ブログ
注文住宅の断熱材の役割とは?

みなさんこんにちは^^!

注文住宅に断熱材を設けるのであれば、
より断熱効果の高いものを選ぶべきです。

そうすることで、
室内を適温にコントロールしやすくなるとともに、
光熱費も抑えられます。

九条南の家2

やや専門的な知識が必要となる断熱材ですが、
業者任せにしないで選ぶことで、
理想のマイホーム作りに役立てられるでしょう。

住まいを快適にするのに、
断熱材の選択はとても重要といえるでしょう。
断熱材の役割は、家の中の快適さを保つことです。

つまり、外の寒さ・暑さを、
家の中に伝わらないようにする役割が断熱材にはあります。

より具体的には、エアコンなどの冷暖房機器や、
石油ファンヒーターなどの暖房機器が、
効きやすくなるということです。

しかしながら、優れた断熱材を多く用いれば、
快適な住宅となるのかといえば、
必ずしもそうではありません。

解放感がある住宅を望む人は、
断熱効果がある壁より広い窓を選ぶこともあります。

また、省エネを重視するなら、
断熱材で気密性を高めることもあるでしょう。

_23A2662

もちろん、建売住宅などでは自由に設計できないこともありますが、
注文住宅ならこうした希望に沿って断熱材を選べます。

 

2021年2月18日12:00|カテゴリー:ブログ