えられるでしょう。また、基礎幅があまりに狭いと、荷重を支えきれずに倒れてしまいます。そこで、

» 続きを読む

2019年7月28日12:00|カテゴリー:ブログ