ブログ
注文住宅のキッチンの材質にあった掃除洗剤の注意点は?

みなさんこんにちは^^

キッチンの掃除をするときには、まずキッチンの材質を確認しておきましょう。
洗剤によっては、キッチンを傷つけてしまう場合があるからです。
材質と洗剤にはそれぞれ相性があるので、掃除する材質に適した洗剤を選ぶ必要があります。

31_img_list06_2

キッチンの材質で代表的なものといえば、ガス台に使われることが多いフッ素コートです。
アルカリ性のものに弱く、硬いものでこするとコーティングが剥がれる可能性があります。
IH調理器やガス台のトッププレートに使われるガラスプレートも、
掃除の際はフッ素コートと同じ点に注意しましょう。

シンクでよく使われるのが人工大理石。
掃除の際の特別な注意点はありませんが、
洗剤の種類によっては表面の光沢がなくなってしまうことがあります。

また、換気扇のフィルターやファン、ガス台の五徳下の受け皿などはアルミニウムでできています。
アルミニウムに表面を保護するアルマイト加工というものがされていない場合は、
酸やアルカリに触れると変色しやすく、傷もつきやすいので、掃除の際には気をつけましょう。

25_img_list05_2

最後に、レンジフートや換気扇のファンに使われているのが亜鉛メッキ鋼板・プレコート鋼板です。
強アルカリ性に弱いため、洗剤選びの際には注意が必要です。

 

2021年4月3日12:00|カテゴリー:ブログ