ブログ
注文住宅で地下室を作る時に必要坪数とは?
みなさんこんにちは^^!限られた敷地でも居室面積を最大限に取りたい。シアタールーム・防音室が欲しい。こうした要望をお持ちなら、「地下室」のある住宅を検討したいところですよね。建て売り住宅ではあまり見かけない地下室付き住宅ですが、注文住宅なら希望に合わせて自由に地下室をつくることができます。都心部など広さが限られた敷地に家を建てる場合、少しでも床面積を大きく取るために3階建てなどを検討するケースも多いことでしょう。しかし3階建て住宅には、防火や構造、法律上の制限が多く、周辺環境や地域によっては実現が難しいケースが多いのも事実です。その点、コンクリートで地中につくる地下室なら、こうした制限をクリアしやすくなります。もう1つ、地下室が敷地の活用に有利となる理由に、「容積率」に算入されないという特典があります。容積率とは、敷地面積に対して建築可能な床面積の制限のことです。一定の条件を満たした地下室

» 続きを読む

2017年4月30日12:00|カテゴリー:ブログ

住宅を相続する際の手続きとは?
みなさんこんにちは^^!住宅の相続の手続きと聞くと、大変そう、手間がかかりそう。というのがまず頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。一概には言えませんが、基本的な相続登記であれば、自分で行うことは十分可能です。必ず司法書士に頼まなければならないということもありません。自分で戸籍を集めるのは、なかなか大変ですが、一つ一つ戸籍を集めて家族の歴史を追うのも結構面白いものです。 とはいえ権利関係がちょっと複雑な場合は、法律の知識も時間もない一般の人には正直難しいときもあります。そのようになったときは、専門家(司法書士)に依頼すればよいでしょう。それまでに自分で取得した登記事項証明書や戸籍も無駄になることはありません。 相続登記手続きの大まかな流れは、次のようになります。①登記事項証明書(登記簿謄本)を取得し、所有者等を確認する。 ②戸籍、住民票、評価証明書等を集め、相続人を確定させる。 ③相続登

» 続きを読む

2017年4月28日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅購入の際、失敗しないトイレの床選び!
みなさんこんにちは!注文住宅を購入する際、外観や間取り、キッチンなど、たくさん悩みますよね。たくさんの悩みの中の一つで、トイレの床選びを迷っている方も多いようです。無難にフローリング、機能性のクッションフロア、高級感のあるタイルなど、選択肢はいくつかあります。今回は失敗しないトイレの床選びについてお話したいと思います。トイレの床材に求めるポイントは、以下の5つです。1.水に強い2.アンモニアに強い3.洗剤に強い4.掃除がしやすい5.臭いがつきにくい 現在、トイレの床にダントツで使われているのがフローリングです。家の床材をフローリングにしているご家庭が大多数なので、トイレの床も統一してフローリングという方が多いようです。トイレの床材の中で、最も安く施工できるのがクッションフロアです。クッションフロアは安いうえ、水やアンモニア、洗剤などを吸収しにくく、目地もないので掃除も楽です。臭いも吸収しに

» 続きを読む

2017年4月26日12:00|カテゴリー:ブログ

教えます!注文住宅の建築の流れ!
みなさんこんにちは^^!土地を購入して注文住宅を建てたいけれど、「いつ何をして、どうすれば良いのか?」わからないことだらけですよね。今回は注文住宅の建築の流れについて、お話したいと思います。①プラン作成と土地探しを手伝ってくれる専門家を探すどんな注文住宅を建てたいかプランを作成し、土地を探します。土地を探す前にやっておきたいのは、どんな家を建てたいかイメージするのを手伝ってくれ、それに合わせた土地も一緒に探してくれる専門家を探すことです。②資金計画と住宅ローン事前審査土地取得費用、本体工事費、諸費用など、注文住宅にかかる費用はたくさんあります。費用について見積書を作成してもらい、必ず適正な価格かどうかチェックしましょう。その後、住宅ローンへ申し込み、事前審査を受けます。③依頼先決定と契約どこの建設会社に依頼するのか決まったら工事請負契約を行います。当日すぐサインしてしまわず、必ず日数をもら

» 続きを読む

2017年4月24日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を購入する際、値引きは可能?
みなさんこんにちは^^!注文住宅を少しでも安く購入するために、注文住宅は値引きはできるのか?値引きできる相場はどれくらいなのか?気になる方は多いと思います。数千万円もする注文住宅ですから、少しでも値引きできれば、うれしいですよね。しかし残念ながら、注文住宅の値引きは基本的に難しいと考えてください。そもそも値引きという概念は、建売住宅のように、建物が完成しているものに使用されます。プランも価格も確定していない注文住宅では、値引きではなく、計画変更による価格調整が適当です。では、値引き以外で家を安く建てるにはどうすれば良いのでしょうか?これには、以下の2つの方法があります。1.相見積もりで安い会社を探す。2.プランの調整でコストカットをする。注文住宅のように数千万円の買い物になると、住宅会社によって大きな価格差がでます。2つの工務店が全く同じ材料を使って建てたとしても、仕入れコストや、人件費、

» 続きを読む

2017年4月22日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅で屋根に使う人気の瓦の種類をご紹介!
 みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てる際には、室内の間取りだけでなく、屋根に至るまで選ぶ必要がありますよね。屋根瓦というと、昔からある陶器の瓦を思い浮かべるかもしれませんが、瓦とは屋根材全てを指し、いろいろな種類があります。今回は瓦を選ぶ前に知っておいたほうがいい、瓦の種類をご紹介したいと思います。◎粘土瓦(和瓦)日本では、最もポピュラーな瓦といってもいいでしょう。粘土質の土を成形し、高温で焼成します。古くから使われていて、日本の風土に適していることは実証済みで、日本瓦や和瓦とも呼ばれます。耐久性の他、遮音性にも優れていて、雨音が気になりません。ただし、粘土瓦の一番のデメリットは、その重量です。他の屋根材に比べて重く、耐震性には劣っています。◎セメント瓦セメント瓦は、セメントと砂を主な原料としています。色やデザインが豊富であり、粘土瓦よりも寸法の狂いが少ないために施工が容易です。しかし

» 続きを読む

2017年4月20日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てた友人に贈る新築祝いのオススメ、ベスト3!
みなさんこんにちは^^!注文住宅を建てた友人に新築祝い、特に初めてとなれば、お相手は自分の城を持った喜びでいっぱいなはずです。友人としては、ぜひその気持ちを盛り上げるような新築祝いを選びたいところですよね。今回は新築祝いのオススメベスト3をご紹介したいと思います。第3位は。。キッチン家電です。キッチン家電は、いきなり全部揃えると値が張ります。少しずつキッチン家電を集めているご家庭も多い様です。そこでどのキッチン家電が足りないのか、ほしいのかを聞き出し、プレゼントしましょう。第2位は。。ちょっと大きめの観葉植物です。観葉植物は屋内に置き、自然の雰囲気を味わえるとしてとても人気です。お花の代わりに観葉植物をプレゼントしてみましょう。第1位は。。少し高級なキッチングッズです。圧倒的人気で1位を獲得したのはキッチングッズ。中でも新築でキッチンが広くなったりする方も多いので重宝しているようです。 ま

» 続きを読む

2017年4月18日12:00|カテゴリー:ブログ

中庭のある注文住宅が建てたい!間取りの考え方とは?
みなさんこんにちは^^!中庭のある注文住宅、素敵ですよね。「中庭」は古くは京都の町家で使われ、現代の住宅でも都市部を中心に「中庭」のある家が造られてきました。一時期、「中庭」人気が下火になっていましたが、最近また人気が再燃してきています。今回はこの「中庭」の間取りの考え方について、お伝えしたいと思います。中庭の家はカタカタで表現される事が多く、「コの字型の家」や「ロの字型の家」という風に表現され、「コの字型」はその名の通り、家を上から見るとカタカナのコの字に見えるので「コの字型」。「ロの字型」は中庭の四方が建物で囲まれているから「ロの字型」と呼ばれます。中庭にはいくつか種類がありますが、一番気をつけたいのが「ロの字型の中庭」です。なぜなら、「ロの字の中庭」は4方が全て家に囲まれている特殊な形をした中庭だからです。ロの字型の中庭のメリットは、中庭を中心にして家の中をグルっと回れる回遊動線をつ

» 続きを読む

2017年4月16日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を建てる際、将来後悔しないウォークインクローゼットの設計方法
みなさんこんにちは^^!芸能人のお宅拝見のテレビなどを見ていると、だいたいどこの家庭にも大きなウォークインクローゼットがありますね。芸能人は特に衣装が多いから大容量の収納が必要ですよね。注文住宅をを建てるときに大きなウォークインクローゼットがあったらいいなと、憧れる方も多いと思いますが、後悔したくないですよね。今回は将来後悔しないウォークインクローゼットの設計方法をお伝えしたいと思います。だいたいウォークインクローゼットの大きさと言えば、2m×3mの約3畳分のスペースを確保します。もっと広いお家になると4畳、5畳ぐらい取る場合もあるかもしれませんが、30坪ほどの住宅なら3畳程度でしょう。ウォークインクローゼットは窓を取る必要はないのですが、梅雨時期になるとジメジメします。なので、換気のために窓を設けた方がいいです。とは言っても、窓から日が当たりすぎると日焼けしますので、直射日光が当たらない

» 続きを読む

2017年4月14日12:00|カテゴリー:ブログ

注文住宅を購入!知ってて損しない基礎断熱についての豆知識!
 みなさんこんにちは^^!注文住宅を購入するとなると、恐らくこれから何十年と住むことになるので、建物の耐震化を考えた時に「基礎の補強」も気になる方がいらっしゃると思います。特に少し前の建造物では、現在のようなべた基礎が一般的でなく布基礎が多く用いられていました。 年数と共に布基礎も傷んでいる場合もありますし、高い耐震性を実現しようと思うとベタ基礎の方がいいのかなと考えると思います。基本的には地盤の固さが基準を満たしていれば布基礎でも大丈夫ですが、湿気の問題があります。地面から放出される湿度は目に見えないので分かりにくいですが、年間を通して放出されるため結構な量になります。そのため家の床下は、換気が重要となりますし、それでもシロアリや虫のターゲットになることはあります。ベタ基礎は、布基礎に比べると湿気が上がりにくく、床下の換気さえきちんとしていればそれほど問題ないと言われています。一応ベタ基

» 続きを読む

2017年4月12日12:00|カテゴリー:ブログ