ブログ
建ててる間も気になる。工事現場のチェックの仕方
住宅を建築依頼した場合では、事前にしっかりとした打ち合わせが行われ、 信頼できる建築会社に依頼することが行われています。   家は中には一生に一度の買い物となる方も数多く存在しているために 失敗の無い住宅作りを行うことが何より大切になります。   そんな中、住宅を建てている最中でも、完成までの工事の流れについて、気になる場合もあります。 きちんとした建築会社に依頼をした場合では、勿論高度な技術を持って、優れた建材や各種素材を用いて建築が進むことになります。   しかし、どうしても気になる方の場合では 定期的に建築現場に出向き、チェックを行うことも良い方法になります。   素人の場合では、工事現場を見ても理解することが困難なケースもありますが 建築築会社の担当者とコンタクトをとることによって、常に適切な説明と共に、アドバイスを受けることができます。 &

» 続きを読む

2014年3月29日13:30|カテゴリー:What's new!ブログ

分譲住宅で売れ残ってる家の理由とは?
分譲住宅が売れ残っているからといってかならず何らかの問題があるわけではありません。                               家の需要に対して供給が過剰、求められているニーズに大きさ、間取り、価格が合わない 売約済みであった物件について解約が出たなどの場合もあります。 率直に販売会社にお尋ねになる事が必要です。   売れ残りの具体例としては、立地条件や住宅の品質が良くないというのが一般的な場合です。 この場合、価格がとても安いのが普通です。   それを魅力に感じて購入される方もありますが、買いたくない人が多いので売れ残る場合が多いのです。   逆に、立地や住宅の内容もいいものですが高価格であるた

» 続きを読む

2014年3月27日13:29|カテゴリー:What's new!ブログ

気になる建築条件付きの土地ってどうなの?
土地探しなどを行っていると、建築条件付きとされているものを目にすることができます。 この条件とは、基本的には建築会社が指定されていることになり、指定されている範囲に 存在している住宅の全てが同一の建築主によって建てられていることが多いものです。                   実際に存在している条件付きの住宅街は、比較的お洒落で閑静な住宅街に設定されていることが多く 購入者は一定の優越感を持つことができます。 また、注文住宅として建築を行う場合でも、条件付きの場合では建築するための手順が予め設定さ れていることになるために、手続きや工事なども比較的スムーズに行うことが可能とされています。   また、住宅に使用する素材として、屋根材や外壁、外塀といった目立つ部分に対しては 一定の基準内に指

» 続きを読む

2014年3月25日13:26|カテゴリー:What's new!ブログ

家を建てる時の思わぬ出費とは何か?
注文住宅として家を建築することを決めた場合では、 予め用意している予算というものがあります。                 勿論殆どの方が住宅ローンを利用して住宅を建てることを行っていますが 返済能力などの観点から、支払総額についても事前にしっかりとした計算を行うことが必要になります。   そんな中、建築段階に入ってから、思わぬ出費が必要になるというケースも見られます。 まずは、住宅にとっては非常に大切となる基礎の部分を形成する際に 地盤の状態を調査することが行われています。   もしも軟弱な地盤の場合では、経費をかけて改良することを必要とする場面も 想定することができます。   他には住宅の内部や外壁などの外観だけではなく、エクステリア部分についても 予想外の資金を必要としてし

» 続きを読む

2014年3月24日13:23|カテゴリー:What's new!ブログ

家を購入して後から欲しくなったものとは?
家は3軒建てないと思い通りのものが完成しないと言われていますが 購入して後から欲しくなったものは、出窓の下の収納スペースです。               そのようなスペースの活用法を知らず、完成間近になってから相談したところ、 もう壁ができてしまっているから、今更収納スペースは作れないとのことでした。   あとは、玄関へ入って正面の壁に飾り棚が欲しいと思いました。   これは完成後でも作ることができたのですが、設計中に提案すれば 壁にしっくり収まる素敵なものができたのではないかと思います。 また、大まかな設計は設計士の意見を取り入れるべきだと思います。   マイホームを建てるとなると、設計から自分でこだわりたいと思ってしまいがちですが 現在の設計技術は大変進んでおり、狭い空間の有効活用や、

» 続きを読む

2014年3月22日13:21|カテゴリー:What's new!ブログ

注文住宅で困る窓の配置
注文住宅で家を建てる方の場合では、住宅の間取りや外観などの状態、 用いる素材などのデザイン的な部分について事前にしっかりとした計画を立てて、 プロの専門家と十分に話し合いを行うことが必要になります。                   その際に難しい部分としては、窓の配置を挙げることができます。 例えば隣近所から室内が丸見え状態になってしまうようであれば、位置を十分に考慮する必要がありますが 逆に大きなガラスを一つの室内に設置した場合では、隣の住宅のリビングなどが見えてしまうケースもあります。   このケースでは、後のトラブルを回避するためにも、近所に配慮を行った構造を保つ ことが必要になる場合もあります。また、方角によっては太陽光などを十分に取り入れることができ 明るい室内に設定することも

» 続きを読む

2014年3月20日13:18|カテゴリー:What's new!ブログ

地震にも強い家!注文住宅も分譲住宅もやっておきたい耐震チェック!
さて、日本は世界的に見ても非常に地震の多い国です。   そのため、昔から日本の建築物は自然災害に強いように工夫され、作られてきました。 しかし、年数を経れば、いろいろなところが老朽化し、痛んでくるものです。                     また、改築することで、当初は予定されなかった付加がかかる場合もあります。 もし、数度の災害を経ている住宅ならなおさらのことです。   そこで、ぜひ行っていただきたいのが耐震チェックです。 ご自宅で自分でできるチェック項目もありますから、まずは自分でやってみましょう。   インターネットで検索をかけると、いくつもそういったサイトが出てくるはずです。 代表的なチェック項目としては、①建築年数、②増築の有無、③建築構造です。

» 続きを読む

2014年3月18日13:14|カテゴリー:What's new!ブログ

注文住宅も分譲住宅も種類が多すぎて困る。みんなどんな壁紙にしているの?
住宅を建てることを希望している方の場合では、例えば注文住宅として建築するならば 、室内外に用いる建材や各種素材について、細かく好みによって希望することが可能とされています。                 室内のインテリア部分については、床材にはフローリングを敷きつめることが人気があり、 現在では主流として用いられています。 壁紙のクロスについては、各メーカーによってかなりの種類が豊富にラインアップされており、 クロス選びについては迷うことの多い部分としても知られています。   ハウスメーカーなどでは各メーカーからのクロスの見本表などを用意しており 購入者は見本の中から自由に選ぶことができますが、クロスについては流行というものがあり かつての古い時代では柄の入った派手目のタイプが注目されたこともありま

» 続きを読む

2014年3月17日13:11|カテゴリー:What's new!ブログ

注文住宅でここは失敗した・・・実はよくある玄関の失敗例
注文住宅として家を建築した場合では、最初の段階で設計士と十分な 話し合いの場が設けられることになります。                 その際には、室内の間取りについてや、各種水周りに使用する機器類や、 クロスや床材などのインテリア部分についても細かく設定することが求められています。   そんな中、玄関に関する内容では、実は住宅の完成後に初めて分かるという失敗例というものがあります。 例えば室内の間取りを優先させた結果、エントランス部分に十分な面積を確保することが困難になり 靴の置き場所などに困るという事例もあります。   また、後に家族が増えた場合も同様に、収納用のシューズボックスなどが収まらないというケースも見られます。 さらに吹き抜けなどに設定した場合では、照明器具なども天井の高い位

» 続きを読む

2014年3月15日13:07|カテゴリー:What's new!ブログ

注文住宅で吹き抜けは作って正解?それとも失敗?
天井が高いと視覚的な空間が広がって実際の間取りよりも広く感じられます。 確かに頭上に迫った低い天井が圧迫感を生むのに対して、吹き抜けは屋内に居ながら にして解放感を味わえるという利点があります。視覚の一点に絞ればメリットのほうが大きいです。                       しかし、生活上の運営コストを考えた場合、安易に高い天井の家を作ってしまうと 「失敗した」と後悔することも少なくありません。特に冬場の暖房費は嵩みます。   温かい空気は上昇するので、かなり暖房費を使っても人が実際にいない天井に 温まった空気が溜まってしまい、なかなか生活環境の高さまで温かい空気が下りてこないのです。 もちろん天井にシーリングファンを取り付けることでこの問題はある程度解決できま

» 続きを読む

2014年3月13日13:04|カテゴリー:What's new!ブログ