ブログ
注文住宅で、スマートハウスが人気?

みなさんこんにちは^^!

スマートハウスとは、ITを活用してエネルギーを賢く利用する住宅のことを指します。
ここでいうエネルギーとは、主に3つに分類されます。

_DSC5347


1つ目は「創エネ」です。
これは、家庭内でエネルギーを作ることを意味します。

2つ目は「蓄エネ」です。
これは、家庭内でエネルギーを貯めるための仕組みを指します。

そして3つ目は「省エネ」です。
これは、家庭内で使用するエネルギー消費を抑えるための取り組みです。

スマートハウスでは、創エネ・蓄エネ・省エネの3つをコントロールし、
エネルギー運用の最適化を目指します。
省エネや創エネだけの単純なエコ住宅ではなく、
エネルギーの全体をマネジメントできる住宅が、
スマートハウスと呼ばれています。

住江邸5


スマートハウスならではの設備としては、
太陽光発電・HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)・住宅用蓄電池が挙げられます。
スマートハウスのカギとなるのは、HEMSです。
HEMSによって、エネルギー使用の管理と最適化が可能となります。
エネルギーの創出は主に太陽光発電によって行われます。
最も効率よく太陽光を集められる場所は屋根、もしくは屋上です。
そこにソーラーパネルを設置して、エネルギーを作り出します。
作られたエネルギーは、住宅用蓄電池の中に蓄えられます。
そこから、必要に応じて電気を活用していくのです。
エネルギーを最適に配分していくHEMSの仕組みがあることで、
限られた電力であっても、家の中の家電類を動かしていくことができます。

 

2019年3月14日12:00|カテゴリー:ブログ