ブログ
家を建ててからの賢い収納方法のポイント
注文住宅では、間取りからデザインまで施主様の理想を最大限に生かした家づくりが可能です。 生活するうえでとても大きなポイントとなる『収納』もまた、プラン作りの段階でしっかりと検討されることと思います。 しかし、家というものは実際に生活してみないとわからない部分が多いというのも現実のようです。 「いざ住み始めてみると思ったより収納が少なかった」という意見も少なくないようですが、家を建ててからでも方法がない訳ではありません。 せっかくのクローゼットや押入れは、無駄な空間がないように最大限利用するのがポイントです。 ラックや突っ張り棒などの収納グッズで天井まできっちり使い切りましょう。 衣装ケースなどは統一感のある素材や色味で揃えると見た目にもオシャレでスッキリします。 季節の変わり目に探し物でイライラすることのないよう、ラベルを貼っておくと便利ですね。 造りつけのクローゼットなどで足りない部分は

» 続きを読む

2014年7月31日16:04|カテゴリー:What's new!ブログ

マイホームを建てるときの内装材の選び方
マイホームを建てる時、内装材の選び方はとても重要です。 この内装にどのようなものを選ぶかによって、家の中の印象は大きく異なってくるためです。 まず、壁ですが、様々なものがあります。壁紙、ペイント、しっくい、珪藻土などです。 壁紙はもっとも安いもので、施工費も安いです。もちろん、輸入壁紙などを使うと高いですが、 国産のものであれば安く仕上げることが出来ます。国産のものでも柄はとてもきれいなものが沢山あるので、 ショールームで選ぶようにしましょう。ペイントは色鮮やかな仕上げをすることが出来ます。 珪藻土、しっくいは吸湿性があるため、部屋の中の湿度を保ってくれますし、素朴な印象を受けます。 床は、無垢のフローリング、合板フローリング、コルクタイル、畳などがあります。 無垢のフローリングは風合いが良いですが、木が生きているため縮んだり反ったりします。 合板フローリングは手入れが楽で、比較的安いです

» 続きを読む

2014年7月30日15:01|カテゴリー:What's new!ブログ

地震に耐える住宅の構造の仕組み!
日本では最近地震が頻発しています。古くから日本は地震の多い国として世界的に知られていますが、 最近は特に増えており、その規模も大きくなっています。 そのため、住宅においてもその対策が非常に重要視されています。 その構造は、実は古くから揺れに強いものとなっています。その一つは、木造住宅であることです。 木材はコンクリートや鉄に比べて柔らかく、また柔軟性と復元性を併せ持っている材質です。 そのため、揺れにより折れたり、曲がったりといったことが少なく、揺れを分散して 耐えることで建物が倒れるのを防いでいます。 さらには、その構造にも秘密があります。建物が木材をどのように組み合わせるかで強度を 上げられるのかということを大工さんは良く知っていますので、揺れの際に力がどの部分に大きく加わるのか、 その力を分散させるためにはどのような木材の組み方をすればよいのかを考えて家を建てるのです。 日本の住宅の

» 続きを読む

2014年7月28日14:50|カテゴリー:What's new!ブログ

■夏季休業のご案内■
■夏季休業のお知らせ■ 弊社では、誠に勝手ながら下記の日程にて 夏季休業を実施させていただきたくご案内申し上げます。 ●工務部8月10日~8月17日 ●営業部8月10日~8月16日      大変ご迷惑をお掛けいたしますが、 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

2014年7月28日09:29|カテゴリー:What's new!

注文住宅を建てるときのポイント!無垢住宅の魅力!
注文住宅を建てる時、無垢住宅を建てたいと思う人は多いはずです。 最近は自然な暮らし方をしたいと考える人も多く、健康志向も高まってきているためです。 無垢住宅の魅力のポイントは、何よりも健康的であることです。 肌や身体にやさしい素材を使っているため、家の中の空気もきれいになります。 化学物質からおこるいやな臭いもありませんし、フローリングなどに子供が寝転んでも、 肌をいためることがありません。そのため、身体に良い家だと言えるのです。 例えば、フローリングは無垢の木材を使い、蜜蝋を塗って仕上げています。 オイルを使う場合も自然なものを原材料とした塗料を使うので、安心です。 木材は生きているので、呼吸をします。そのため、部屋の余分な湿気を吸ってくれますし、 また乾燥している時は湿気を出してくれます。同じような作用をするのが、しっくい壁や珪藻土です。 これらの壁も吸湿性があるため、とても空気をきれ

» 続きを読む

2014年7月24日14:42|カテゴリー:What's new!ブログ

堺市で開放的な注文住宅を建てよう!
堺市で開放的な注文住宅を建てることを考えた場合、様々な方法があります。 まず、窓を大きくとることが大切です。明るい太陽の光をいれることは、部屋を広く見せます。 また、窓が大きければ、外に視線がいくので開放的になるのです。 また、吹き抜けなどをつくることも、良いでしょう。吹き抜けは玄関につくることが多いですが、 リビングなどにつくると、より開放的になります。リビング階段とあわせてつくれば、 更に広々とした印象になるでしょう。吹き抜けをつくる時は、上に窓をつけるようにしましょう。 窓から光が入るようにすることで、明るいのびやかな雰囲気になります。 また、間取りをあまり細かく区切らず、部屋を大きくとるようにしましょう。 リビング、ダイニング、キッチンなどはつなげてしまった方が、とても広々とします。 その他、扉を引き戸にしておくと、開け放した時に広く感じることが出来るため、とても良いです。 和室な

» 続きを読む

2014年7月22日10:38|カテゴリー:What's new!ブログ

意外と知らない!家のベランダとバルコニーの違い!
家のベランダとバルコニーの違いをご存知でしょうか。混同されがちなこの二つですが、 意外と知らない方も多いようです。この二つには、素人の方にも見分けられる明らかな違いがあります。 違いを見分けるポイントは、屋根にあります。屋根があるかないかで見分けることができるのです。 ベランダというのは家の外の張り出した縁のことで、屋根がありません。 少々の雨でも洗濯物を干すことができるので、とても人気があります。 一方、バルコニーには屋根があります。室外に張り出した手すりのある台といった感じです。 ルーフバルコニーを想像してもらえるとわかりやすいと思いますが、下の階の屋根の上のスペースを利用しています。 室内とひと続きのもうひとつの部屋という感じで、室内から見ても、とても開放感があります。 ガーデニングをするなど、お庭として利用される方も多いのがこちらのタイプです。 ライフスタイルに合わせて選んでみては

» 続きを読む

2014年7月20日14:34|カテゴリー:What's new!ブログ

省エネ住宅を建てると受けられるお得な制度とは?
注目を集めている省エネ住宅ですが、建てることで受けられるお得な制度があるのをご存知でしょうか。 まずひとつ目は、補助金制度です。エコキュートや太陽光発電を導入する際には、 機器や部材など多額の費用を必要としますが、その費用の3分の1を補助してくれるというものです。 補助金の申請には一定の条件を満たす必要があります。新築の場合は、 従来の標準的なタイプよりもエネルギー効率を15%以上アップする必要があります。 エコキュートは、省エネ効果の高い給湯器です。家庭では消費するエネルギーの 3分の1が給湯が占めると言われていますから、エコキュートを導入するだけでかなりの 省エネ効果が期待できます。 太陽光発電システム導入補助金は、発電量1kwのシステムを導入するごとに、 7万円の補助金を受け取ることができるというものです。平均的な住宅では、 3kwから4kwのシステムを導入するケースが多いようですが

» 続きを読む

2014年7月18日14:21|カテゴリー:What's new!ブログ

古くなったお家をリノベーションする?得する住宅知識!
古くなった家を建て替えようかリノベーションをしようか、悩むことはあるはずです。 このような場合、住宅の知識を持っていると、とても得をします。 古くなった家はリノベーションした方が得になることが、とても多いです。 建て替えする場合は、新築と同様の費用と、撤去費用がかかってくるためです。 リノベーションでもスケルトンの場合は、家の構造と基礎以外は取り払ってしまうため、 間取りの変更も出来ますし、新築同様の住宅が出来上がります。また、スケルトンまでしなくても、 構造や基礎を補強してから、内装を新しくして、水回りを一新すれば、 とてもきれいな状態にすることが出来るのです。但し、出来ないこともありますので、注意するようにしましょう。 例えば、鉄骨住宅などの場合は、階段も鉄骨でつくっている可能性があるので、動かすことが出来ません。 また、配管をのばそうとした時、基礎にあたる可能性もあります。それらのこ

» 続きを読む

2014年7月16日14:16|カテゴリー:What's new!ブログ

住宅を建てるときに注視したい防犯のポイント
住宅を建てる時は、色々な事に注意しなければいけません。 その中のひとつに、防犯があります。 防犯のポイントは色々とありますが、まず、玄関ドアの鍵です。 最も泥棒の侵入が多い場所であるため、しっかりとした鍵をつけることが大切です。 2つ以上はつけるようにする事と、ピッキングのしにくい鍵を選ぶようにします。 また、玄関ドアやその周囲にガラスがついているものがありますが、 このガラスを割って手を入れて開けるということが出来てしまうため、注意するようにしましょう。 同じ扉の鍵では、勝手口の鍵も注意が必要です。ここも狙われやすい所なので、 2つ以上の鍵をつけた方がよいでしょう。 その他、窓ガラスも重要です。窓ガラスは防犯ガラスと言って、割れにくいガラスがありますが、 これにもレベルがあります。よりレベルの高いものは強度もありますが、値段も高いです。 予算とあわせて考えるようにしましょう。また、窓に、

» 続きを読む

2014年7月14日14:11|カテゴリー:What's new!ブログ