ブログ
注文住宅で駐車場も確保しよう!
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てるなら、敷地の中に駐車場をつくりたい。車を入れられないほどの狭い土地である場合や、将来にも車を持つ予定がないという場合は別ですが、一般的には車を敷地の中に停められるようにしたい!と思われる方は多いのではないでしょうか?家の敷地の中に車を停めることができれば、毎月の駐車場代を払う必要がないですし、何より車に乗るためにわざわざ駐車場に行かなくていいのでとても便利なものです。さらには来客が多かったり、ご両親さんが車で頻繁に来られる場合なんかは、予備の駐車スペースがあると利便性も大きく向上します。自分の乗っている車の大きさというのを知っていますか?実は、意外にも自分の車の大きさを正確に知っている方はあまりいません。また、家づくりの際は自分の車の大きさを把握するのが一番ですが、これから車を買う人や買い替えるという方もいるので、常にサイズを把握しているというのはな

» 続きを読む

2018年1月30日12:00|カテゴリー:ブログ

地震に負けない注文住宅とは?
みなさんこんにちは^^!耐震に加え、さらなる地震対策として注目されているのが“制震”です。制震とは、地震のエネルギーを吸収し、揺れを制御するしくみです。その結果、建物の変形を防いだり、損傷を小さくしてくれます。耐震は揺れに対して“ふんばって耐える”、一方、制震は“いなす”“逃がす”というイメージです。 制震装置の素材や形状はメーカーにより異なりますが、壁内に組み込み、2階建ての場合は1階に数か所設置することが多いようです。建物の大きさにもよりますが、費用は平均50万円くらいが目安です。 建物のつくりによって制震装置の要不要は異なり、必ず設置した方がいいというわけでもないようです。費用もかかるので、設置を検討している場合は、住宅メーカーに相談し、きちんと話を聞いた方がよいでしょう。       制震装置をつけても、体感としての揺れに大きな違いは感じないといわれます。制震のメリットは、建物への

» 続きを読む

2018年1月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅にかかる総費用の内訳とは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の価格はどのようにして決まっているのかご存知ですか?家づくりには建物以外にも、何かとお金がかかります。また家づくりの時に工務店や設計事務所からもらった、見積書の内訳の見方についてきちんと理解していますか?どの科目に、どのような工事の内容が含まれ、全体の総費用からみて、その科目はどのような比率になっているのかハッキリと理解していますか?実は、見積書を見る時に私たちを困らせる理由のひとつとして、注文住宅を建てるときの工事見積書には正式な形がありません。その為、見積書を出してもらった時、人によっては複雑で分かりづらい印象を持つかもしれません。しかし見積書に書かれている、家の価格を決定づけるものは、大枠で言えば3つしかありません。その3つとは「1:本体工事費」「2:付帯工事費」「3:諸費用」この3つです。そしてこれらを合計した費用が、家づくりの総費用とよばれます。本

» 続きを読む

2018年1月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でサンルームは必要?
みなさんこんにちは^^!誰もが一生に一度は、我が家と呼べる注文住宅を建てたいと願うものです。どのような間取りにしようかとか、外観デザインはどうしょうかとワクワクするものですよね。 注文住宅を建てるのなら、サンルームを設置することをお勧めいたします。注文住宅にサンルームを設置しておくと、いろいろに活用できて便利なのです。 まず小さなお子様のいるご家庭では、子供のプレイルームとして使えます。犬や猫のペットのいる家庭では、ペット用の部屋としても使えます。屋根や壁を強化プラスチックにしておくと、冬は暖かく、夏は窓に網戸をつけておいて開放すると、風が吹き抜けて涼しいのです。     家事室としての用途で使用してもよいでしょうし、高齢者なら自分の趣味の部屋としても使用できますし、植物などは1年中最適な温度を保って育てられます。サンルームとしての用途はもちろんのこと、住む人のアイディアでどのようにも活用

» 続きを読む

2018年1月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅をいざ購入!かかる固定資産税は?
みなさんこんにちは^^!いずれは夢のマイホーム!とはいえど、事前に現実を知っておかなければなりません。注文住宅は購入と同時にお金の問題が付いて回ります。住宅購入の資金のみならず、固定資産税という税金も発生することになるからです。その固定資産税について知っておくことも、注文住宅購入前の必要なステップです。毎年1月1日付けで土地や家屋を所有している人が、納めなければならない税金が「固定資産税」です。これは総務大臣の定める「固定資産評価基準」を元に算出されます。土地の公的価格や家屋などの時価に、概ね1.4%をかければ計算ができます。とはいえ、最終的には市町村長によって固定資産税評価額は決定されますし、税率も全国一律で1.4%ではないところに注意をしなければなりません。また、変動する土地の価格の実勢に合わせるため、3年に1度は見直される仕組みとなっていることも覚えておきたいところです。粗方の仕組み

» 続きを読む

2018年1月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅と建売住宅では、お金の流れが違う?
みなさんこんにちは^^!自分の理想や個性を反映できる注文住宅。住まいへの夢やこだわりを叶えたい人にとっては、建売住宅より魅力的なのが注文住宅です。しかし、注文住宅を建てるには、土地を先に購入したり、完成前(つまりローンが借りられる前)に、かなりのまとまったお金が必要になるため、建売などよりもハードルが上がるのも事実です。資金計画をきちんと立てる必要があります。注文住宅ではどれくらいの費用が、どのタイミングで必要になるのかを今回は考えてみましょう。住宅購入の際の税金や仲介手数料などの諸費用は、基本的に現金で用意することが望ましいとされています。これは、建売もマンション購入でも同じことです。しかし、注文住宅になると建売やマンション購入よりも諸費用がかかったり、段階的にまとまった支払いが発生するので、より一層しっかりとした資金計画が必要になります。また住宅ローンは基本的に、住宅が完成し登記登録が

» 続きを読む

2018年1月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で作るウォークインクローゼットの理想のサイズとは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅に取り入れる方が多いウォークインクローゼット。ウォークインクローゼットは、ある程度の広さがあるため多くの物を入れられるので、特に服や物が多いご家庭に人気の収納です。ウォークインクローゼットの話の前に、まずは予備知識として服のサイズを知る所から始めてみましょう。洋服の幅ってどれくらいあるか知っていますか? まず服を掛けるハンガーを見てみると、ハンガーの幅は40センチ〜45センチくらいが一般的なサイズです。そのハンガーに服を掛ける事になるのですが、そうなると大体50〜60センチくらいのサイズになります。 つまり、服を掛けるならこの60センチの奥行きを、確保しないといけない事になるんですね。この事を踏まえてウォークインクローゼットのサイズを見てみましょう。ウォークインクローゼットを作る場合、服をハンガーパイプに沢山掛けたいという方もいると思います。そんな場合、ウォ

» 続きを読む

2018年1月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅が建つまでの、工程とは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てるときは、まず設計を行います。敷地条件や予算などを踏まえて、理想をカタチにしていく作業です。およそ2~3ヶ月で設計がほぼ完成します。ただし、設計が完了してもすぐに工事が始まるわけではありません。住宅の設計が完了して間取りや予算がほぼ確定したら、建築工事の請負契約を行います。その後、建築確認申請を行いますが、この手続きや審査には、およそ1ヶ月~1ヶ月半程度の期間が必要になると考えておきましょう。フラット35や財形融資などの手続きもこの間に一緒に行っておくと効率的です。また、工事を始める前に壁や床、扉の色、家具やコンセントの位置なども、この時期に決めておく必要があります。工事が始まることを「着工」、工事が完了することを「竣工」と呼びます。この着工から竣工までの間には、建設工事だけでなく、他にもいくつか工程がありますので、確認しておきましょう。着工前に、工事

» 続きを読む

2018年1月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅。解約できる?できない?
みなさんこんにちは^^!「一生に一度の買い物」といわれる注文住宅購入。そこには、家族の夢・願いが詰め込まれているべきものではないでしょうか。場合によっては35年もの長い間、住宅ローンという借金をし、支払い続けてでも手に入れる家です。もしも契約を解約したくなったら…。そのような不安を抱きながら、今まさに相談や打ち合わせをしている方も、いらっしゃるかもしれません。もしも自分の思ったとおりの注文住宅にならないようなら、解約はできるのでしょうか。もしもできるとしたら、どのような条件下において可能なのでしょうか。そして、違約金は? ハウスメーカーに家を建ててほしい旨契約をすると、家のプランを練り、建築資材や設備関連の見積もり・仕入れ、そして実際の工事へと進んでいきます。この一連の流れのうち、どこで解約を申し出るのかにより、「解約できる」「できない」が決まってきます。一番大切なのは、契約書と同時に手渡

» 続きを読む

2018年1月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で屋上を作るメリットは?
みなさんこんにちは^^!屋上のある家には、もちろんメリットもデメリットもあります。現在は庭のない家が増えてきているため、屋上を庭がわりに使用するというケースはメリットのひとつです。小さなお子さんがいる場合、屋上でプール遊びをするケースもあるようですし、屋上ならではのプライベートな空間で、家庭菜園を楽しむのも屋上の楽しみ方の一つです。屋上で遠くを眺めたり、天気のいい夜には虫の鳴き声を聞きながら、満天の星空を眺めることだって出来ます。屋上を設置する際の予算や維持管理するコストはかかりますが、それも計算のうちと考えれば、屋上がどうしても必要な方にとっては、これ以上ない素敵な場所になるでしょう。屋上のある家はコストもかかりますが、それだけのメリットも享受することが出来ます。使わない屋上は、あるとデメリットだけが目につきますが、屋上をつくる理由があるのならば、注文住宅を建てた後に家で過ごす楽しみのひ

» 続きを読む

2018年1月12日12:00|カテゴリー:ブログ