ブログ
注文住宅の費用でかかる内訳とは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てるときには、土地の購入と家の建築という2つの段階の手続きを踏むことになります。そのため、住宅資金のうち土地の購入と家の建築に、それぞれいくら割り当てるのかをあらかじめ決めておく必要があります。まず、土地を購入するときに支払うお金の内訳をみていきましょう。 1つめが手付金で、物件価格の5~10%程度が目安となります。2つめは購入物件の残代金で、これは物件価格から手付金と住宅ローンの借入金を引いた金額です。3つめに、購入諸費用として印紙税と仲介手数料などを支払います。仲介手数料はまず購入契約時に半金を支払い、残りは物件の引き渡し時に支払うことになるでしょう。購入諸費用は土地代金に家の工事費用を加えた金額の6~10%が目安となりますが、住宅ローンの借り方などによってはこれより多くなることもあります。次に、家を建築するときに支払うお金ですが、これは4回ほどのタ

» 続きを読む

2019年3月2日12:00|カテゴリー:ブログ