ブログ
注文住宅を購入する際、お風呂に窓は必要??

みなさんこんにちは^^!

調観光地のホテルや旅館の大浴場では、
風景をセールスポイントにしているところもたくさんあり、
最近では一般の注文住宅でも、
見晴らしのいい2階や庭に面して開放的な浴室を作るケースが増え、
「浴室の窓の外に坪庭を設ける」
といった工夫も多くみられるようになりました。

セカンドハウス宙_012


注文住宅を購入する際、お風呂に窓は必要でしょうか?

お風呂はただ体を洗えればいい、
お湯に浸かって温まれればいいというのではなく、
リラックスも大事です。
窓を通して視覚的なリラックス効果が加えられれば理想ですが、
現実は浴室の窓を開けても目の前に塀が迫っていたり、
入浴中は外からの視線が気になって開けられなかったりという浴室がほとんどです。
そんな浴室には、窓の張り出し部分に観葉植物を置いてみてください。
湿度の高い浴室向きの植物や、手のひらにのるくらいの小さなサイズなど、
窓にほんの少しグリーンがあるだけでホッとした気持ちになるものです。

37_img_list07_2


窓がある浴室の最大のメリットは、何と言っても換気がしやすいことです。
浴室は毎日のようにバスタブにお湯をためたりシャワーを流したりしているため、
完全に乾くことがありません。
しかも北側などの日当たりの悪い場所にあることが多く、ジメジメしがちに。
しっかり換気しないと、カビだらけになってしまいます。
お風呂には窓を作って、温度と湿度が高い夏場はもちろんのこと、
冬でも換気を欠かさないようにすることをおすすめします。

 

2020年5月26日12:00|カテゴリー:ブログ