ブログ
注文住宅の断熱材、その種類は?

みなさんこんにちは^^!

断熱材にはたくさんの種類があります。
どの断熱材が適しているのか判断するには、専門的な知識も必要となるので、業者に任せる人もいるでしょう。
しかし、快適な住宅のためには断熱材が重要なので、住居にこだわりを持つ人なら代表的な断熱材の種類を知っておきたいところです。

kawazoi_03

「グラスウール」は、リサイクルガラスなどを繊維状に加工した断熱材です。
繊維糸が細いほど優れた断熱性能があります。

「ロックウール」は、鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工して繊維状にして作られています。
断熱性だけでなく、耐熱性・撥水性・耐久性・防音性にも優れているため、床・壁・天井など広範囲に使われる断熱材です。

「ビーズ法ポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、ビーズ状にしたものを蒸気で発泡させた断熱材です。
ビーズという名のとおり、1つ1つの粒に気泡を持ち、水を通しにくい性質を持ちます。
また、耐久性があり、施工が容易で価格が安いのも特徴です。

「押し出しポリスチレンフォーム」は、ポリスチレン樹脂・難燃剤・発泡剤を混ぜ合わせて連続発泡させる断熱材です。
薄くても断熱効果が高く、水を吸水しにくい特徴があります。
そのため、ボード状にして住宅の基礎工事で使われることも多い種類です。

「硬質ウレタンフォーム」は、ポリイソシアネート・ポリオールが主原料の断熱材です。
「自己接着性」という他の断熱材にはない特徴があります。
この自己接着性により、コンクリート、合板、金属などに直接発泡して、接着性の高い断熱層を作れるのが特徴です。

「高発泡ポリエチレンフォーム」は独立気泡で発泡された断熱材で、柔軟性が高いため壁や柱の間にも入れやすい特徴があります。
柔軟性の高さから、壁や床だけでなく、配管や屋根などに用いられることが多い断熱材です。

170211-A_tei-4

「フェノールフォーム」はフェノール樹脂・発泡剤・硬化剤でできています。
もともと長期間の使用に適していますが、ph値を調整して壁やビスなどを腐食しないようにした断熱材も使われるようになっています。
また、高性能フェノールフォームという最高レベルの断熱性能を持つ種類があるのも特徴です。

 

2021年2月22日12:00|カテゴリー:ブログ