ブログ
注文住宅を購入する時、固定資産税はどれぐらい?
みなさんこんにちは^^! 新築、中古、一戸建て、マンションを問わず、 家を買うと固定資産税の支払いが発生します。 中古の場合は固定資産税がいくらになるか事前に計算できるのですが、 新築一戸建ての場合は建物の固定資産税は、 家が建ったあとじゃないとわかりません。 そこで、固定資産税を概算で計算する方法をお伝えします。 固定資産税率は市町村によって違いますが、 ほとんどの場合で1.4%です。 もし、新しく住む市町村の固定資産税率を知りたい場合は、 「市町村名 固定資産税率」で検索して調べるとわかると思います。 それでは、固定資産評価額の計算方法です。 建物の金額×0.7×0.7 まず、建物の金額からハウスメーカーや工務店の利益を差し引きます。 ここをだいたい3割として計算しています。 その後で、固定資産評価額に計算するために0.7を再び掛けます。 固定資産評価額は公示価格という価格の、 70%

» 続きを読む

2018年4月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で外構費用をおさえるポイントは?
みなさんこんにちは^^! 注文住宅の外構工事にかかるお金には、 施工費と材料費があります。 施工費はわかりやすく言えば人件費です。 施工費は普通あまり安くできない部分ですから、 安すぎる業者は技術力に不安があります。 ですから、節約できるとしたら材料費の部分です。 門扉や表札、門塀など一式で15万円~30万円前後、 玄関アプローチは10万円~15万円前後が相場です。 材質を何にするかによって変動します。 最も差が出るのはコンクリート塀にするか、 フェンスにするかといった点です。 コンクリートで周りを囲むと、 塀の全長にもよりますが、 100万円前後は見ておかなければなりません。 その点、フェンスにすると、 40万円~60万円程度で済みます。 駐車場に関しては、どれくらいコンクリートを敷き、 どんなカーポートを付けるかによって、 50万円~100万円程度まで費用は大きく変わってきます。 外構

» 続きを読む

2018年4月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅におけるお風呂の選び方とは?
みなさんこんにちは^^! 自由に間取りや設備(オプション)を決めることが出来る、 新築一戸建ての注文住宅。 もちろんお風呂だって、 自分好みのデザインや性能で、 選ぶことができます。  一日の疲れを癒す大切なお風呂タイムの為にも、 失敗のない新築のお風呂作りをしていきたいですよね。 新築のお風呂(浴室)を選ぶうえで重要なポイントには、 大きく分けて3つのポイントがあります。  それは、お風呂の色・種類・広さです。  これらのポイントをしっかりと押さえていくことで、 理想のお風呂作りをすることができます。 新築お風呂の種類を決めた後に考えたいのが、 『浴室に設置する窓』についてです。  浴室の窓は、大きめで採光に優れたものが最近の流行です。  しかし、新築お風呂に大きな窓を設置すると、 どうしても気になるのが外からの視線。 位置を工夫しないと、 すりガラスにしてもうっすら人影がわかってしまい

» 続きを読む

2018年4月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で無垢のフローリングを使いたい!気になるメリットとデメリットとは?
みなさんこんにちは^^! 無垢フローリングとは一本の原木から接着剤を使用せず、 必要な寸法に切り出してフローリングとして製材されているため、 木本来の質感や風合いが感じられる唯一のフローリングです。 小口(切れ目)を見ると年輪が見え一枚の木でできていることがわかります。 無垢フローリングは原木からそのまま切り出した木そのものを使用しているため、 木の香りなども感じられ、質感や肌触りなど経年変化による味わいも楽しめ、 雰囲気の良さは抜群です。 木自体が持つ機能として年輪があるため、 夏の湿気によるベタつきや、 冬のひんやりとした冷たさを感じにくいというメリットもあります。 傷をつけてしまった場合、一枚の板から出来ているため削って補修することもできます。 また、柔らかく足への負担が少ないところも長所といえます。 しかし無垢フローリングは吸湿性に優れているため、 床に反りや収縮による隙間が生じる

» 続きを読む

2018年4月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅に風水を取り入れると?
みなさんこんにちは^^! 風水は、大地から湧き上がる自然のエネルギーである「気」の流れを整えて、 運気を上げるという環境学です。 玄関は気が入ってくるところなので、 家の中で最も重要な場所です。 まずは玄関から風水を整えましょう。 玄関は気の入り口なので、 良い気がたくさん入りやすい玄関にしましょう。 それには、広い間口でスペースにゆとりのある玄関が良い風水です。 大きな玄関でなくても玄関をきちんと整理整頓し、 無駄なものを置かず、広々としたかんじにすれば良い風水になります。 それから、明るさも良い気を家に招き入れます。 ですから、風水では南向きの家が良いとされていました。 でも今の住宅事情だと、南向きでもお向かい側に建物があれば陽が差しません。 ですから、南向きの土地にこだわる必要はなく明かり採りの窓をつけるとか、 太陽光の代わりに照明を使って明るい玄関にしましょう。 散らかっていて暗い

» 続きを読む

2018年4月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅における、標準仕様とは?
みなさんこんにちは^^! 注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店では、 各社の商品性を色濃く打ち出したり、 建て主が部材の選択をしやすいように、 標準仕様を設定しています。 これによって、建て主はその住宅会社の特徴を把握することができ、 かつ詳細な打合せを重ねることなく、 初期段階で住宅の価格を知ることができます。 なお、設計事務所との家づくりの場合は、 まったくのゼロベースで間取りを決め、 間取りが決まった後に仕様を決める流れになるため、 そもそも標準仕様という考え方は存在しません。 ハウスメーカーや工務店などの住宅会社は、 あらかじめ標準仕様を設定することによって、 共通の資材を一括して仕入れることができるため、 例えば、一般的に市場に流通しているキッチンよりも、 よりコストパフォーマンスの高いキッチンを、 建て主に提供することが可能になります。 例えばハウスメーカーは、多くの建て主

» 続きを読む

2018年4月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅と建売住宅。どっちがいいの?
みなさん、こんにちは^^! 注文住宅とは、文字通り注文してから建築する住宅のことです。 施主の方と建築会社が何度も打ち合わせをしてから実際に建て始めます。 もともと土地を持っていない場合は、土地を購入するところから始めることになります。 一方建売住宅とは、間取りや仕様が決まっていて、すでに建築済の住宅です。 注文住宅と建売住宅のどちらが良いかは、 その人の価値観によっても違ってきますので、 どちらが良いとはいえません。 建物の品質という点では、 注文住宅の方が優れた仕様にすることができます。 しかし、どちらが良いかは、建物の品質だけでなく、 建てる場所や、周りの人間関係によっても違ってきます。 もともと持っている土地に注文住宅を建てる場合は、 昔からの近所付き合いがあるでしょう。 一方、分譲住宅なら、 周りもよそから来た人ばかりなので、 しがらみのない状態で生活をスタートさせることができま

» 続きを読む

2018年4月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるデメリットとは?
みなさんこんにちは^^! 注文住宅は、図面などで間取りを決めていくので、 慣れていない人はイメージが付きにくいことはデメリットの一つといえるでしょう。 建て売りの場合は、実物を見ながら、 家具の配置なども考えていくことができますが、 注文住宅ではそれができません。 図面では十分の広さだと感じていても、 実際に出来上がってみると思ったよりも狭いと感じることもあります。 また、注文住宅では、手続きや打ち合わせを何度も行う必要があり、 期間が掛かってしまうというデメリットもあります。 着工する前に、地盤調査と場合によっては地盤改良が必要になります。 また図面や資料を行政機関に提出し建築確認申請をする必要もあり、 確認済証が交付されてようやく工事を始めることができます。 さらに、建売住宅に比べ注文住宅の方が、 一般的に多くの費用が掛かるという点もデメリットといえます。 建売住宅では、規格にあった材

» 続きを読む

2018年4月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てるメリットは?
みなさんこんにちは^^! 建売住宅は、誰でも使いやすいような、 比較的無難な設計の物件が多くなっていますが、 注文住宅は、自分の好みに合わせて自由に設計ができるので、 自分好みの家を実現することができます。 自分たち家族の生活スタイルに合った、 自由な間取りに設計することができ、 台所・洗面所・風呂場などの水廻りを近くに集める事も可能です。 壁紙やフローリング、ドアのデザインも、 家を作る段階で自分達の好みのものを選ぶことが可能です。 犬を飼っているなら、ドックランを作る事や、 散歩などで汚れた足を洗える「足洗い場」を設ける事、 ペット用の出入り口を付けることもできますが、 建て売りだと、そのような物件を探さなければなりません。 また、建築現場を実際に見ることができることも注文住宅のメリットです。 建て売りでは、大工さんと顔を合わせる機会はありませんが、 注文住宅なら大工さんと直接話をした

» 続きを読む

2018年4月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる際の見積書におけるチェックポイントとは?
みなさんこんにちは^^! 注文住宅を建てていく過程でよく起こるトラブルの1つに、 建築工事代金に関することがあります。 注文住宅の工事費については、 「思っていた以上に建設費が高くなった」 「後から工務店に追加料金を請求された」 「○○○が別途費用とは聞いていなかった」 などといった大変多くのお金に関する悩みや不満を耳にします。 その原因は明確なものです。 注文住宅の契約のなかに含まれる工事内容がどういったものであるのか、は っきりしていないから起こってしまうトラブルです。 注文建築で家を建てるときには、 注文者(発注者や施主と同じ)と工事請負者(工務店・ハウスメーカー等)の間で、 工事請負契約を結びますが、 その工事請負契約書には、 必ず工事請負代金が記載されているはずです。 この代金のなかに含まれるものを、 注文者と工事請負者の両者でしっかり合意しておくことが、 建築工事費に関するトラ

» 続きを読む

2018年4月12日12:00|カテゴリー:ブログ