ブログ
注文住宅で繰り上げ返済をするデメリットは?

みなさんこんにちは^^!

住宅ローンは、収入と支出のバランスを考えたうえで、
無理なく返済できることを想定して計画されます。

skyterrace6


しかし、繰り上げ返済を行うということは、
多少の無理を強いられる可能性もあるということです。
無理がそのままデメリットにつながってしまうことも否定できません。

繰り上げ返済を積極的に行うと、手元資金がなくなってしまうことがあります。
本来、適正な返済計画で組んでいたローンなので、
そのまま計画どおりに返済するよりも経済的にきつくなる可能性もあるでしょう。
また、人生にはトラブルがつきものです。
繰り上げ返済後に「病気やケガでお金が必要になった」「教育費が予想以上に必要になった」「収入が減ってしまった」
という事態に見舞われることがあるかもしれません。
そのとき、手元に現金がなければ大変なことになってしまいます。

繰り上げ返済には、手数料が発生することもあります。
余裕があるときにこまめに返済すると、その分返済の回数も増えるため、手数料についても考慮が必要です。

摂津の家7


手数料の有無は借り入れている金融機関によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
利息の軽減は繰り上げ返済における最大のメリットですが、手数料が大幅にかかってしまっては本末転倒です。
残債額ばかりに気をとらわれず、総合的に判断しましょう。

2019年11月8日12:00|カテゴリー:ブログ