ブログ
リノベーションとリフォームの違いは?

みなさんこんにちは^^!

リノベーションとリフォーム、
双方の使い分けは明確になっていないことが現実です。
また、メディアや住宅関連業者によって解釈が異なることも少なくありません。
もし、住宅工事をするときは、どのような作業が必要なのか業者に確認することが大切です。
そのためにも、リノベーションとリフォームの違いについて、
基本的な考え方を押さえておきましょう。

oono-dai6


まず、リノベーションとリフォーム、
いずれにも「工事を行なう」という共通点があります。
ただし、着工から完成するまでの作業工程をみると、
リノベーションのほうが大掛かりな工事になります。

当然、工事に要する日数も長くなるでしょう。
たとえば、システムキッチンを入れ替えるだけならリフォームという捉え方です。
しかし、それにともない水道管や排水管などの工事が必要な場合はリノベーションに該当します。
間取りを大きく変更するときも、水回りのやり直しが必要なケースが少なくありませんよね。
そのような場合もリノベーションになることを把握しておきましょう。

間取り変更をするとき、新築時以上の性能を求めることも少なくないでしょう。
経年劣化した住宅はもとに戻すだけでなく、
住む人のニーズに合わせた住空間の実現が必要になります。
中古住宅購入後、使い勝手をよくするために工事を行なう方法があります。
このようなケースもリノベーションと捉えるとよいですね。

oono-dai4


一方、リフォームは古くなった住宅の原状回復が大きな目的ですが、
工事をすることで利便性がよくなる場合も少なくありません。
たとえば、大掛かりな工事をともなわない浴室のバリアフリー化やトイレへのウォシュレット設置などが挙げられます。

 

2019年9月16日12:00|カテゴリー:ブログ