ブログ
注文住宅の制震と免震の違いは?

みなさんこんにちは^^!

揺れを分散させ建物を地震の被害から守るという制震装置の仕組みは、
免震装置の仕組みと類似する点もあります。
制震と免震にはどのような違いがあるのでしょうか。

堺市中区の家_007


まず、制震と免震の大きな違いとして挙げられるのが「建物に揺れが伝わるか否か」です。
免震装置は、建物の下にある地盤に設置します。
地震が発生した際には、建物と装置の間にある空間で揺れを吸収するため建物に揺れは伝わりません。
制震装置の場合は、建物の柱や梁に装置を取り付けるため、揺れは建物に伝わります。
揺れの力を吸収するプロセスに大きな違いがあるのです。

また、工法や費用にも明確な違いがあります。
免震装置は建物の下、地盤に設置されるのに対し、制震装置は建物内の柱などに埋め込まれます。
免震装置は建物の地盤に設置をするため、後付けができず設置費用も350万円から550万円程度になります。

一方、制震装置は後付けもでき、設置費用は30万円から100万円程度です。
「地震の被害を最小限に食い止めたい」と考える方の中には、免震住宅を選ぶ方も多いです。
しかし、免震住宅の設置にかかる費用は高額になってしまいます。

52_img_01


住宅の安全性と設置にかかる費用のバランスを取りたいという方におすすめなのが、
「制震」と「耐震」の性能を組み合わせた住宅です。
耐震とは、地震の揺れに耐えるために建物自体を強固にする性能のことです。
耐震住宅に、制震装置を取り付けることでより揺れに強い住宅を実現できます。
耐震と制震を組み合わせた住宅は、費用も100万円から200万円の間に収めることができるため、
住宅に取り入れやすいこともポイントです。
しかし、住宅の材によっては制震の性能が十分に発揮されないケースもあるため、
設置の際には施工業者とよく話し合うと良いでしょう。

 

2019年11月28日12:00|カテゴリー:ブログ