ブログ
注文住宅を免震住宅にするメリットとデメリットは?

みなさんこんにちは^^!

免震住宅のメリットは大きく分けて2つあります。
まず、免震を選ぶメリットとして挙げられるのが「
地震の揺れが直接住宅に伝わらない」という点です。
地震が発生した際には、地面の間に設置された免震装置によって、揺れの力が分散されます。
住宅への影響が少なく、ひび割れなどを防ぐことに効果的です。
地震が多い日本では、長期的にみると建物を長持ちさせることにも繋がるといえます。

senriyama_01


免震住宅を選ぶ2つ目のメリットは、「住宅内の家具の転倒を防止できる」という点です。
揺れに耐えられるように建物基礎を頑丈に固める耐震は、
揺れのエネルギーがダイレクトに住宅に伝わるため、建物内の家具が転倒しやすいのです。
家具の転倒は、住人のケガの原因になるだけではなく、火災などの二次被害に繋がってしまうため危険です。
免震住宅の場合は、住宅に揺れが伝わりにくいため家具の転倒が起こりにくいです。
未然に二次被害に繋がることを防止でき、安全性が高いといえるでしょう。

kawazoi_05


免震住宅のデメリットとして挙げられるのが「装置の設置コストが高額になりやすい」、
「住宅が密集している土地には向かない」などの点です。
まず、コスト面に着目してみましょう。
住宅を建てる際には、一定の規模の地震に耐えられるように、
あらかじめ耐震性能を組み込むことが建築基準法に定められています。
また、住宅に制震性能をプラスする場合、平均的な費用は30万円~100万円程度になります。
しかし、免震装置を住宅に設置する場合、費用は350万円~550万円程度です。
耐震・制震よりも設置にかかる費用は高額になってしまいます。
次に、免震装置を設置できる住宅の条件に着目してみましょう。
免震装置は、左右に揺れることによって地震の揺れを逃がす構造になっています。
近隣に住宅が密集していると免震装置が動くスペースを確保できません。
よって、住宅が密集している土地や近隣に木などが植えられている土地に、免震住宅は向かないといえるでしょう。

 

2020年6月30日12:00|カテゴリー:ブログ