ブログ
注文住宅でエアコンを設置する際の注意点は?

みなさんこんにちは^^!

注文住宅を建てる際に取り付けるエアコンは、
1台だけという事は稀です。
つまり、複数台のエアコンを導入して、
それに伴うだけ室外機の設置をします。

52_img_01


室外機というのは1台だけであれば設置に困ることは少ないのですが、
複数台をまとめて設置すると意外とスペースが必要になります。
室外機を設置するためには単純なスペースだけでなく、
住宅の見栄えや隣りの家へ直接吹き付けないような位置を考えなくてはなりません。

そこで大切なのが、住宅の設計段階から、
室外機の配置スペースを用意しておくという事です。

更に注文住宅では、多くの場合で2階建て以上になります。
2階にもエアコンを設置することが一般的になりますが、
この場合の室外機の配置についても考える必要があります。

屋根やベランダなどに取り付ける事が可能ですし、
1階に降して設置する事も出来ます。
電気的な効率や建物の見た目や稼動音など、
バランスと取って設置位置を決めて行く事が大切です。
また、長期的に稼働させているとメンテナンスが必要になる事も当然あります。

52_img_list03_2


メンテナンスの際には、プロの方にお任せする事になるとは思いますが、
極端に作業しにくい形での取り付けは避けた方が無難でしょう。
注文住宅ではこうした部分も考慮して設計する事が出来ます。
細かい部分ではありますが、しっかりと相談して最適な設置位置を用意すると、
長く安心して住める家になります。

 

2018年10月8日12:00|カテゴリー:ブログ