ブログ
注文住宅のL型キッチンは対面が便利?

みなさんこんにちは^^!

L型キッチンは2辺を壁に接した配置にすることも、
1辺だけを壁付にし、もう1辺はオープンキッチンにすることも可能です。

堺市中区の家_007


壁付よりもオープンな対面キッチンにしたほうが良いのには多くの理由があります。
まず、対面キッチンにすることで、
リビングにいる家族やお客様との円滑なコミュニケーションを図れることです。
それだけでも対面キッチンにする意義は大いにあると言えます。

シンクと作業台をオープンにしている側、コンロを壁側にすることで、
換気がしやすくなるというのも大きな特徴です。
油汚れや臭いなどがリビングまで伝わらないようにシャットアウトすることもできるでしょう。
壁付の部分があれば、そのうえに吊戸棚を設けて、十分な収納スペースを確保することも可能です。
L型の対面キッチンであれば、リビングからは収納スペースやコンロは見えにくいので、視覚的にも良いと言えるでしょう。

摂津の家8


L型の対面キッチンは、言わばL型キッチンと対面キッチンの両方の良さを兼ね備えたタイプのキッチンです。
壁付でもあるので、調理作業に集中したいときには壁のほうを向いていることもできます。
一般的なL型キッチンや対面キッチンでは感じられない使い勝手の良さがあると言っても過言ではありません。

 

2020年9月16日12:00|カテゴリー:ブログ