ブログ
注文住宅で見落としがちな配線計画とは?
みなさんこんにちは^^!配線計画は、設計の段階から考えておきたい部分です。間取り図ができたら、実際にどのような生活になるのかイメージをすると、配線計画が立てやすくなります。よくありがちな失敗が、コンセントの数が足りないという状況です。数の少なさで失敗しないためには、2畳のスペースに1ヶ所つけるのが、目安だと言われています。ひと部屋に1ヶ所あるから大丈夫!と思っても、実際に使ってみると意外と少なく感じるものです。また、家族の人数によっては、コンセントを同時に使うケースがあるのではないでしょうか?電化製品が増えても困らないように、コンセントは多めに設置しておくことをおすすめします。できればひと部屋に2ヶ所以上はつけておきたいですね。面積の大きいリビングダイニングは、4ヶ所ほどでも困りません。ひとつのコンセントをタコ足配線で使用したり、家具の裏に隠れたコンセントが、ホコリまみれになったりすると、

» 続きを読む

2018年3月24日12:00|カテゴリー:ブログ