ブログ
注文住宅のメリット、デメリットとは?

みなさんこんにちは^^!

注文住宅で住まいを建てることは多くのメリットがありますが、
同時にデメリットについてもあらかじめ学んでおくことが大切です。
長く住み続ける住まいの建築となると、
夢のプランを実現させることばかりに目がいきがちですが、
デメリットを知って失敗を防ぐことにも注意を払いたいものですよね。

170211-A_tei-4

注文住宅の最大のメリットは、何と言っても、
自由度の高い設計や内装デザインが実現できるところです。
建築家に設計を依頼することで、
施主の要望をできるだけ実現した、
完全なオーダーメイド住宅ができあがります。

外観をはじめ、キッチンの使い勝手やリビングの空間デザイン、
子ども部屋の間取りなどの要望はもちろん、
耐震性など安全面への配慮など、
家族が快適に暮らすための住まいのアイデアを、
プロといっしょに一から創っていくことができるのです。

注文住宅のデメリットは、
自由度が大きい反面、
こだわりすぎて予算をオーバーしてしまうことでしょう。

また、打ち合わせの必要が多く、
完成までに時間が長くかかること、
場合によっては土地の取得や諸手続きなどの必要があることなどです。
また、まれにではありますが、
建築家が自らの作家性を発揮しすぎて、
使い勝手の良くない住まいになったり、
予算を大幅にオーバーし、トラブルになることがあります。

_23A2771

住人がストレスを感じながら住み続けるなどは、
建築設計にあってはならないことです。
住宅の設計に豊富な経験がある建築家を選び、
十分なコミュニケーションのもとで完成した注文住宅こそ、
愛着のある「帰りたい家」になれるのです。

2017年10月2日12:00|カテゴリー:ブログ