ブログ
注文住宅木材は、加工方法でかわる?

みなさんこんにちは^^!

新築で家を建てるときに選ぶ木材は、
種類だけでなく木材の加工方法にも注目したいところです。
無垢材と集成材の2つがあり、一般的には正反対の特徴があるといわれています。
無垢材は伐採した1本の木を乾燥させて使用します。
その木が持つ特徴をダイレクトに味わうことができ、
豊かな芳香があるのが大きな特徴です。

asjsk-k_tei-S-2


夏は吸湿、冬は断熱の働きをしてくれるため、
無垢材の家は健康に良いともいわれています。
反面、乾燥させるのに時間がかかる、
集成材に比べて扱いが難しいなどのデメリットがあり、
その性質から値段が高くなりがちです。

1本の木からできている無垢材とは反対に、
小さな木材を接着剤で貼り合わせたのが集成材です。
無垢材と比べて材質の変化が起きないため扱いやすく、値段も安いです。
湿気を吸うこともないので、ひび割れや反りもありません。


これらの性質から多くの建築業者で集成材が使われています。
集成材の加工に使っている接着剤が経年劣化していくため、
無垢材より耐用年数が短くなりがちです。
肌触りは冷たく硬いのが特徴。
歩いたときの振動がダイレクトに足腰に伝わりやすい性質があります。

1cc_10


無垢材と集成材の特徴を確認していくと、
それぞれメリットとデメリットが異なります。
どちらが良いのかは求める要素によって変わるため、
一概に比較するのは難しいかもしれませんね。

2019年12月2日12:00|カテゴリー:ブログ