ブログ
注文住宅の基礎の種類と工事の流れとは?

みなさんこんにちは^^!

注文住宅を建てる際、見た目に意識が行きがちですが、
住宅そのものを支える基礎。
その住宅基礎こそ、家のとても大事な部分です。

Higashinada-Y_tei-S-11


特に日本は、言わずと知れた「地震大国」。
いつ起こるかもしれない地震に耐えぬく家にするには、
家の構造はもとより、住宅の基礎も重要な役割を果たします。
この住宅基礎にはどんな種類があるのでしょうか。
そして、工事の方法(流れ)にはどんなものがあるのでしょうか。

1.ベタ基礎
近年の家のほとんどがこのベタ基礎を採用しています。
家が建つ予定の場所のほとんどすべての場所をコンクリートで覆い、
面で支える基礎ですので、シロアリ対策にも優れているとされています。

2.布基礎
家の外周部分(外壁部分をぐるりと囲むように)や、
間仕切りの壁や柱が入る部分を中心に支えるのがこの布基礎です。
今はベタ基礎が主流ではありますが、地盤がしっかりしている土地、
既に丁寧に地盤改良がおこなわれている土地であれば、この布基礎でも問題はありません。

ベタ基礎は家が建つ部分のほとんどをコンクリートと鉄筋で覆ってしまいますので、資材の面ではコスト高。
布基礎は資材を最小限に留めることができますが、
手間の面の人件費でコストを取られるとされています。
地盤に問題がなければ、この布基礎を提案されるかもしれません。
コンクリートや鉄筋量が少なく済みますので、
基礎そのものが軽量となるメリットがあります。

地盤そのものが軟弱な場合は、上記の基礎に加え、地盤改良が必要です。

家を建てるのに良好と考えられる地盤が、
土地の表面に見える軟弱地盤から2メートル以内の深さに存在する時には、
表層改良という方法が採用されます。

軟弱な地盤が2~8メートルの場合、表層改良では不足ですので、
柱状改良という方法が採用されます。

表層改良、柱状改良でも間に合わない、
支持層が8メートル以上深い場所にあるケースで採用されるのが鋼管杭です。

地盤が強い・弱いも大事なポイントですが、家そのものの荷重とのバランスが大事です。
木造住宅なのか、鉄筋コンクリート造(RC造)なのかによって、
必要な「基礎や地盤の強さ」も変わるはずなのです。

1cc_02


つまり、地盤改良を含む基礎と建物とは、とても密接な関係にあるということです。
大きな買い物であるだけに、節約できるところは節約したいというコスト意識が働くものですが、
実は基礎こそ一番大切に考えなくてはならない部分かもしれませんね。

 

2018年8月8日12:00|カテゴリー:ブログ