ブログ
注文住宅の間取りで大切な採光とは?

みなさんこんにちは^^!

間取りを考えていくにあたって誰もが考えるのは、
家族全員が気持ちよく暮らせる家にしたいということではないでしょうか。

学園前の家_001


家族の生活に寄り添い、
光や風を上手く取り入れたプランは、
よりよい暮らしにつながります。

採光は気持ちの良い空間づくりに欠かせません。
気持ちの良い採光が得られる住まいにするためには、
これから暮らす土地で、
どの位置が一日を通して気持ちの良い場所かを知ること必要です。

また、逆に採光が望めない場所を正しく知っておくことも大切なことです。
そのためには、一日(可能であれば一年)を通して土地をよく観察して、
イメージを膨らませておきましょう。

間取りを考えるとき、
一般的に東西南北に適した部屋を配置することから始まります。
たとえば、居室などの人が長時間過ごす部屋。
これは南東に面した、
一日を通して気持ちの良い採光が確保できる場所に配置します。

トイレや浴室などの水廻りは、
北西の夕日が差し込む場所や、
採光がうまく確保できない場所に配置するのが一般的です。
しかし、その土地によって採光や通風の条件は様々です。

19


全てに東西南北の常識が当てはまるとは限りません。
嫌われがちな西日ですが、
もしその土地に西日を避けられる植栽があれば、
気持ちの良い採光に変えてくれることもありますよ。
その土地によって得られる採光は様々ですので、
事前の観察は欠かせないプロセスとなるのがわかりますね。

 

2018年7月4日12:00|カテゴリー:ブログ