ブログ
注文住宅の繰り上げローンの仕組みとは?

みなさんこんにちは^^!

繰り上げ返済とは、
住宅ローンの返済期間中に毎月の返済額とは別にローンの一部を返済することをいいます。

通常の返済では「元金+利息」が返済額となりますが、
繰り上げ返済では支払った金額がそのまま元金の返済に充てられます。
つまり、繰り上げ返済による最大の効果は、
元金を減らすことで本来支払うはずだった利息を軽減することができるということです。

senriyama_06

繰り上げ返済の方法には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。

期間短縮型は、月々の返済金額は変えずに返済期間を短くする返済方法です。
たとえば、繰り上げ返済によって支払った金額が1年分の元金に相当すれば、
その分の利息を軽減でき、さらに返済期間が1年短縮されることになります。

1cc_10

一方、返済額軽減型は、返済期間はそのままで月々の返済金額を減らす返済方法です。
この場合は、繰り上げ返済額を月々の返済額に均等に充当することになります。
どちらの返済方法であっても利息を減らすことができますが、
返済額軽減型は期間短縮型に比べて利息の軽減効果が低くなります。
つまり、期間短縮型のほうが繰り上げ返済による効果が高いといえるでしょう。

 

2021年1月15日12:00|カテゴリー:ブログ