ブログ
これから注文住宅を建てる方は、平屋がおすすめ!?

みなさんこんにちは^^!

平屋を建てる方が非常に少なくなっている昨今、
建売でさえほとんどが二階建てです。
小さな土地で居住空間を必要とする場合は、
縦に伸ばしていくしかありませんが、
若いときはまだいいけれど、
年齢を重ね子ども達が巣立った後、
残された部屋の数々に、階段の上り下りの苦痛。
それをリフォームで対応するには、
金銭的にも厳しいのが現状です。

asjsk-k_tei-S-11

バリアフリーはほとんどの家が対応し始めてきて、
当たり前になってしまった時代ですが、
廊下の狭さはあまり見直されていないと感じます。
人が通れる幅というのは大体決まっていて、
最低が68センチほどだそうです。
さて、その68センチで車椅子は通ることができるでしょうか?

元気で若い頃は問題がないかもしれません。
狭い廊下では新しく家具を購入するたびに冷や冷やする状況では、
作り付けの家具ばかりになり、
インテリアを楽しむ余裕はなくなってしまいます。

平屋であれば階段室がありません。
階段は大体2坪(畳み4畳)の広さを有します。
畳み4畳というもったいない広さを階段に取られてしまうわけです。
平屋では階段はありませんので、その4畳を部屋として使用できます。
トイレがふたつ必要なこともほぼありませんので、その点も安価になります。

リビングも二階部分がないおかげで、
広い空間を実現できることもあります。
これは非常にメリットが大きい部分です。
上に大きな建物を乗せていては重たいため柱を沢山必要とします。
例え耐力壁を利用したとしても制限されますので、
だだっ広いLDKというのは意外と作ることが難しいのです。

_23A2336

これから注文住宅を建てる方は、平屋。
いかがでしょうか?

2017年9月26日12:00|カテゴリー:ブログ