ブログ
注文住宅で住宅ローンを使う際、審査にかかる期間はどれぐらい?

みなさんこんにちは^^!

注文住宅を購入する際の最も重要なプロセスとなる、
住宅ローンの審査にかかる期間について解説します。

skyterrace4


住宅ローンの審査は、事前審査と本審査の2回が基本です。
このとき、事前審査から大きく金額が変更になると、
本審査で落とされてしまう可能性があります。

事前審査は、購入する物件の金額や、
ローン契約する人物の職業や年収などが調べられます。
この内容は基本的に自己申告です。
給与所得者であれば、
金融機関によって源泉徴収票などの、
収入を証明する資料の提出が必要なこともあります。

事前審査は、スムーズにいけば1週間程度で結果が出ます。
インターネットで申し込む場合には、
4営業日程度で結果がわかることもあるようです。 

本審査にかかる期間は、追加の書類や質問事項などがなく、
スムーズに進んだ場合で1~2週間程度となっています。
本審査は書類審査です。
物件が申請されたローンの融資枠組みに合っているかどうか、
また実際に建築行為が実現するための基本的な条件が整っているかどうかを調べます。

摂津の家7


物件に関しては、売買契約書、重要事項説明書、建築確認済証などを提出します。
ローン契約する人物に関しては、源泉徴収票、住民税課税証明書、印鑑証明書などが必要です。
実際には、追加書類や確認事項を求められることも多くあるため、
2週間~1カ月程度はみておいたほうがよいでしょう。

 

2019年3月30日12:00|カテゴリー:ブログ