ブログ
注文住宅で必要な頭金の目安は?

みなさんこんにちは^^!


注文住宅でマイホームを建てたいけれど、
頭金の目安はどれぐらいでしょうか?

Higashinada-Y_tei-S-6


「頭金はとにかく多いほうがいい。できるかぎり資金をかき集めて頭金を多く用意しよう」
という考えになってしまうのは極端です。

頭金を多く用意するということは、
それだけ今の生活に負担がかかるということ。
生活から余裕がなくなれば、
家族が急な事故や病気で入院しなければならなくなったときなどに、
十分な資金を用意できなくなってしまうかもしれません。

気になるのは「じゃあ、頭金の相場ってどのくらいなの?」
という点でしょう。

頭金の相場は「マイホーム購入費用の2割」です。
残る8割は住宅ローンで賄うほうが、
生活への負担が少ないとされています。
逆に言うと「今いくらくらいの金額を頭金として用意できるか」と考えれば、
身の丈にあったマイホームの金額がわかるということです。

用意できる金額が全体の2割、
つまり頭金の5倍を購入費用全額と考えてマイホーム建設を進めることができます。
実現したい、夢のマイホームのイメージが固まっている方は、
理想の住まいを実現するのにはいくらかかるのか調べてみましょう。
そうすれば、住宅建設を始める前に、
用意しておかなければならない頭金の額がわかります。

ただし、住宅建設にあたって必要になる資金は頭金ばかりではありません。
住宅工事では、途中のプラン変更や追加工事がつきものです。
最初は入れたいと思っていなかった設備を、
あとになって「どうしても導入したい」と思うようになることもあります。
そうした万一の事態を予想して、
諸費用として購入資金の1割程度を用意しておくべきでしょう。

Higashinada-Y_tei-S-12


もし、万一の事態が起こらなかったとしても、
用意した資金は無駄にはなりません。
家族の入院など、住宅建設以外でもまとまったお金が必要になる状況は十分にありえます。
そのような事態に備えるための資金として流用することができるからです。

 

2018年10月6日12:00|カテゴリー:ブログ