ブログ
注文住宅でおすすめの間取りとは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅の間取り決めは楽しい反面、大変でもあります。間取りは毎日の生活を左右しますから、失敗はしたくありませんよね。家族が多ければそれだけさまざまな意見が出ますし、親戚や両親がアドバイスをしてくることも。そんなときに間取りに関する知識があれば、心乱されることなく他の人の意見を取りまとめ、話を進めることができます。今回は注文住宅における、おすすめの間取りの決め方について、お話したいと思います。まずは収納スペースに注目してみましょう。収納スペースは広さも大切ですが、どこに何を収納するのかも重要です。今ある荷物を使用頻度ごとに仕分けして、毎日使うものは居室近くに、使用頻度が低いものは屋根裏にしまうなどの工夫をしましょう。そして、吹き抜けにも注意点はあります。部屋が明るく見えるというメリットがある吹き抜けですが、実は暖房効率が悪く、冬は寒くなりがちです。しかもダウンライトが

» 続きを読む

2017年9月30日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅における吹き抜けのメリット、デメリットは?
みなさんこんにちは^^!吹き抜けのある家にしたいけど、具体的にどのようなメリットとデメリットがあるのかを知った上で、検討したいと思っている方は多いと思います。今回は吹き抜けの家のメリットとデメリットについて、お話したいと思います。 吹き抜けの最大のメリットは開放感のある部屋に出来ることです。吹き抜けをつくることにより、1階と2階のスペースが連続するわけですから、それに伴い自ずと天井が高くなります。吹き抜けのある部屋で上を見上げると、2階の天井まで見渡すことが出来るため視線の抜けがよくなります。視線の抜けがあることにより部屋全体を実際の広さよりも、開放的で広くみせる効果が期待できます。吹き抜けをつくることにより、視覚的に広く感じさせることが出来るため、圧迫感のない快適な部屋をつくることが出来ます。特に都市部を代表とする家の敷地が狭い場合、吹き抜けをつくると空間を広く見せることが出来るようにな

» 続きを読む

2017年9月28日12:00|カテゴリー:ブログ

これから注文住宅を建てる方は、平屋がおすすめ!?
みなさんこんにちは^^!平屋を建てる方が非常に少なくなっている昨今、建売でさえほとんどが二階建てです。小さな土地で居住空間を必要とする場合は、縦に伸ばしていくしかありませんが、若いときはまだいいけれど、年齢を重ね子ども達が巣立った後、残された部屋の数々に、階段の上り下りの苦痛。それをリフォームで対応するには、金銭的にも厳しいのが現状です。バリアフリーはほとんどの家が対応し始めてきて、当たり前になってしまった時代ですが、廊下の狭さはあまり見直されていないと感じます。人が通れる幅というのは大体決まっていて、最低が68センチほどだそうです。さて、その68センチで車椅子は通ることができるでしょうか?元気で若い頃は問題がないかもしれません。狭い廊下では新しく家具を購入するたびに冷や冷やする状況では、作り付けの家具ばかりになり、インテリアを楽しむ余裕はなくなってしまいます。平屋であれば階段室がありませ

» 続きを読む

2017年9月26日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を購入する際の、住宅ローンの流れとは?
みなさんこんにちは^^!住宅ローンは住宅を抵当にして融資されるので、原則、家が完成してからでなければ、支払うことができません。注文住宅の場合、建築会社へ工事の進行状況に応じて、支払を行わなくてはなりません。請負契約時に10%、着工時に30%、上棟時に30%、完成時に30%というのが一般的です。ですから、住宅ローンが実行されるまでの間、つなぎ融資での支払いが必要になる場合があります。とは言うものの、多くの金融機関では、建物の建築確認がおりた時点で本審査を受けられます。そうなると、着工前に住宅ローンの実行が可能になるので、つなぎ融資の必要はなくなります。建築会社を決定してプランと見積もりが出た時点で、金融機関に住宅ローンの申し込みをして事前審査を受けます。事前審査にはプランと見積書が必要になります。事前審査でOKであれば、建築会社と工事請負契約を結び建築確認の申請をします。その際、契約書に「ロ

» 続きを読む

2017年9月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でよくあるトラブルとは?
みなさんこんにちは^^!注文住宅でよくあるトラブルに、工期の遅れがあります。既に建てられたものを買う建売住宅には無いトラブルですが、工期の遅れというのは注文住宅では良くあることなのです。今回は工期の遅れる原因と解決策についてお話したいと思います。注文住宅の工期の遅れる原因の一つに、天候による工事への影響があります。天候によって建材や基礎が濡れてしまうことは良くあることです。地域や季節によって建材や基礎の乾燥が進まず、工期が遅れてしまうことは珍しくありません。住宅の建築において工期の遅れは、仕方の無いことなのです。注文住宅の新築においては、工期が遅れることが問題ではなく工期が遅れるということを説明しないことが、問題であると考えて良いでしょう。引渡しの日になっても連絡が無いような建築会社は、信頼できる業者ではありません。このようなトラブルに遭わないためにも、工務店や建築会社はしっかりと選びまし

» 続きを読む

2017年9月22日12:00|カテゴリー:ブログ

鉄骨で建てる注文住宅はどうでしょう?
みなさんこんにちは^^!鉄骨造の家とは、「steel(鋼鉄)」の略で、S造とも呼ばれており、骨組みに鉄骨を使用して作られたものをいいます。実は、鉄骨といっても重量鉄骨と軽量鉄骨があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、家を建てるときの工法にも種類があります。木造の家と同じような構造をして作られる工法や、工場でほとんど作ってしまい、現場では組み立てるだけの工法などです。軽量鉄骨とは厚さが6mm未満の鋼材で、鉄板を曲げて作ったものです。軽量鉄骨造の家が適している土地は、地盤に大きな問題がなく、間口が狭い場合です。逆に、地盤が非常に硬く耐地力がある場合は、重量鉄骨の家が建てられます。大手ハウスメーカーの鉄骨の家と言えば、軽量鉄骨造が圧倒的に多くなります。重量鉄骨造の家を検討している場合は、施工できるメーカーや工務店が限られてくるので要注意です。鉄骨造の家は、材料のほとんどを工場で作

» 続きを読む

2017年9月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる時は、駐車場も要注意!
みなさんこんにちは^^!家を建てる時、建物本体の他にも外構のデザインも一緒に作る方は沢山いらっしゃると思います。その時、駐車場を作る方も多いのではないでしょうか。注文住宅で建てる際、駐車場で注意点について、お話したいと思います。都心など、土地の値段が高くて狭い敷地しか手に入らなかった場合、駐車場はどうしますか?月極駐車場を借りるという手もありますが、月々の支払いがもったいないような気もします。では敷地内に駐車場を作るにはどうすれば良いのか、1階部分を駐車場にしてみるのもひとつの手段と言えます。いわゆる「インナーガレージ」です。1階部分を完全にガレージにしてしまい、2階3階を作って縦に長い住宅を設計してもらうプランもあります。こうすることで、駐車場を確保できるだけでなく、車が雨風にさらされず、乗り降りも玄関からズムーズに行き来することが可能です。さらに、2階3階が居住スペースになるので、光を

» 続きを読む

2017年9月18日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅と建売住宅の違いとは?
みなさんこんにちは^^!マイホーム購入をお考えの際、注文住宅か建売住宅かで迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は違いについてお話したいと思います。建売住宅は不動産会社や住宅会社が土地を仕入れてから家を建てるので、かなり立地が良い建売住宅が販売されることがあります。なぜ立地が良い建売住宅が出やすいかと言うと、建売住宅の場合は土地の仕入れが大きなウェートを占めるので、建売会社は独自のネットワークを持っている事が多いですし、広すぎて個人では買えないような土地でも細かく区割りをして販売することができます。注文住宅を土地探しからはじめた場合、家を建てる土地を自分、もしくは住宅会社と協力して手に入れる必要があります。そのため、家だけでなく土地の最低限の知識も身につけておかないと、土地探しに失敗したなんて事も起こる可能性があります。また、いつまでに引越したいと思っている人の場合、希望の土地

» 続きを読む

2017年9月16日12:00|カテゴリー:ブログ

意外と大切!?注文住宅でのコンセントの位置。
みなさんこんにちは^^!注文住宅を考えた時、一番気になるのは土地選びや間取りや価格です。けれど、住んでみて改めて不便に気付くことが多いのは、スイッチやコンセントの位置です。・扇風機を使いたいのにコンセントが遠い…・家具の後ろになって使えないコンセントがある…・部屋から部屋へ移動する際、廊下の電灯スイッチが遠い…・外灯はセンサーにしておけばよかった…そう後悔しないためには、まずは新築の家でも使用する電化製品をリストアップしてみましょう。洗濯機や冷蔵庫など大型のものは、扉の向きや大きさもチェックしておいた方がベストです。新築した家に新たに購入して設置する電化製品があるなら、それもリストアップしておきます。可能なら、どのくらいのサイズを買うのかも考えおくと良いでしょう。また家族構成によっても生活形態はさまざまですね。間取りを確認して、そこで誰がどんな生活をするか考えてみましょう。まずはテレビの置

» 続きを読む

2017年9月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅でよくある失敗例とは?
みなさんこんにちは^^!失敗したから次は頑張ろう!とはいかないのがマイホームですよね。キッチンを開放的な空間にしようとして、コンロの前にガラスの壁をつくったとします。ガラスはキッチンごしの視角を広げてくれたものの、思ったよりもガラスに付着する油汚れ等が目立ち、掃除するのが大変! こんな失敗もありえます。 ・クローゼットは広いが扉が狭くて出し入れに不自由する。・掃除機を置くスペースを考えなかった。・床下収納が深すぎて使いづらい。など、収納における失敗例も考えられます。・車で土地を見に来ていたので坂が意外と急なことに気がつかなかった。・最終バスが早くタクシー代がかかる。・町内の掃除当番があり、共働きなので有給をとらざるを得ない。など、住んでみないとわからないこともあります。もちろんこれ以外にもたくさんあると思います。例えば対人関係やお金のトラブルです。失敗しないためには、自分たち家族の優先順位

» 続きを読む

2017年9月12日12:00|カテゴリー:ブログ