ブログ
ペットと一緒に住む注文住宅で、階段での注意点は?

みなさんこんにちは^^!

ペットブームという言葉が今や聞かれなくなりました。
ペットと暮らすということが、
もう特別なことではなくなった証拠でしょう。

37_img_list05_2


まずは人と犬との違いを見つけ、
それに寄り添えるように、
体のつくりから考えてみましょう。

人は直立、2本足で移動します。
一方、犬は4本足。
背骨の角度が全く異なります。

この差により、移動方法(場所)によっては、
犬の足や腰を痛めてしまうこともあります。
特に階段では、それが顕著なのは良く知られています。

骨格の違いから、犬は階段を苦手としています。
人間サイズに作られた階段を上り下りすることで、
ヘルニアになってしまう犬もいます。
これを解消するためにはどうすればよいのでしょうか。

階段の右端、ないしは左端をスロープにするのはいかがですか。

あたかも坂道を登るような動きに変更できますから、
負担はぐっと減ります。

もしくは、階段を使いやすくすることも考えてみてください。

蹴上げ(階段の1段の高さ)を低めに取り、
踏み面(実際に足が踏む部分)を広めに取るのです。

こうすることで、思いのほかゆったりとした階段になります。
これは犬だけではなく、
小さなお子さまやご高齢の方のいらっしゃるご家庭でも重宝する階段ですので、
ご家族と犬との安全な暮らしに資する仕組みです。

28_img_list09_2

参考にしてみてくださいね。

2018年1月6日12:00|カテゴリー:ブログ